Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーになる

こんにちは、Office サポートの鈴木です。 本記事では、Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーになる現象について説明します。 2018/1/19 Update [回避方法] セクションを追記しました。 Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーが表示され、ファイルを開くことができません。 この問題は、Word 2013、Word 2016 で発生します。 再現手順 Word で IRM 暗号化ファイルを開きます。 文書を編集後、保存せずに [閉じる] をクリックします。 [文書1.docx に対する変更を保存しますか?] のウィンドウで [保存しない] をクリックし文書を閉じます。 再度同じ文書を開きます。[ファイル] – [情報] – [ドキュメントの管理] に表示される未保存のファイルを開きます。 結果 以下のエラーが表示されます。 画面表示後、文書の復元を行うと、上書き保存され、以前の文書が失われます。   原因および詳細 この問題は Word 2013、Word 2016 製品の問題で発生します。 .doc 形式の文書では現象は発生しません。   !!2018/1/19 Update!! 回避方法 本現象は以下いずれかの方法で回避可能です。 方法…


数式エディター 3.0 の機能削除について

  2018/1/17 Update [詳細] セクションに詳細情報を追記しました。     現象 2018 年 1 月度の Office 対象のセキュリティ更新プログラムとしてリリースされた Office 2007、Office 2010、Office 2013、Office 2016 向けの更新プログラムを適用すると、数式エディター 3.0 の機能が削除されます。   !!2018/1/17 Update!! 詳細 数式エディター 3.0 は、サードパーティによって作成された機能で、多くのバージョンの Office に含まれていましたが、セキュリティの脆弱性の問題が確認されたため、安全性への影響を考慮して 2018年 1 月度のセキュリティ更新プログラムの適用後は削除されます。更新プログラムをアンインストールしても、数式エディター 3.0 は再追加されません。 数式ツールは継続して使用することができます。   数式エディター 3.0 の機能が削除された後に、数式エディター 3.0 で新たに数式を作成したり、Office ファイル内に含まれる数式エディター 3.0 オブジェクトを編集することはできません。   数式エディター 3.0 オブジェクトを含むファイルを開いて、追加されている数式を表示することはできますが、編集しようとするとエラーが表示されます。 以下は、Excel または Word で表示されるメッセージです。アプリケーションやバージョンによって異なるメッセージもあります。   このオブジェクトの作成元アプリケーションを起動できません。…


Access 2016 のリボンをカスタマイズする

  こんにちは、Office サポート チームです。 ユーザー単位で Access 2016 自体の組み込みのリボンを非表示にするには、[Access のオプション] (※ 1) で設定可能ですが、 ファイル単位で変更する場合、RibbonXML を利用します。 本記事では、Access 2016 で .accdb ファイル毎に組み込みのリボンを非表示にする方法を説明します。 ※ 1. [Access のオプション] – [リボンのユーザー設定] で非表示にするリボンをチェックオフします。   組み込みのリボンを非表示にする方法 Access の起動時にカスタマイズされたリボンを読み込むには、その設定を USysRibbons という名前のテーブルに保存する必要があります。 このテーブルにリボンを非表示にする RibbonXML を入力します。 手順 Access 2016 で空のデータベースを新規作成します。 USysRibbons テーブルを次の構成で作成します。   USysRibbons テーブル: 列名 データ型 説明 RibbonName 短いテキスト型 (Text) このカスタマイズに関連付けられるカスタム リボンの名前が含まれます。 RibbonXML 長いテキスト型 (Memo)…


Office のライセンス再認証について

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では Office アプリケーションのライセンス再認証について説明します。     現象 Office 2010 以降の Office アプリケーションをインストールしてライセンス認証を完了した端末で、ライセンス認証が解除されて再認証が必要になることがあります。     詳細 Office のライセンス認証は、osppsvc (Office Protection Protection Platform) サービス、または sppsvc (Software Protection) サービスによって、ライセンス認証の実行やライセンス状態のチェック、ライセンス認証の有効期間が管理されます。 一度ライセンス認証が成功して、ライセンス認証済みの状態になった後も、Office のライセンス認証を管理するサービスによって大幅なハードウェア構成の変更が検知された場合など、ライセンス認証の再実行が必要であると認識されると、ライセンス状態がリセットされることがあります。そのような場合は、未認証の状態になるため、ライセンス認証を再実行することが必要になります。KMS 認証方式の場合は、バックグラウンドで再認証が行われますが、MAK 認証方式の場合は、ライセンス認証ウィザードが表示されるため電話またはインターネット経由での手続きを行います。 Windows 10 の Fall Creators Update などの大型アップデートの適用後に、Office の再認証が必要になった端末があることが確認されています。 ライセンス状態がリセットされた場合の具体的な要因については、他のトラブルシューティングとは異なり、ライセンスという機密性の高い情報を扱うため、仕組み上、ログに記録させることができません。そのため、再認証が必要になったらライセンス認証のお手続きをご実施いただくようにご案内しています。   新たな情報が確認された場合には、このブログ記事に追記する形で公開していく予定です。       – 注意事項 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Visio 2013 と Visio 2016 で表示言語が英語にすると日本語で登録したステンシルがメニューに表示されない

こんにちは、Office サポート チームです。   本記事では Visio 2013 / Visio 2016 で、表示言語を英語に設定すると日本語で登録したステンシルが、 [その他の図形] メニューに表示されなくなる動作について説明します。   本動作の確認手順 : 以下は、本動作が確認できる手順の一例になります。 1. Visio 2016 を起動します 2. [ファイル] タブ – [オプション] – [詳細設定] – [全般] の [ファイルの場所] ボタンをクリックします 3. [ファイルの場所] ダイアログが起動します 4. [ステンシル] の項目に、目的のステンシルが保存されたフォルダを指定します 5. Visio 2016 を再起動します 6. [ホーム] タブ の [その他の図形] に、手順 4 で設定したフォルダのステンシルが表示されることを確認します。   7. [ファイル] タブ…


Office 2010 環境に KB2553204 を適用できない

こんにちは、Office サポートです。 本記事では、Office 2010 環境に KB2553204 を適用できない現象について説明します。   2017/12/06 Update [WSUS からの配信] セクションを追記しました。   現象 英語版と中国語簡体字版以外の Office 2010 環境に、KB2553204 をインストールすることはできません。    2553204 Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムについて2017 年 11 月 15 日     対応方法 日本時間の 2017 年 11 月 15 日に公開した KB2553204 は、Office 2010 の英語版と中国語簡体字版を対象としています。 日本語版等、Office 2010 のその他の言語版で、CVE-2017-11882 のセキュリティ脆弱性に対応するためには、 2017 年 11 月 28 日に公開された KB4011618 を適用してください。…


C2R 版の Office をインストールすると、特定のレジストリのアクセス権限テーブル参照時に警告が発生する

こんにちは、Office サポートの佐村です。 本記事では、Office 365 ProPlus や、MSDN で提供している C2R インストーラー形式の Office をインストールした後、 特定のレジストリの「アクセス許可」を参照すると警告が表示される現象についてご案内いたします。   現象 64 bit の OS に C2R インストーラー形式の Office をインストールした後、以下の操作を行うと警告が表示されます。 1. レジストリエディターを起動します。 2. 以下のキーまで移動します。 キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node 3. 新しいキーを作成します。(例 : test) 4. 作成したキー上で右クリックし 「アクセス許可」 を選択します。 5. 以下の警告が表示されます。   原因 本現象は C2R インストーラー形式で採用している App-V の問題であることを確認しております。   対処方法 警告表示後、「並べ替え」ボタンをクリックしていただくことで、アクセス許可を変更することが可能です。 「キャンセル」ボタンをクリックした場合は、読み取り専用で開かれます。 この対処後はそのキーについては以後の警告が表示されませんが、新しく別のキーを作成 (例 : test2)…


Office 2010/2013 (既定) と Office 365 ProPlus の共存環境で Office 365 ProPlus をバージョン 1710 に更新すると Excel の関連付けが Office 365 ProPlus に変更される事象について

こんにちは、Office サポートの西川 (直) です。 本記事では、表題の事象についてご説明いたします。   現象 Office 2010/2013 (既定) と Office 365 ProPlus の共存環境で Office 365 ProPlus バージョンを 1710 に更新すると Excel の関連付けが Office 365 ProPlus に変更されます。   再現手順例 : Office 2010 (既定)、Office 365 ProPlus (バージョン 1709 (ビルド 8528.2147)) が共存している環境を用意します Office 365 ProPlus を バージョン 1710 (ビルド 8625.2132) に更新します Excel ファイルの関連付けが Office 365 ProPlus の…


PDF ファイルの表示内容をコピーしてテキスト エディタへ貼り付けると内容が重複する

こんにちは、Office サポートの町口です。 本記事では、PDF ファイルの表示内容をコピーしてテキスト エディタへ貼り付けるとき、内容が重複する現象について説明します。   現象 Microsoft Word で [アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ] を有効にして PDF 形式のファイルを作成し、 そのファイルを 3rd Party 製 PDF 表示ソフトで開いた場合に、次の現象が発生する場合があります。 ・内容をコピーしてテキスト エディタへ貼り付けたときに、内容が重複して貼り付けられる     回避策 以下のいずれかの方法で回避します。   方法 1 : 他の PDF 表示ソフトを使用する PDF 表示ソフトによってこの現象は発生しません。 PDF 形式のファイルを他の PDF 表示ソフトで開いて、内容をコピーしてテキスト エディタへ貼り付てください。   方法 2 : [アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ] を OFF にして PDF 形式で保存する 以下は Microsoft Word で PDF…


Excel 2013 以降のバージョンでファイルを保護ビューで開くときにシート領域が描画されない

こんにちは、Office サポートの町口です。 本記事では、Excel 2013 以降で、前回画面サイズが最小化された状態のファイルを保護ビューで開くときに、シート領域が描画されない現象について説明します。   現象 Excel 2013 以降で、先に任意の Excel ファイルを開いている状態にして、 次に、前回画面サイズが最小化された状態のファイルを保護されたビューで開くとき、 メッセージ バーやシート領域が描画されず、グレーの状態となります。   再現手順 : 新規ブックを作成し、一旦保存します。 ファイルに何らかの編集を加えて、ウィンドウを最小化します。 タスクバーに表示された Excel のアイコンを右クリックして [ウィンドウを閉じる] をクリックします。 「'<ファイル名>’ の変更内容を保存しますか?」のメッセージで [保存] をクリックします。 手順 4 で保存したファイルではなく、新規ブックや任意の別のブックをダブルクリックで開きます。 Shift キーを押下しながら、手順 4 で保存したファイルのアイコンを右クリックして、[保護ビューで開く] をクリックします。     結果 : 手順 6 で開いたファイルのメッセージバーやシート領域が描画されず、グレーの状態となります。     原因 Excel 2013 および Excel 2016 の問題により発生しています。    …