クイック実行形式の Access 2016 上で住所入力支援機能が動作しない

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、クイック実行形式の Access 2016 上で住所入力支援機能が動作しない現象についてご案内します。 2017/10/11 Update 本問題の修正を公開したため、記事構成を全体的に変更しました。   現象 クイック実行形式の Access 2016 を、2017 年 2 月更新のバージョン 1701 (ビルド 7766.2060) 以降に更新後、住所入力支援機能が動作しない現象が発生します。 この現象はバージョン 1708 (ビルド 8431.2094) で修正しました。   対処方法  現象を修正した Access 2016 のバージョンに更新します。 手順 Access 2016 を起動し、[ファイル] タブ – [アカウント] 画面の “更新オプション″ ボタンをクリックし、”更新を有効にする” をクリックします。 ※ Office の更新を有効にします。   [ファイル] タブ – [アカウント] 画面の “更新オプション” ボタンをクリックし、”今すぐ更新”…


Visio 2016 を更新後、既定のアプリケーションの関連付けが外れる

こんにちは、Office サポート チームの西田です。 本記事では新たに確認された、Visio 2016 を更新することにより、既定のアプリケーションの関連付けが外れる問題について 説明します。   現象: ユーザーが Visio ファイルを一度も開いたことがない状態で、インストール済みの Office 2016 (クイック実行版、Current Channel) のバージョンを 1607 (ビルド 7167.2040) 以上に更新したあと、 拡張子が vsdx や vsd などの Visio ファイルに設定されていた、既定のアプリケーションの関連付けが外れる事象が発生します。 例えば、これまでは Visio 2016 で開かれていた vsdx ファイルをダブルクリックで開こうとすると、 アプリケーションの関連付けが行われていない状態となっているため、どのアプリケーションでファイルを開くかを選択させる ウィンドウが起動します。   原因: Office 2016 のバージョンを 1607 (ビルド 7167.2040) 以上に更新する際に、 Visio ファイルの アプリケーション関連付け に関する、以下のレジストリが削除されます。   キー : HKEY_CLASSES_ROOT\.vsdx 名前 :…


Windows Firewall が無効化されていると Office の保護ビューが開けない

こんにちは、Office サポートの西川 (直) です。 本記事では、Windows Firewall が無効化されていると Office の保護ビューが開けない現象について説明します。   現象 Office のドキュメントを開く際、以下のようなメッセージが表示され、保護ビューでドキュメントを開くことができません。   保護ビューについて 保護ビューとは、安全でない可能性があると判断されるファイルを開く際、コンピューターを保護するため、安全なプレビュー画面で開く機能です。   保護ビューで開く際には、以下のようなメッセージが表示されます。   保護ビューは、以下のような場合に有効になります。 ・インターネットから取得したファイル ・インターネット一時フォルダなど、安全でない場所から開かれたファイル ・Outlook の添付ファイルとして取得したファイル (送信元が安全ではないと定義されている場合)   なお、マクロ入りファイルを開く際に、以下のような、マクロが無効にされましたというメッセージが表示される場合があります。 これは、マクロは無効化されていますがファイルの編集は可能で、保護ビューで開いている状態ではありません。 そのため、本記事でご紹介するエラーメッセージが表示されるシナリオには該当しません。   詳細は以下の資料をご参照ください。 保護ビューとは https://support.office.com/ja-jp/article/d6f09ac7-e6b9-4495-8e43-2bbcdbcb6653   現象が発生する環境 Windows 8、8.1、Windows 10、または、Windows 2012 ベースの OS かつ Office 2013、Office 2016 、またはOffice 365 Proplus クライアントアプリケーション ※ Windows 7、Office 2010 では発生しません。 かつ Windows…


ボリュームライセンス版 Visio 2016 と Office 365 ProPlus を共存インストールする方法について

こんにちは、Office サポートの山本です。 本記事では、ボリュームライセンス版の Visio 2016 と、Office 365 ProPlus (Office 2016) を共存インストールする方法について、ご案内します。 ボリュームライセンス版の Visio 2016 と、Office 365 ProPlus (Office 2016) は、共存してインストールできません。 これは、ボリュームライセンス版の Visio 2016 は、MSI 形式で実行され、Office 365 ProPlus (Office 2016) はクイック実行形式で実行されるという、インストール テクノロジーの差異によるものです。 同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Visio、Project をインストールするためのサポート対象シナリオ しかし、ボリュームライセンス版の Visio 2016 に関しては、Office 2016 用の Office 展開ツールにて、ボリュームライセンス版の Visio 2016 の Product ID を指定しクイック実行形式でインストールすることで、Office 365 ProPlus (Office 2016) と共存してインストールすることが可能です。 Office 展開ツールを使用して…


ボリューム ライセンス版 Office Professional Plus 2016 をインストールしている環境上で特定のエラーイベントが出力される

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、ボリューム ライセンス版 Office Professional Plus 2016 をインストールしている環境上で、特定のエラーイベントが出力される現象について案内します。   現象 ボリューム ライセンス版 Office 2016 アプリケーションをインストールし、MAK キーによるライセンス認証も完了している Windows Server 2012 R2 環境において、Application イベント ログに次のイベントが出力される動作が生じます。   ソース : Office 2016 Licensing Service 日付 :  xxxx/xx/xx x:xx:xx イベント ID : 0 タスクのカテゴリ : なし レベル : エラー キーワード : クラシック ユーザー : N/A コンピューター : xxxxxxxxx…