Office 2010/2013 (既定) と Office 365 ProPlus の共存環境で Office 365 ProPlus をバージョン 1710 に更新すると Excel の関連付けが Office 365 ProPlus に変更される事象について


こんにちは、Office サポートの西川 (直) です。 本記事では、表題の事象についてご説明いたします。

 

現象

Office 2010/2013 (既定) と Office 365 ProPlus の共存環境で Office 365 ProPlus バージョンを 1710 に更新すると Excel の関連付けが Office 365 ProPlus に変更されます。

 

再現手順例 :

  1. Office 2010 (既定)、Office 365 ProPlus (バージョン 1709 (ビルド 8528.2147)) が共存している環境を用意します
  2. Office 365 ProPlus を バージョン 1710 (ビルド 8625.2132) に更新します
  3. Excel ファイルの関連付けが Office 365 ProPlus の Excel 2016 に変更されます。これにより、Excel ファイルをダブルクリックすると、Excel 2010 ではなく Office 365 ProPlus の Excel 2016 が起動します

 

理由

Version 1710 で Excel のファイルの関連付けに関する仕様変更 (機能拡張) が行われているため、更新時に関連付けが変更されます

 

Excel ファイルの関連付けを Office 2010/2013 に戻す方法

Office 2010/2013で、修復インストールを実施します。

 

Title : Office アプリケーションを修復する

URL : https://support.office.com/ja-jp/article/7821d4b6-7c1d-4205-aa0e-a6b40c5bb88b

 

補足

Office を更新する際、その更新プログラムに依存して、そのバージョンの Office を正しく使用できるように修復する処理が実行されます。この動きは想定された動作です。

もし、何らかの理由で Office の設定情報等が正しくない状態の場合、この仕組みにより、Office の更新時には正しい状態に修復されます。

 

 

参考

Title : 異なるバージョンの Office を同じ PC にインストールして使う

URL : https://support.office.com/ja-jp/article/6ebb44ce-18a3-43f9-a187-b78c513788bf

Title : Office 2013 スイートおよび Office 2013 プログラム (MSI による展開) を、他のバージョンの Office を実行しているコンピューターで使用する方法について

URL : https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2784668/how-to-use-office-2013-suites-and-programs-msi-deployment-on-a-compute

※ Office 2016 でも参考にしていただけます。

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content