Excel 2013 以降のバージョンでファイルを保護ビューで開くときにシート領域が描画されない


こんにちは、Office サポートの町口です。

本記事では、Excel 2013 以降で、前回画面サイズが最小化された状態のファイルを保護ビューで開くときに、シート領域が描画されない現象について説明します。

 

2018/02/08 Update

[対処方法] セクションに修正プログラムの情報を追記しました。

 

 

現象

Excel 2013 以降で、先に任意の Excel ファイルを開いている状態にして、

次に、前回画面サイズが最小化された状態のファイルを保護されたビューで開くとき、

メッセージ バーやシート領域が描画されず、グレーの状態となります。

 

再現手順 :

  1. 新規ブックを作成し、一旦保存します。
  2. ファイルに何らかの編集を加えて、ウィンドウを最小化します。
  3. タスクバーに表示された Excel のアイコンを右クリックして [ウィンドウを閉じる] をクリックします。
  4. '<ファイル名>' の変更内容を保存しますか?」のメッセージで [保存] をクリックします。
  5. 手順 4 で保存したファイルではなく、新規ブックや任意の別のブックをダブルクリックで開きます。
  6. Shift キーを押下しながら、手順 4 で保存したファイルのアイコンを右クリックして、[保護ビューで開く] をクリックします。

 

 

結果 :

手順 6 で開いたファイルのメッセージバーやシート領域が描画されず、グレーの状態となります。

 

 

原因

Excel 2013 および Excel 2016 の問題により発生しています。

 

 

 

対処方法

以下のいずれかの方法で回避します。

 

<< 事前に発生しないようにする方法 >>

以下のいずれかの方法で、現象の発生を防ぎます。

a) 保護ビューで開くファイルを最小化した状態で保存しないようにする

b) 先に別のファイルを開かない

 

!! 2018/02/08 Update !!

c) Excel 2016 クイック実行版を更新する

Excel 2016 クイック実行版については、バージョン 1801 (ビルド 9001.2138 クイック実行) で修正しました。

2018 2  1 日以降、更新プログラム チャネル「月次チャネル/Monthly Channel」でバージョン 1801 (ビルド 9001.2138 クイック実行)  を受信することができます。
[
ファイル] [アカウント] [更新オプション] [今すぐ更新] ODT を利用して、バージョン 1801 (ビルド 9001.2138 クイック実行) 以上のバージョンに更新してください。

 

 

<< 現象発生後に対応する方法 >>

保護ビューで開いたファイルで、メッセージバー以下が描画されずグレーの状態となった場合は、

[ファイル] - [情報] - [編集を有効にする] をクリックして、通常ビューで開きます。

  

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

 

Skip to main content