Office 365 ProPlus アプリケーションでバックステージビューのオンラインストレージを非表示にする方法について


こんにちは、Office サポート チームです。

今回は Office 365 ProPlus バックステージ ビューの [ファイル] - [名前を付けて保存] などに表示される SharePoint Online のオンラインストレージを非表示にする方法についてご案内します。

 

説明

Office 365 ProPlusでは、バックステージ ビューの [ファイル] - [名前を付けて保存] 等のメニューに SharePoint Online OneDrive のオンラインストレージが表示されます。
※バックステージビューは、その他「開く」や「上書き保存」メニューにも共通で表示されます。

 

Office 365 ProPlus の最新のバージョンでは、この表示をレジストリやグループポリシーにて非表示にすることが可能です。
具体的な制御方法は、後述の 【方法】 の項で記載いたしますが、各方法には利用可能なバージョンや対象となる製品がありますので、下記の一覧を参照ください。

方法 1 、方法 2 では、Office 365 ProPlus Excel / Word /PowerPoint アプリケーションを対象に、SharePoint / OneDrive for Business / 個人用 OneDrive を制御することが可能ですが、Publisher Visio は対象外となります。

また、方法 1 2が利用可能なバージョンは、Current Channel (CC) は、1610 以降、 First Release for Deferred Channel (FRDC) Deferred Channel (DC) では 1701 以降となります。

方法 3 では、Office 365 ProPlus に限らず、Office 2016 アプリケーションにてバージョンに依存なく利用可能で、個人用 OneDrive のみを制御する方法となり、この方法は、Publisher Visio も制御可能となります。

 

- 各方法の対象の製品 -

 

 

目的の環境に合わせて、制御方法をご検討ください。

 

方法

以下に記載する方法 1 から 方法 3 を利用して、制御が可能です。

 

------------------
方法 1 . レジストリで設定する
------------------
直接レジストリに以下の値を設定することで、バックステージ ビューのオンラインストレージを非表示にすることが可能です。

 

キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet

名前 : OnlineStorage

種類 : DWORD

値     : 3

 

(値の説明)

0 = 無効 (すべての場所が表示されます)

1 = 個人向け OneDrive を非表示にします

2 = OneDrive for Business SharePoint Online を非表示にします

3 = Microsoft のオンライン機能をすべて非表示にします

 

------------------
方法 2 . グループ ポリシーを利用する
------------------

Office 2016 のグループ ポリシーを利用して、バックステージ ビューのオンラインストレージを非表示にすることも可能です。

 

2-1. グループ ポリシー エディター を起動して、左側のペインで以下まで選択します。
  [ユーザーの構成] -  [管理用テンプレート] - [Microsoft Office 2016] -  [その他]

2-2. 右側のウィンドウで [Backstage ビューの Microsoft のクラウドベースのファイルの場所を非表示にする] を選択します。

2-3. [Backstage ビューの Microsoft のクラウドベースのファイルの場所を非表示にする] の項目画面で、[有効] を選択し、オプションを [すべて非表示] として [適用] をクリックします。

 

このグループ ポリシーの設定は、以下のレジストリ値を追加することでも同じ効果となります。

  キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet

  名前 : OnlineStorage

  種類 : REG_DWORD

  値     : 3

 

------------------
方法 3. 個人用の OneDrive のみを非表示にする方法
------------------

以下の 2 つの方法では、個人用の OneDrive のみを非表示にし、SharePoint OneDrive for Business は表示したままにすることが可能です。
この方法は、Office 365 ProPlus に限らず、Office Professinal Plus 2016 でも有効になります。

 

方法 3-1. レジストリから個人用 OneDrive のみを非表示にする
----------
以下のレジストリを設定することで、個人用の OneDrive のみが非表示になります。

 

キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General

名前 : SkyDriveSignInOption

種類 : DWORD

値    : 0

 

方法 3-2. グループ ポリシーから個人用 OneDrive のみを非表示にする
----------
グループポリシーから個人用の OneDrive のみ非表示にするには、以下の設定を行います。

 

3-2-1. グループ ポリシー エディター を起動して、左側のペインで以下まで選択します。
  [ユーザーの構成] - [管理用テンプレート] - [Microsoft Office 2016] - [その他]

3-2-2. 右側のウィンドウで [OneDrive のサインインを表示する] を選択します。

3-2-3. [OneDrive のサインインを表示する] の項目画面で、[無効] を選択し [適用] をクリックします。

 

このグループ ポリシーの設定は、以下のレジストリ値を追加することでも同じ効果となります。

   キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Common\General

   名前 : SkyDriveSignInOption

   種類 : REG_DWORD

   値     : 0

 

参考サイト

グループ ポリシーにつきましては、以下の弊社サイトにて詳しくご案内しております。
タイトル : グループ ポリシー管理での ADMX ファイルの使用に関するステップ バイ ステップ ガイ
URL   : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc709647(v=WS.10).aspx

Office 2016 対象の管理用テンプレートは、以下からご入手いただけます。
タイトル : Office 2016 Administrative Template files (ADMX/ADML) and Office Customization Tool
URL   : https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49030

 

 

* 注意事項

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content