System Center Configuration Manager を使用してテレメトリ エージェントを展開する

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 30 日 (金曜日) このブログ投稿は、Office ソリューション管理チームのプログラム マネージャーである Shinobu Furuma によって書かれました。 前回のブログ投稿で、ワークグループまたはドメインに参加しているコンピューターで Office テレメトリ ダッシュボードをすばやくセットアップする (英語) 方法を紹介しました。今回は、System Center Configuration Manager を使用して、大規模な環境にテレメトリ エージェントを展開する方法について説明します。 クライアント PC の管理やソフトウェア資産の管理に Configuration Manager を使用している場合は、既存の Office クライアント コンピューター (Office 2003、2007、または 2010) にテレメトリ エージェントを展開するときも Configuration Manager を使用することをお勧めします。Configuration Manager でのアプリケーションの展開に慣れている方であれば、標準的なプロセスは同じなので、テレメトリ エージェントも簡単に展開できます。エンド ユーザーの操作やログオン スクリプトも必要ありません。また、クライアント コンピューターのエージェントの管理、監視、アンインストールも Configuration Manager コンソールで行うことができます。 ここでは、Configuration Manager を使用してテレメトリ エージェントを展開する以下の手順について説明します。…


Office 365 ProPlus についてよく寄せられる質問

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 30 日 (金曜日) Office 365 ProPlus の実行に関して、アプリケーション データの記憶域、スケーラビリティや展開についてなど、これまでにいくつかの質問が寄せられています。ここでは、それらの質問にお答えします。 Office 365 ProPlus アプリケーションの実行にインターネット接続は必要ですか。 Office 365 ProPlus のインストールと実行に際しては、インターネットに接続して行う方法と接続せずに行う方法があります。エンド ユーザー向けの展開をシステム管理者が管理している環境では、通常、インターネットに接続せずに、System Center Configuration Manager などのソフトウェア配布ツールを使用してインストールが実行されます。オフラインでインストールした場合は、Office のライセンス認証のために、初回実行時に 1 回だけインターネットに接続して、そのインストールを Office 365 ProPlus のユーザー アカウントに割り当てる必要があります。また、その後も、ユーザー アカウントがアクティブであるかを確認するために定期的にインターネットに接続されます。これらのライセンス認証の呼び出しには、最小限の帯域幅しか使用されません。Office 365 ProPlus アプリケーションの通常の使用時にユーザーがインターネットに接続する必要はありません。 Office 365 ProPlus では、完全版の Office アプリケーションではなく、Web アプリケーションしか提供されないのですか。 Office 365 ProPlus には、Office Professional Plus 2013 クライアント スイートと同じアプリケーションが含まれています。使用できるアプリケーションは次のとおりです。 Access…


アプリ ステップを含む SharePoint Designer 2013 ワークフローを作成する方法 (SPC 2012 で使用したサンプル ワークフローの拡張)

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 22 日 (木曜日) こんにちは。SharePoint Designer チームのプログラム マネージャー、JongHwa Lim です。今日は、SharePoint Conference 2012 (英語) (SPC 2012) でデモを行ったサンプル ワークフローをご紹介します。このブログ投稿では、そのサンプル ワークフローをより現実的なものにするために変更して拡張していきます。SharePoint Designer 2013 (SPD 2013) でワークフローを作成する際のヒントとしてご活用ください。ここで示す詳しい説明は、SharePoint Designer 2013 および SharePoint 2013 タイプのワークフローに詳しい方を対象とした内容になっています。SharePoint 2013 ワークフローの基本的な情報については、これまでのブログ記事をお読みください。  レジャー イベント会社のワークフロー  ここでは、Contoso Leisure というレジャー会社を例に説明していきます。この会社では、乗馬、釣り、クレー射撃、パラグライダー、スカイダイビングなどの講習を行っています。 この会社で、次のような承認ワークフローが必要であるとします。 Event Coordinator SharePoint グループに承認を申請する 却下された場合は、顧客に拒否メールを送信する 承認された場合は、イベント/講習の 5 日前にイベントの通知メールを送信する 通知メールには、気象情報や道順を示す地図など、イベントに関する情報を記載する  このワークフローの例では、2 つの Web サービスを使用しますが、SPD で使用できる…


Office 365 クイック実行製品をカスタマイズする方法

原文の記事の投稿日: 2013 年 1 月 22 日 (火曜日) 概要: Office 365 クイック実行のカスタマイズの概要を示し、AppLocker と AppHelp を使用してアプリケーション レベルのカスタマイズを行う方法について説明します。 クイック実行は、ストリーミングおよび仮想化のテクノロジであり、Office クライアント製品をダウンロードして使用するための時間を大幅に短縮するように設計されています。ストリーミングにより、ユーザーはクイック実行製品を、製品全体がダウンロードされないうちに使い始めることができます。 Office 365 クイック実行製品は、中核的な仮想化とストリーミングの Microsoft Application Virtualization (App-V) テクノロジに基づいています。クイック実行リソースは、ローカル オペレーティング システム上の分離された仮想環境で実行されます。 Office 365 にサインアップした管理者は、Office 展開ツールを使用して、Office 365 ProPlus の社内展開用に Office 365 クイック実行インストールの設定をカスタマイズすることができます。Office 展開ツールは、Microsoft ダウンロード センター (英語) からダウンロードできます。このダウンロードには、サンプルの Configuration.xml ファイルが含まれています。Office 365 クイック実行のインストールをカスタマイズするには、Office 展開ツールを実行し、カスタマイズした Configuration.xml 構成ファイルを用意します。Office 展開ツールは、構成ファイル内でオプションのプロパティを使用して指定されたタスクを実行します。 Configuration.xml ファイルでは、クイック実行インストールの以下の項目を指定できます。 インストールまたは削除する製品と言語 ソース…


Office IT 担当者向けのコンテンツ ロードマップの紹介

原文の記事の投稿日: 2012 年 12 月 14 日 (金曜日) Office リソース キット チームでは、Office 2013 の展開や互換性などの主題領域について、一連のコンテンツ ロードマップを公開しています。これらのロードマップの設計には、次の点を目標に取り組んでいます。 目的に応じていつどの記事を読めばよいかわかるように、コンテキストと順序を示す。 中心的なホーム ページとして、どの記事からもすぐに参照して関連するコンテンツを簡単に見つけられるようにする。 目次で記事のタイトルを探すだけでは見つけにくい記事内の重要なサブセクションが目立つようにする。 関連するブログ投稿、ダウンロード、スクリプト、参照情報へのリンクを 1 か所にまとめる。 まずは、「Office 2013 の互換性に関する IT 担当者向けのコンテンツ ロードマップ (英語)」と「Office 365 ProPlus のコンテンツ ロードマップ (英語)」という 2 つのロードマップを公開していますので、ぜひ皆さんのご意見をお寄せください。見比べていただくとわかるように、形式が少し異なります。さまざまな記事に、これらのロードマップに戻るためのリンクを追加しています。また、技術的な情報以外の関連情報をお探しのエンド ユーザー向けに、Office.com の記事へのリンクも一緒に掲載しています。 ロードマップに関するフィードバックをお待ちしております。下記フォームからコメントをお寄せいただくか、feedork@microsoft.com 宛てにご連絡ください。 これらのリンクは次のように表示されます。次に示すのは、「Office 2013 互換性ガイド」の例です。 こちらは、「ユーザーが Office 365 ポータルから Office クライアント製品をインストールできるようにする」の例です。 ぜひご感想をお聞かせください。 Jill  これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Introducing content roadmaps for…


Office 365 ProPlus インストールの管理: アクティブ化、非アクティブ化、および再アクティブ化

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 29 日 (木曜日) Office 365 ProPlus で Office 365 サブスクリプションを利用している組織では、最大 5 台のコンピューターに Office をインストールし、同時に使用できます。これは、組織にとっては便利です。たとえば、ユーザーは、次のコンピューターに Office をインストールできます。 会社のデスクトップ コンピューター 外出時に使用するノート PC 自宅のコンピューター 3 台の異なるコンピューターに Office がインストールされていても、使用する Office 365 ライセンスは 1 つだけです。 それでは、このすべてのインストールを管理するにはどうすればよいのでしょうか。既に 5 台のコンピューターにインストールされている状況で、もう 1 台のコンピューターに Office をインストールする必要がある場合は、どうなるのでしょうか。 このブログ投稿では、Office 365 ProPlus インストール管理のユーザー エクスペリエンスと、Office 365 管理者が制御できる操作の両方について説明します。IT 担当者向けのブログでユーザー エクスペリエンスを扱うのはなぜでしょうか。Office 365 ユーザーは、管理者ではありませんが、実際は Office 365…


コマンド ラインまたは UI を使用して Office 2013 KMS ホストを移行する

原文の記事の投稿日: 2013 年 1 月 21 日 (月曜日) Office 2013 KMS ホストを別のコンピューターに移行する方法は、Office 2010 KMS ホストを移行する場合と同様です。 Office KMS ホストの移行に関する基本事項については、「Office 2010 KMS ホストを移行する」を参照してください。Office 2013 では、Microsoft Office 2013 KMS ホスト ライセンス パックとライセンス認証 ID が新しくなっています。また、移行した Office 2013 KMS ホストを Windows 8 または Windows Server 2012 で実行する場合は、KMS ホストのセットアップとライセンス認証を Windows UI で実行することもできます。 Office 2013 KMS ホストを移行するには 1. 次のコマンドを実行して、Office 2013 KMS ホスト…


Office と関連製品の 2012 年 10 月の累積的な更新プログラムを公開

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 17 日 (土曜日) Office 2010 および 2007 Office system (英語) の 2012 年 10 月の累積的な更新プログラム (CU) パッケージが公開されました。この CU には、Office サーバーと SharePoint 製品も含まれています。個々の更新プログラム パッケージとその説明については、それぞれの技術情報に掲載されたリンクをご覧ください。 また、次の製品向けのパッケージ全体もご利用いただけます。 Office 2010 Project Server SharePoint Server Duet Server Office 2007 Project Server SharePoint Server すべての Office CU、パブリック更新プログラム (PU)、および Service Pack のリンクについては、「Office、Office Servers、および関連製品の Update Center」を参照してください。 これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「October 2012…


TechNet で新たに公開されたテレメトリ ダッシュボードに関するビデオと記事

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 14 日 (水曜日) テレメトリ ダッシュボードをまだお試しでない方は、新しいビデオ「テレメトリ ダッシュボードの操作のクイック ヒント (英語)」をご覧ください。ダッシュボードの起動方法、データの表示と非表示の切り替え方法、前のワークシートにすばやく戻る方法のヒントを紹介しています。 テレメトリ ダッシュボードを評価中の方は、新しい記事「テレメトリ ダッシュボードのトポロジとハードウェアの推奨事項 (英語)」をご覧ください。この記事で、規模、トポロジ、ハードウェア、帯域幅の推奨事項をご確認いただけます。 今後もさまざまな記事やブログ投稿を公開していく予定ですのでご期待ください。 Jill これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「New Telemetry Dashboard video and article on TechNet」をご覧ください。


Office 2013 管理用テンプレート (ADMX、ADML) および Office カスタマイズ ツール (OCT) のダウンロード提供を開始

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 9 日 (金曜日) 2012 年 11 月 5 日に、Office エンジニアリング チームから、Office 2013 管理用テンプレートおよび Office カスタマイズ ツール (OCT) の更新版ファイルがリリースされました。「Office 2013 管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) および Office カスタマイズ ツール (英語)」からダウンロードできます。このダウンロードには、すべてのグループ ポリシーと OCT の設定をまとめた Excel スプレッドシート (office2013grouppolicyandoctsettings.xlsx) が含まれています。このポリシー設定は、Windows インストーラー ベース (MSI) とクイック実行の両方の Office 2013 Preview インストールに適用されます。 Office 2013 のアドイン管理、Office 用アプリ、エスクロー キー、Office スタート、Office のテンプレートと背景、One Note…