コマンド ラインまたは UI を使用して Office 2013 KMS ホストを移行する


原文の記事の投稿日: 2013 年 1 月 21 日 (月曜日)

Office 2013 KMS ホストを別のコンピューターに移行する方法は、Office 2010 KMS ホストを移行する場合と同様です。

Office KMS ホストの移行に関する基本事項については、「Office 2010 KMS ホストを移行する」を参照してください。Office 2013 では、Microsoft Office 2013 KMS ホスト ライセンス パックとライセンス認証 ID が新しくなっています。また、移行した Office 2013 KMS ホストを Windows 8 または Windows Server 2012 で実行する場合は、KMS ホストのセットアップとライセンス認証を Windows UI で実行することもできます。

Office 2013 KMS ホストを移行するには

1. 次のコマンドを実行して、Office 2013 KMS ホスト キーをアンインストールします。

cscript C:\windows\system32\slmgr.vbs /upk 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD

2. ドメイン ネーム システム (DNS) からレコードを削除します。

a. DNS コンソールを開きます。

b. domain.com の下の _tcp ノードを展開します。

c. _VLMCS レコードを削除します。

この操作を行うと、Office 2013 KMS ホストがアンインストールされます。

3. Microsoft Office 2013 KMS ホスト ライセンス パック Web サイトで、office2013volumelicensepack_en-us_x86.exe をダウンロードして新しいサーバーで実行します。
プロダクト キーを入力するように求められ、Office 2013 KMS ホストのライセンス認証が試行されます。ライセンス認証に失敗した場合は、以下を実行します。

a. 新しいサーバーで、管理者権限のプロンプトで次のコマンドを実行して、Office 2013 KMS ホストのプロダクト キーを再インストールします。
cscript C:\windows\system32\slmgr.vbs /ipk [プロダクト キー]

b. 管理者権限のプロンプトで次のコマンドを実行して、Office 2013 KMS ホストをライセンス認証します。
cscript C:\windows\system32\slmgr.vbs /ato 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD

注: Office KMS ホストのライセンス認証用のすべての slmgr.vbs コマンドについては、「Office KMS ホストを準備および構成する」を参照してください。

4. ライセンス認証が完了したら、ソフトウェア ライセンス サービスを再起動し、DNS で新しい KMS ホスト サーバー用のレコードが作成されていることを確認します。KMS ホスト用に DNS を構成する方法の詳細については、「KMS について (英語)」を参照してください。

5. Office 2013 KMS ホストが正しく構成されているかどうかを確認するには、KMS ライセンス認証要求数をチェックし、数が増加しているかどうかを確認します。KMS ホストで、次のコマンドを実行すると現在の数が表示されます。
cscript C:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv 2E28138A-847F-42BC-9752-61B03FFF33CD

また、[アプリケーションとサービス ログ] フォルダー内のキー管理サービス ログでイベント 12290 をチェックすることもできます。このログには、KMS クライアントからのライセンス認証要求が記録されます。各イベントには、コンピューターの名前と、ライセンス認証要求のタイムスタンプが表示されます。

Windows 8 または Windows Server 2012 で実行される Office 2013 KMS ホストをライセンス認証する場合は、Windows UI を使用することもできます。詳細については、「Office 2013 のボリューム ライセンス認証方式」および「ボリューム ライセンス認証の概要」を参照してください。

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Migrate an Office 2013 KMS host from the command line or the UI」をご覧ください。


Skip to main content