TechNet 記事の独自のブックを作成する

原文の記事の投稿日: 2011 年 7 月 30 日 (土曜日) Office Resource Kit では一連のダウンロード可能なブックを提供していますが、具体的な環境に合わせて記事のセットを調整できる多くの可能性があることに気付きました。そこで、耳よりの情報です。TechNet 記事の独自のブックを作成できるようになりました。Microsoft TechNet ライブラリのどこからでも最大で 100 本の記事を選び、その記事をご希望の順序に並べて、カスタマイズした記事コレクションをオンラインでもオフラインでも使用できるブックの形式で保存できます。 ブック作成プロセスは TechNet の新機能です。現時点ではベータ版です。この機能を Microsoft TechNet ライブラリで使用できるようになりました。ぜひお試しください。次に、その手順について説明します。 準備。必要なものは、次のとおりです。 最新のブラウザー。Internet Explorer 8 および Internet Explorer 9 が対応します。それ以外のブラウザーの他の最新バージョンも同様に対応します。IE 8 または IE 9 を使用する場合は、標準のブラウザー モードで実行していること (互換表示モードでないこと) を確認してください。 TechNet にサインインするための Live ID。 TechNet でライトウェイト ビューを使用していることを確認してください (現在、クラシック ビューまたは ScriptFree ビューの場合は、TechNet ページの上部にある [ライトウェイト] をクリックしてください。ライトウェイト ビューの場合、ページの右上隅は次のようになります。…


Office 2010 アプリケーション向けのセキュリティ ベスト プラクティス

原文の記事の投稿日: 2011 年 8 月 23 日 (火曜日) Office 2010 アプリケーション向けのセキュリティ ベスト プラクティスについては、記事「Security Best Practices for Office 2010 Applications (英語)」をご覧ください。この記事が最初に公開されたのは、「The Microsoft Security Newsletter (July 2011 Edition)」です。Security Newsletter を購読していない方やまだ見てない方にこのリソースを知っていただくため、ここに投稿しました。 Ross Carter、CISSP (英語) (TechNet 上の Office 2010 に関するセキュリティ リソース センター)  これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Security Best Practices for Office 2010 Applications」をご覧ください。


Office Web Apps への SP1 および 6 月の累積的な更新プログラムの適用 (SharePoint Server 2010 および言語パックを含む) (パート 2)

原文の記事の投稿日: 2011 年 8 月 24 日 (水曜日) 前回の投稿では、社内でホストされている Office Web Apps を実行しているユーザー向けに、インストールする必要がある SharePoint の Service Pack と累積的な更新プログラム、およびインストールの順序について説明しました。しかし、言語パックの更新プログラムを含めたシナリオが不足していました。これらの適用について質問がいくつかあったので、この投稿ではお使いの環境に応じた推奨事項について説明します。 お使いの環境に含まれる構成要素 適用する更新プログラム SharePoint Server 2010 + Office Web App ファーム + 言語パック 手順 1 : SharePoint Server 2010 SP1: http://support.microsoft.com/kb/2460045/ja-jp  手順 2 : Office Web Apps SP1: http://support.microsoft.com/kb/2460073/ja-jp  手順 3 : SharePoint Server 言語パック SP1:  http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=ecdb9e7b-7dba-4ca6-8683-5427925ae955 (インストールされている言語パック向けの…


Office Compatibility Tools Update 1 がダウンロード可能

原文の記事の投稿日: 2011 年 8 月 9 日 (火曜日) Office Compatibility Tools Update 1 は、Office Compatibility Tools に重要な修正を加えることによって信頼性とパフォーマンスの向上を実現しています。この更新プログラムは、Office Migration Planning Manager (OMPM)、Office Environment Assessment Tool (OEAT)、Office Code Compatibility Inspector (OCCI) など、既存の Office Compatibility Tools を対象としています。 内容 この更新プログラムでは、既存のツールにいくつかの修正を加えています。Update 1 のリリース ノートに、この更新プログラムが対処している問題が詳しく記載されています。Office Compatibility Tools Update 1 リリース ノートをダウンロードし、加えられる更新をすべて確認してください。Microsoft Word 版 | Microsoft XPS 版 (英語) アップグレード これらのツールの新しいバージョンへのアップグレードはサポートされていません。Update 1 バージョンのツールを使用するには、各ツールの再インストールが必要です。これまでの…


Microsoft Service Pack Uninstall Tool for Office 2010 をリリース

原文の記事の投稿日: 2011 年 8 月 24 日 (水曜日) Microsoft Office 2010 クライアント アプリケーション Microsoft Service Pack Uninstall Tool が使用できるようになりました。Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (SP1) をインストールした組織の管理者および上級ユーザーは、このツールを使用して Office 2010 を SP1 適用前の状態に戻すことができます。Uninstall Tool では、Office 2010 製品を完全に再インストールする必要なく Service Pack をアンインストールできます。 このツールは、「Microsoft Office 2010 クライアント アプリケーション Microsoft Service Pack Uninstall Tool」からダウンロードできます。 詳細については、「Microsoft Service Pack Uninstall Tool for Office…


現場からの声: “テーブル‘osWarning’ の列の型 ‘WarningInfo’ は小さすぎてデータを保持できません” という OMPM 問題を解決する

原文の記事の投稿日: 2011 年 8 月 25 日 (木曜日) Anthony Cafarelli です。近頃、私は Microsoft Consulting Services のコンサルタントとしてお客様の現場で OMPM スキャンを実行しながら得た役立つアドバイスの一覧をまとめました。このブログ投稿では、その知識の一部を分かち合いあいたいと思います。これは役立つと思っていただければ幸いです。 このブログ投稿で焦点を置いている問題は重要なエラーです。このエラーは、スキャンしたファイルの名前が非常に長い (250 文字を超える) と引き起こされます。したがって、非常によくある問題というわけではありませんが、次の手順を使用すれば、この状況に気付いたときにインポートに対処できます。データを OMPM データベースにインポートすると、次のエラー メッセージが出力されることがあります。 テーブル‘osWarning’ の列の型 ‘WarningInfo’ は小さすぎてデータを保持できません。 このエラーの意味は、インポート対象の XML ファイルのファイル名およびパスが osWarning テーブルの “Warninginfo” フィールドには長すぎる、ということです。この長さの問題のため、データはデータベースにインポートされず、その XML ファイルはスキップされます。一般に、このエラー メッセージは最終アクセス日または最終変更日の警告と一緒に表示されるので、通常はファイルがデータベース内にないという問題ではなりません。しかし、このファイルが複数の XML ファイルを含む .cab ファイルの一部だとしたらどうでしょうか (その可能性は高く、offscan.ini ファイルを変更してこれらの設定を変更していない限り、おそらく CAB には 10,000 個のファイルが含まれています)。これは、CAB ファイルに含まれているいずれかの XML ファイルをインポートできなければ、それらのファイルはいずれもデータベースに入らないという注意すべき重要なことです。この時点での選択肢は、次のとおりです。 1)      CAB ファイルがインポートされなかったことを無視し、正常にインポートされたその他の CAB/XML…


Excel Web App の活用 : Seattle Times が Excel Embed を使用して予備選挙結果を表示

原文の記事の投稿日: 2011 年 8 月 19 日 (金曜日) 今年初めに、Excel スプレッドシートを Web サイトやブログに埋め込むことによって Excel のスキルを Web まで拡張できる新しい優れた機能を公開しました。今週、Seattle Times は地方版で 2011 年度の予備選挙の最新結果を埋め込みの Excel スプレッドシートに表示してレポートしました。 チームとして、この機能が活用されているのを知り、とても感激しています。 Seattle Times – 最新の 2011 年度予備選挙結果 (英語) Web ページやブログ投稿 への Excel ドキュメントの埋め込みは簡単です。単にお使いのスプレッドシートを Windows Live SkyDrive にアップロードし、それを Excel Web Apps で開くだけです。その後、編集モードで [共有] をクリックし、[埋め込み] をクリックして、Embed コードをページにコピーするだけです。 このページでは、データの範囲、外観 (目盛線、ヘッダー、寸法など)、操作性 (閲覧者による並べ替えやフィルター処理を許可するかどうか) など、埋め込んだスプレッドシートを直接カスタマイズすることもできます。 Excel ドキュメントを埋め込む方法の詳細については、「Excel embed how-to…


Microsoft Assessment and Planning (MAP) Toolkit 6.0 のリリースを発表 – 新しい Office 365 対応準備評価機能を装備

原文の記事の投稿日: 2011 年 7 月 19 日 (火曜日) Microsoft Assessment and Planning (MAP) チームからの最新のリリースにより、組織はパブリック クラウドおよびプライベート クラウドへの移行計画を簡易化するツールを利用できるようになりました。Office 管理者が関心を持つのが、新しい Office 365 対応準備評価機能です。ここでは、その情報をお知らせします。 Office 365 対応準備についてクライアント環境を評価します。マイクロソフトの受賞歴のあるビジネス生産性ソリューションを使用してクラウドに移行することを検討している組織では、MAP 6.0 によって計画プロセスをより簡単に、より迅速にできます。MAP 6.0 には、ハードウェアおよびソフトウェアの対応準備評価を介して、環境に展開されている Office スイートと Office 365 との互換性を評価する Office 365 クライアント評価機能が組み込まれています。この評価により、組織は環境内のどのクライアント コンピューターで Office 365 を使用する準備が整っているかを速やかに判断できます。このツールは、あるコンピューターが Office 365 を使用できない理由に関するコンピューター レベルの詳細情報を取得し、環境内で現在使用されている Office スイートに Office 365 との互換性があるかどうかを識別します。 詳細情報 MAP のホーム ページ: http://technet.microsoft.com/ja-jp/solutionaccelerators/dd537566.aspxMAP チームからのダイレクトな最新ニュース: http://blogs.technet.com/mapblog…


App-V 向けの Office 2010 のシーケンス処理 パート 1 – 考慮事項

原文の記事の投稿日: 2011 年 6 月 15 日 (水曜日) アプリケーションの仮想化は、Office チームにいる私たちの心を揺さぶるテクノロジです。しかし、Office 2010 とオペレーティング システム、サーバー、および他のアプリケーションとの密接な相互作用により、固有の問題がいくつか発生しています。私たちは、こうした問題の一部を緩和するために Office 2010 Deployment Kit for App-V と Feature Proxies を提供していますが、App-V 向けに Office 2010 のシーケンス処理を行うにはある種の “技” が必要だと私は思います。そこで、App-V アーティストである 43Tc (英語) の Matt と Jason に、Office 2010 と App-V に関する彼らの実世界での経験を共有すると共に、App-V 向けに Office 2010 のシーケンス処理を行う際のガイダンスを提供してもらえるように依頼しました。このパート 1 では、Office 2010 と App-V について考慮すべき点を紹介します。 Office 2010 と App-V…


Office 365 のセキュリティ

原文の記事の投稿日: 2011 年 7 月 6 日 (水曜日) Microsoft Office 365 は、あらゆる規模の企業にエンタープライズ レベルのセキュリティを提供します。Office 365 のセキュリティ機能とテクノロジについては、Microsoft ダウンロード センターから入手できる次の記事を参照してください。 Office 365 のセキュリティの概要については、次の記事をダウンロードしてください。 Microsoft Office 365 のセキュリティ ホワイトペーパー Office 365 のセキュリティに関する包括的な詳しい解説については、次の記事をダウンロードしてください。 Office 365 Security and Service Continuity Service Description   Ross Carter、CISSP (TechNet の Office 2010 セキュリティ リソース センター) これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Office 365 Security」をご覧ください。