32bit の Word アプリケーションで、印刷した際に一部のオブジェクトが印刷されない現象について

こんにちは、Office サポートの 佐村 です。 本記事では、32 bit の Word アプリケーションでドキュメントを印刷した場合、いくつかのオブジェクトが印刷されない現象について説明します。 現象 Word ドキュメントに多数のオブジェクトを配置している状態で印刷を行った場合、 一部のオブジェクトが欠けて印刷されないという現象が発生することがあります。 本現象は Word 2007 および Word 2010 で発生することを確認しています。   原因 32 bit の Office アプリケーションでは、扱えるメモリ領域はユーザーモードのメモリ領域として 2GB までとなっていることから、連続したメモリ空き容量が不足し、正しくオブジェクトを扱えることが できないことから、結果としてオブジェクトが印刷されないという現象が発生します。 これは、プリンタには依存せず Word アプリケーションからスプールファイルを作成した時点で問題が発生しています。 メモリ不足に起因する以下の現象も確認しています。 ・挿入された画像データ部分が赤いバツ印のアイコンで表示されない。 ・以下のメッセージが表示される。 「ディスクがいっぱいです。空き容量を増やすか、文書を他のドライブに保存してください。 次の操作を行ってください。 * 必要のない文書、プログラムまたはウィンドウを閉じます。 * 文書を他のドライブに保存します。」 なお、OS からはメモリが空いているように見えても実際には連続したメモリ領域が必要なため本現象が発生する可能性があります。   回避方法 1. オブジェクトの数を減らす 2. FavorTiledPrinting レジストリを設定する (効果に限りがあります) 3. 64bit 版の…


Current チャネルで提供されている Version の Office 365 ProPlus を社内サーバーからインストールした場合、いくつかの新機能が有効にならない場合がある

こんにちは、Office サポートの 西川 (直) です。 本記事では、Current チャネルで提供されている Version の Office 365 ProPlus を社内サーバーからインストールした場合、いくつかの新機能が有効にならない現象について説明します。   現象 Current チャネルで提供されている Version の Office 365 ProPlus を社内サーバーからインストールした場合、以下の公開情報に記載されている Current チャネルの該当 Version のいくつかの新機能が、有効になっていない場合があります。   Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース https://technet.microsoft.com/ja-jp/office/mt465751   現象に該当する環境について 以下、本現象に該当する環境を構成する手順例を記載させていただきます。   0) 事前準備 ——————————————————– サーバ端末とクライアント端末を用意し、サーバ端末に \\Server\Share のパスでクライアント端末から名前解決される共有フォルダを作成します。   1) Office 2016 用展開ツールをダウンロードする (クライアント端末またはサーバ端末) ——————————————————– 以下のリンクから Office 2016 用展開ツールをダウンロードします。 Office…