Office 2013 で IRM 暗号化ファイルの [追加権限の要求] が機能しない


こんにちは、日本マイクロソフト Office サポート チーム鈴木です。

本記事では、Office 2013 IRM 暗号化ファイルの [追加権限の要求] が機能しない問題について説明します。
 

現象

Office 2013 IRM 暗号化されたファイルを閲覧権限のユーザーで開き、[追加権限の要求] をクリックすると、Outlook などの既定のメール ソフトの新規メッセージが起動しません。
この問題は、OS が Windows 10 および Windows 8.1 環境の場合に発生します。

再現手順

  1. Excel 2013 を起動します。
  2. [ファイル] – [情報] – [ブックの保護] – [アクセスの制限] - [アクセス制限あり] をクリックします。
  3. [このブックへのアクセスを制限する] のチェックを ON にし、例として閲覧権限を [すべてのユーザー] に付与し、IRM 暗号化し保存します。
    2
  4. 作成した Excel ブックを作成者以外の閲覧権限のユーザーで開きます。
  5. ブック上部のバー上の [権限の表示] または、[ファイル] – [情報] – [ブックの保護] – [権限の表示] をクリックし、[保有している権限] ウィンドウを開きます。
  6. [追加権限の要求] をクリックします。
    3

 

結果

Outlook などの既定のメール ソフトの新規メッセージが起動しません。
 

原因および詳細

この問題は Office 2013 製品の問題で発生します。
Office 2013 では現時点では修正は予定されていません。
Office 2016 では初期出荷版で修正済みとなり、この問題は発生しません。

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content