Visio 2013 / 2016 の PDF 保存結果が粗く表示される事象について


こんにちは、Office サポート チームです。

本記事では Visio 2013 / 2016 PDF 保存した際の出力結果が粗く表示される現象について説明します。

 

現象

Windows 8 以降の環境で Visio 2013 および Visio 2016 で大きなサイズの CAD 図面等を貼り付けて、 [ファイル] – [エクスポート] メニューの [PDF/XPS ドキュメントの作成] からPDF 形式で保存します。
保存された PDF ファイルを開くと、個々の細い線が太く表示されてしまい拡大表示しても 細かい内容を確認できなくなる場合があります。
この現象は Visio 2010 では発生せず、Windows 7 Visio 2013 / 2016 を使用している場合も発生しません。

 

対処方法

Visio [エクスポート] メニューの PDF 出力機能ではなく、 [印刷] メニューから Windows 10 に標準で含まれている
Microsoft Print to PDF」 等の PDF 形式で出力が可能なプリンタを使用して印刷することで、PDF 形式のファイルを作成します。

 

今後の対応について

本現象について、弊社製品開発担当部門にて問題と認識しております。
現象発生が OS に付属のモジュールに起因するため、Windows 10 のみ、今後のバージョンでの修正に向けた作業を進めておりますが、現時点で修正時期は未決定となります。

 

 

* 注意事項

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content