Access でメモリ使用量が増加する現象について


こんにちは、Office サポート チームです。

 

Office 製品の Access では、mdb ファイルや accdb ファイルを作成し利用します。
Access で利用している、これらの mdb/accdb ファイルは、Access のみで利用可能なファイルではなく、
Access ODBC ドライバや OLEDB プロバイダ (Microsoft.ACE.OLEDB.12.0) を介して接続することで、Access 以外のプログラムからデータソースとして利用することが可能です。

本稿では、Access アプリケーションおよび、mdb/accdb ファイルを使用する Access 以外のプログラムで、メモリ使用量が増加する事象について説明します。

 

現象

Access および Access ODBC/OLEDBを使用したプログラムで、mdb/accdb ファイルに接続し続けたとき、
Access および Access ODBC/OLEDBを使用したプログラムを終了するまでメモリ使用量が増加し続ける場合があります。
 

原因

mdb/accdb ファイル内のレコードを追加/更新/削除を行う Access Database Engine の処理に必要なメモリが確保し続けられているため、発生しています。
Access Database Engine は、無停止のまま終日稼動で運用されるような高い信頼性を要求されるサーバー アプリケーションのように使用されることを考慮して設計されていません。

 

回避方法

長期間 Access Database Engine を使用するプログラムを起動し、利用されている場合は、定期的に終了していただくか、端末を定期的に再起動してご利用くださいますようお願いいたします。
 


参考情報

Access でメモリ不足エラーが発生する現象の対処策について
http://blogs.technet.microsoft.com/officesupportjp/2017/02/16/ace_memory_error/


本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content