Excel 2010 のデータ視覚化機能

Excel チームが Excel 2010 のデータ視覚化の領域において、いくつかの強化を行い、 Excel チーム ブログに多くの詳細情報を投稿してきました。最初に、Excel チームはスプレッドシートを拡張するために使用できる視覚化の機能として、スパークラインを追加しました。   「私たちのチームでは、Excel 2010 に、”視覚効果が高く、シンプルで、文字と同じくらい小さく表示できるグラフィック” であるスパークラインを実装しました。スパークラインについては、発明者の Edward Tufte 氏がその著書『Beautiful Evidence』で説明しています。スパークラインは報告されている数字に意味とコンテキストをもたらすことに役立ち、グラフとは異なり、説明の対象に埋め込まれるように作られています…」       データ バーとアイコン セットが、重要な顧客のフィードバックに対処するために拡張されました。  データ バーに対する最も大きな要求の 1 つは、負の値のデータ バーでしたが、Excel 2010 で実装されています。   「Excel 2010 に負の値のデータ バーを導入しました。これは、負の値が含まれるトレンドの分析に役立てることができます。既定では、範囲内に大きな正の値がある場合に小さな負の値はセル長の半分を占めないものとして軸の位置を決定します。必要に応じて、軸の位置をセルの真ん中に指定できます。」       グラフにも強化点があり、特に、パフォーマンスとグラフのレンダリングに関するものです。   「今日の記事では、パフォーマンスに影響するグラフの重要な強化点の一部について概要を紹介します。Office 2007 では、Office のグラフで使用されるグラフィックス エンジンが、より複雑なレンダリングをサポートできるものに置き換えられました。この変更のマイナス面は、Office 2003 に関連する特定のシナリオにおいてパフォーマンスが下がることでした。たとえば、Office 2007 では、サポートされているアンチエイリアシングによって滑らかな線でグラフを描画できますが、スムージングの計算には時間のかかる複数のレンダリング パスが必要です。Office 2010 での最優先事項の一つはグラフのパフォーマンスを向上することでした。」    …


確認または否定

はじめに、皆様のサポートと熱意に感謝いたします。さらに多くのことがこれから実現されることをお約束します。既にお読みになったと思いますが、以下の 2 つのことをお知らせします。   1. Groove は SharePoint ワークスペースになります。  これは本当です。このニュースは Groove SharePoint ワークスペース チームのブログ (ここをクリック) でお読みください。   2. OneNote と SharePoint ワークスペースが ProPlus SKU に組み込まれます。  これも本当です。このことは VL のお客様にとってより重要なことですが、今日、公表させていただきます。変更に関する詳細については、これと他の OneNote ブログをお読みください。    OneNote に詳しくない方やこれまであまり使用されたことがない方は、www.iheartonenote.com にアクセスして、OneNote が実際にどのように使用されているかをご覧ください。このサイトは実在の OneNote ユーザーによって運営されていますが、一部信頼性の高くないコンテンツも含まれています。   お読みいただき、ありがとうございました。 Reed   追伸 まだお聞きになったことのない方のために、公式の Twitter タグは office2010movie です。今日インターネットに接続後、まだ目を通していないコメントがありますが、今晩中または明朝にはコメントをお返しします。 Posted: Wednesday, May 13, 2009 6:32 PM by reedshaff…


Backstage ビューの進化

Technical Preview ビルドの試用にご協力いただいた皆様に対して、新機能の Backstage ビューに関してこれまでにいただいたすべての貴重なフィードバックに感謝いたします。Technical Preview ビルドのリリース以降、Backstage ビューに対して行われた設計変更の紹介のご要望を多数いただいています。これらの変更の一部について、このブログで説明します。ここでお見せするスクリーンショットは、今秋リリース予定の Beta 版の暫定的なビルドから取得したもので、今後変更される可能性があることにご注意ください。ユーザビリティ ラボで得られた情報に基づいて設計の調整を続けていきます。Technical Preview を試用されている皆様からのフィードバックを引き続きお待ちしています。 [ファイル] ボタンこのリリースの開始当初から、[印刷]、[保存]、[開く] などの一般的なコマンドを Office 2007 より見つけやすくすることに取り組んできました。Office 2007 で Office メニューを作成した際に、Fitt’s Law (フィッツの法則) に対して最適化しました。この法則によると、マウスを左上隅に置いておき、これらのコマンドにアクセスすると、操作が非常に容易になります。Office ボタンをすぐに発見したユーザーにとって、これは Office を使いやすくするための、小さくてもすばらしい機能でした。残念ながら、この設計は従来の形ではなく、私たちが追加した残りのリボン UI とも異なっていたため、一部のユーザーにとって Office ボタンを最初に見つけるのは簡単ではありませんでした。Office ボタンを見たユーザーの多くは、それが機能を実行するボタンではなく、ブランドを示す装飾と思われたようです。 Technical Preview ビルドでは、このフィードバックへの対応に踏み込みました。最初に、Office ボタンを他のリボン タブと同じ行に置きました。 Office ボタンの位置が、ユーザーがこれを装飾用ロゴと思ってしまう最も大きな要因だったためです。次に、形も装飾的な丸いボタンからタブに見えるようなボタンに変更しました。最後に、矢印をボタンに追加して、クリックできることに気付きやすくしました。 このような変更によって、ユーザーが最初にこのボタンをすばやく見つけることができるかという観点からのユーザビリティ テストにおいて、格段の進歩が見られるようになりました。しかし、初めて見たときの見つけやすさをさらに向上する必要があると考えています。つまり、このボタンは、アクセスできる機能を容易に見つけられるようなものでなければならないということです。ユーザビリティ ラボでは、”ファイル” のような言葉の表示こそが UI に求められているものだというご意見をユーザーの方々からいくつもいただきました。これまで長い間慣れ親しんできた [ファイル] メニューから [名前を付けて保存]、[印刷] などのコマンドを選ぶ方法は、確かに急には変えることができない習慣です。そこで、いただいた多くのご意見を取り入れて、Beta リリースではタブに “ファイル” ラベルを付けました。これによって、ユーザビリティ ラボでは大きな成果が表れ、Backstage…


Microsoft Office Backstage (パート 3 – [情報] タブ)

こんにちは。私は Office User Experience チームでプログラム マネージャーを務める Marina です。これまでのブログ投稿で、新しい Backstage ビューについてご説明し、この機能が印刷エクスペリエンスの向上にどのように役立つかについて、お読みいただきました。今回は、Backstage ビューを開いたときに表示される既定のタブ、[情報] タブについてご紹介したいと思います。 ドキュメントの作業を行うときはいつでも、ドキュメントの現在の状態に関して利用できる大量の情報があります。残念ながら、この情報を実際にすべて表示するのはあまり簡単なことではありません。また、表示される場所も、ダイアログ、タイトル バー、ステータス バー、プロパティ ダイアログ、さらには Windows エクスプローラーに至るまで、アプリケーションのさまざまな部分に散らばっています。常に表示される情報 (ステータス バーに表示される文字カウントなど) がある一方で、探す方法を知っていなければ表示できない情報もあります (ファイルのプロパティで表示されない個人情報はありませんか)。さらに、Office アプリケーション内からアクセスできない情報さえあります (ファイルへのフル パスはおわかりですか)。 ユーザーのドキュメントの情報は、製品内のさまざまな場所で見つけることができます。 Office 2010 では、ユーザーのドキュメントに関して利用できるすべての情報を 1 つの便利な場所で確認する方法を提供しています。それに止まらず、この情報をすぐに利用できるようにしているので、ユーザーが自分自身で探し回る必要はありません。作成したファイルを就職の応募先に送信する前にいくつもの機能を実行する手順を覚えておく必要はなくなりました。また、自分のドキュメントの状態が不明な場合、ドキュメントをパブリック共有に保存する際にそのことを通知できるようになりました。 Backstage ビューの [情報] タブは、次のすべての情報が整理される場所です。 ドキュメントの作業を便利にすることに役立つ [情報] タブには多くの機能が表示されますが、私のお気に入りの機能をいくつかご紹介します。 ドキュメントの最も基本的なプロパティをいくつか覚えておくと、操作を決定するのに役立つことがあります。[情報] タブを使用すると、ドキュメントがいつ最後に変更されたか、だれが変更したかをひとめで確認することができるようになりました。ドキュメントのファイル サイズについても、いったんアプリケーションから離れて Windows エクスプローラーで検索しなくても確認できます。 これまで Office アプリケーション内から実行することが容易ではなかった他の操作の 1 つに、作業中のドキュメントのフル パスを取得することがあります。このパスが [情報] タブに表示されるようになったので、必要なときにいつでもコピーして貼り付けることができます。 ドキュメントが誤って変更されないように保護しながら、必要な場合に編集できるようにするには、[最終版にする] 機能を使用します。[情報] タブでそのドキュメントを最終版にすることを示すためのラジオ ボタンをクリックするだけです。…


Office 2010 エンジニアリング ブログへようこそ

    今週、限定されたテスト用の Office2010 Technical Preview (テクニカル プレビュー) の提供について発表を行いました。これからの数か月で、テクニカル プレビューの利用者の皆様から Office2010 について多くのことを学びたいと考えています。同時に、このブログを使用して、Office に追加された新機能の一部を重点的に説明します。このブログに加えて、既存の Office チームのブログで多数のコンテンツを参照できます。さらに http://www.office2010themovie.com の Web サイトでは、Office2010 の開発に携わる人々や設計と開発の背景にあるアイデアについて説明する一連のビデオを提供しています。   このブログでは、さまざまなトピックについて説明しますが、Office を使用する際の実際の操作を中心に説明します。幅広い層の Office ユーザーにとって一般的に興味深いトピックや、多様な Office アプリケーションについて説明します。特定の Office アプリケーションに関しての詳細な議論については、よく知られている既存の Office アプリケーション チームのブログを参照します。   まず最初は、製品の改善のためにユーザーのフィードバックを活用する方法と、テクニカル プレビューでの新しいフィードバックのメカニズムについての投稿です。それに続くのは、新しい Office Backstage の UI についての投稿です。ぜひコメントをお寄せください。ご意見をお待ちしております。   PJ Hough (Office チームを代表して) Posted: Tuesday, July 14, 2009 8:09 PM by reedshaff Filed…


Word 2010 について

このブログでは、すべての Office 2010 アプリケーションに関わる多数の新機能 (Microsoft Office Backstage など) についての議論を既に始めています。これらの機能に関して寄せられている多数の投稿に加えて、他の製品の機能や、チームのブログの興味深い投稿についても、随時説明します。 Word 2010 で実現される新しい改善点については本当に楽しみにしています。Word 2010 では、Word の使い慣れた操作の新たな環境 (サーバー、携帯電話、およびブラウザーなど) での実現から、最先端の共同編集、ドキュメントのナビゲーション、グラフィック、および文字修飾の効果の機能まで、さまざまな新機能によって、個人でもグループ作業でも、かつてないほど簡単に、表現力豊かなドキュメントを作成できるようになります。 Word 2010 の詳細については、Word チームのブログの、Scott と Jonathan による投稿を参照してください。 Posted: Friday, July 31, 2009 5:24 AM by OffTeam Filed under: Word これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、http://blogs.technet.com/office2010/archive/2009/07/31/introduction-to-word-2010.aspx をご覧ください。


キックオフ

このブログは、IT の専門家や関心をお持ちの方々に Office 2010 の成り立ちをより深く知っていただくことと、ユーザーにとって重要な問題を議論することを目的として、Office チームによって作成されています。新しいバージョンの Office についてお話しするのを非常に楽しみにしています。皆様のご参加をお待ちしています。     Posted: Monday, May 11, 2009 5:14 AM by reedshaff Filed under: 一般 これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、http://blogs.technet.com/office2010/archive/2009/05/11/kicking-it-off.aspx をご覧ください。


リアルタイム プレビューの貼り付け – 強化された貼り付けオプション

Office ユーザー エクスペリエンス チームのプログラム マネージャー、Mirko Mandic です。  今日の投稿は、Office のコマンドの中で最もよく使用される “貼り付け” の、Office 2010 での改善点に関するものです。  “貼り付け” は便利なコマンドですが、期待したように動作してくれないことがあります。  ユーザーからのフィードバックと、使用状況のデータ (“貼り付け” は、最もよく元に戻される動作です) から、貼り付けられた部分が期待したとおりにならないことがよくあるのがわかります。  そのままで貼り付けられた部分の書式を正しい状態に変更するのには、時間がかかる場合があります。  “貼り付け” を元に戻したり、やり直したりすることは、面倒で、仕事の流れを妨げます。  美しいドキュメントを完成させるためのちょっとした寄り道のはずが、(あるユーザーの言葉を借りれば) 追加の “修繕費” が必要になるような、複雑なタスクになってしまう場合があります。   Office アプリケーションに貼り付けを行うときに望ましい結果になるように、独創的な方法を見つけていた Office ユーザーもいます。  たとえば、一部のユーザーによると、書式設定を外すために、Office アプリケーションに貼り付けを行う前にメモ帳を “経由する” とのことでした。  Office の以前のバージョンには高性能な貼り付けツールがありましたが、十分に利用されていませんでした。  [形式を選択して貼り付け] ダイアログで、特定の貼り付けの形式 (数式や書式設定のみの貼り付けなど) を選択することによって、目的とする結果を実現できました。  残念ながら、これらのツールを見つけたユーザーはわずかでした。  また、ツールを利用する場合にもいくつか課題がありました。貼り付けの形式の名前が、結果を示す十分な説明になっていないことが多く、このダイアログを経由しての貼り付けには、クリックが何度か必要で、マウスの移動が多く必要でした。 Office の “貼り付け回復” の機能で、貼り付けが行われた後に、別の貼り付けオプションを使用できるようにすることによって、貼り付けがうまくいかなかったものの修正を支援するようになっていました。  Word では、[オプション] ダイアログで、既定の貼り付けの形式を変更できます。  一部のユーザーからはこれらの機能の便利さをご評価いただきましたが、[形式を選択して貼り付け] ダイアログと同様に、見つけやすさと効率の問題で、幅広くは利用されていないようです。 Office 2010 では、[形式を選択して貼り付け]…