Word でページサイズに横幅の広い用紙サイズを設定すると、指定した用紙サイズ通りに印刷されないことがある

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、Word でページサイズに横幅の広い用紙サイズを設定すると、指定した用紙サイズ通りに印刷されない現象について説明します。   現象 現時点でサポートしてるバージョンの Word では、ページサイズに横幅の広い用紙サイズを設定すると、以下 KB2636650 と同様に、指定した用紙サイズ通りに印刷できない現象が発生します。 Word 2010 および Word 2007 でページサイズに横幅の広い用紙サイズを設定すると、指定した用紙サイズ通りに印刷されないことがある https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2636650   状況 この問題を Word 製品の問題として認識しています。   回避方法 本現象は Word の不具合によるものですが、Word 側の設定変更による回避策はありません。 一般的な用紙を利用されている場合は、回避方法1 および 回避方法 2 をご検討ください。 誠に恐縮ですが、横長用紙を前提としたトラクターフィードの定型伝票やドットマトリクスプリンターを使用している場合の回避策はありません (プリンター側の設定を変更しても回避できません)。   回避方法 1 印刷に使用するプリンタードライバーがサポートする用紙サイズとして、横幅の広い用紙 A (W x L) と、用紙 A と向きの異なる用紙 B (L x W) が存在する場合、用紙 A サイズに印刷するためには、以下の手順で印刷します。…


Office アプリケーションの種類と動作の差異

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、Windows 10 で利用できる 4 種類の Office ついて概要をまとめ、ご案内いたします。   [Office アプリケーションの種類] Windows 10 で利用できる最新の Office には大きく分けて、デスクトップ版アプリケーションと、Microsoft ストア アプリ版のアプリケーションの 2 つの分類があります。 デスクトップ版の Office 2016 では、クイック実行形式 (C2R) と Windows インストーラー形式 (MSI) の 2 つの種類 (実行形式) が提供されており、Microsoft ストア アプリ版については、Microsoft ストア アプリ版の Office 2016 と Office Mobile という 2 つの種類が提供されているため、合計すると 4 種類の Office が提供されています。 このうち、クイック実行形式 (C2R) と…