インターネットから Office ファイルを開く時にエラーとなる現象について


こんにちは、Office サポートの荒井です。

今回の投稿では、Windows 7 64bit 32bit 版の Office 2010 以降の製品を使用しているクライアントから、インターネット上の Office ファイルを開く時に、エラー メッセージが表示されファイルが開かない現象について説明します。

 

現象

インターネットから Officeファイルのリンクをクリックし、[開く] を選択すると、Office アプリケーションの動作が停止したり、エラーメッセージが表示され、ファイルが開かない場合があります。

図1: ファイルを開くダイアログ

図1: ファイルを開くダイアログ

 

図2: doc ファイルを開いた場合のエラー例

図2: doc ファイルを開いた場合のエラー例

図3: doc ファイルを開いた場合のエラー例

図3: doc ファイルを開いた場合のエラー例

 

図4: xls ファイルを開いた場合のエラー例

図4: xls ファイルを開いた場合のエラー例

図5: xls ファイルを開いた場合のエラー例

図5: xls ファイルを開いた場合のエラー例

 

図6: ppt ファイルを開いた場合のエラー例

図6: ppt ファイルを開いた場合のエラー例

 

現象発生の条件

この現象は、以下の条件に合致する場合に発生することを確認しています。

  1. [インターネット] ゾーンと見なされる URL からOfficeファイルを開いている
  2. Windows 7 (64bit) + IE11 の拡張保護モードを有効に設定している

 

※ IE11 の拡張保護モードが有効になっているか確認する手順

[インターネット オプション]-[詳細設定]

図7: インターネット オプション ダイアログ

図7: インターネット オプション ダイアログ

 

原因

IE の技術的な制約によって、64bit の プロセス整合性レベル [] IE プロセスから、32bit COM アプリケーション (今回の場合ですと、Office 製品) ElevationPolicy の判定ができません。

そのため、Office アプリケーション起動時に期待するプロセス整合性レベル [] に昇格して起動できないため、上述のようなエラーが発生します。

 

対処方法

運用要件に合わせて、以下いずれかの方法をご検討いただきますようお願いいたします。

  1. IE の [インターネット オプション]-[セキュリティ] から、該当の URL [信頼済みサイト] もしくは [ローカル イントラネット] に追加する
  2. Officeファイルのリンクをクリックしたとき、[開く] を選択するのではなく、[保存] を選択する
  3. [拡張保護モードを有効にする] オプションのチェックを外し無効にする

 

参考情報

タイトル : IE10 & IE11 : 拡張保護モードの実態

アドレス : https://blogs.technet.microsoft.com/jpieblog/2013/11/29/ie10-ie11/

 

タイトル : 保護モードの Internet Explorer の理解と機能

アドレス : https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb250462(v=vs.85).aspx

 

今回の投稿は以上です。

 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

 

Skip to main content