Access 2013 以降の「クロス集計クエリ ウィザード」で列見出しとして最後のフィールドが利用できない

2018/6/26 Update C2R インストーラー形式の Access 2016 バージョン 1806 で本問題が修正されました。   こんにちは、Office サポートの佐村です。 本記事では、Access 2013 以降で、列が多い (およそ 14 以上) 場合に「クロス集計クエリ ウィザード」で列見出しとして 表示できないフィールドがある現象について説明します。 現象 Access 2013 以降で、列 (Column) が多いテーブルに対して「クロス集計クエリ ウィザード」を用いた場合、 列見出しに設定するフィールドの選択欄で最後のフィールドが表示されません。 再現手順 : 1. 新規 Access データベースを作成し、列の多いテーブルを作成します (例として 30 列準備します)。 2. リボンメニュー [作成] – [クエリ] – [クエリ ウィザード] を選択します。 3. 新しいクエリから「クロス集計クエリ ウィザード」を選択して「OK」ボタンをクリックします。 4. クロス集計クエリ ウィザードで、対象のテーブルを手順1. で作成したテーブルとし、「次へ」ボタンをクリックします。 5….