Microsoft Office 2010 アップロード センターはなぜ存在するのか


Microsoft Office 2010 アップロード センターはなぜ存在するのか

Microsoft Office 2010 アップロード センターでは、サーバーにアップロードされているファイルを監視できます。特に、Microsoft Office アップロード センターでは効率的なファイル転送 (EFT) と呼ばれる機能が使用されているため、SharePoint 2010 と Office 2010 アプリケーションの間の帯域幅の使用量が減ります。ファイルが SharePoint 2010 サイトに完全にアップロードされた後、Microsoft Office アップロード センターに残っている (Office ドキュメント キャッシュ内の) ファイルのローカル コピーは、編集用に小さい単位に分割されます。このファイルの分割は、SharePoint サイト上のアップロードされたファイルに対しても行われます。ファイルのローカル コピーを変更すると、EFT は変更部分だけを SharePoint サイトに送信します。その結果、ファイルを開くときの時間が短縮され、ダウンロードが完了する前にファイルの使用を始めることができます。

Microsoft Office アップロード センターにアクセスするには、通知領域の Microsoft Office アップロード センター アイコンをクリックするか、または [スタート] メニューから開きます ([スタート] (Start)、[Microsoft Office]、[Microsoft Office 2010]、[ツール] (Tools)、[Microsoft Office 2010 アップロード センター] (Microsoft Office 2010 Upload Center) の順にクリック)。

アップロード センター

Microsoft Office アップロード センターでは、キャッシュに格納されているすべてのファイルが一覧表示されます。ユーザーは、アップロード処理中のファイルの状態を監視できます。また、キャッシュの設定を管理して、ファイルがキャッシュに保持される期間を設定したり、必要に応じてキャッシュ内のすべてのファイルを削除したりできます。

Microsoft Office アップロード センターのアイコンをデスクトップから削除する

Office 2010 をインストールすると、Microsoft Office アップロード センターが自動的にインストールされます。必要に応じて、デスクトップからアイコンを削除できます。

  1. タスクバーまたはシステム トレイで、Office 2010 アップロード センターのアイコンを右クリックします。
  2. [設定] (Settings) をクリックします。
  3. [表示オプション] (Display Options) で [通知領域にアイコンを表示する] (Display icon in notification area) チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。アイコンがタスクバーまたはシステム トレイに表示されなくなります。

3upload

Microsoft Office アップロード センターの使用方法の詳細については、「Microsoft Office 2010 アップロード センター」を参照してください。

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Why is there a Microsoft Office 2010 Upload Center?」をご覧ください。


Comments (0)

Skip to main content