Office 2016 アプリケーション起動時に「コンピューターに api-ms-win-crt-heap-|1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」等のメッセージが表示される現象について

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、Office 2016 アプリケーション起動時に「コンピューターに api-ms-win-crt-heap-|1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」等のメッセージが表示される現象について案内します。   1 現象 Office 2016 アプリケーションの起動時に、以下のメッセージが表示されることがあります。 (例) Excel 起動時のメッセージ           補足 : Office 2016 をインストールしている環境で、Office アプリケーション以外で上記メッセージが表示した場合においても、本記事の「対処方法」をお試しください。 dll の名前は他のファイル名で表示される場合もあります。 (例) “コンピュータにapi-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。”   2 原因 Office 2016 アプリケーションを実行するには、Visual C++ ランタイムのコンポーネントが必要です。 Visual C++ 2015 ランタイムのコンポーネントが足りない場合に、Office アプリケーションの起動などのタイミングで上記エラーが発生することがあります。   なお、Office 2016 はセットアップ時に、Visual C++ ランタイムに関する更新プログラム (KB2999226) を適用するように構成されています。 KB2999226 の更新プログラムを適用するための前提条件を満たしてない等で、KB2999226…