Project 2010 の紹介

Project 2010 の紹介 Project 2010 クライアント リリースでは、使用開始の簡単さ、計画立案の簡単さ、そしてレポート作業の簡単さを向上することに注力しました。この投稿では、Project 2010 の注目ポイントをいくつか簡単にご紹介します。より詳しい情報については、Project チームの公式ブログの投稿をご覧ください。 使用開始の簡単さ 最初に目につく変化は、メニューとツールバーがなくなり Office Fluent UI になったことです。これにより、よく使うコマンドを簡単に見つけることができます。次の図は、Project のリボンの [タスク] タブです。 また、コピーと貼り付けの動作が改良され、箇条書きリストを Project に貼り付ける際に階層構造と書式が保たれるようになりました。下の図のタスク 11 のように、行の折り返し表示も可能になりました。 計画立案の簡単さ 上の図を見て、必要なものが足りないと思った読者もおられるでしょう。目の錯覚ではなく、タスクの期間と日付が表示されていないのは本当です。これは、ユーザー指定のスケジュールという新機能のせいです。ユーザー指定のスケジュールは予定の管理と使い勝手のよさを同時に実現するものであり、これを使用すると、自分のスケジュールを思いどおりにコントロールできます。タスクの情報にまだ不明確な点がある場合は、その値を無理に入力する必要はありません。固定しておきたいタスクがある場合は、タスクを自動的に移動させないようにし、スケジュールに問題が生じる可能性がある場合に警告を表示させることができます。 Project 2010 では、タスクのスケジュール設定方法として自動および手動 (新機能のユーザー指定のスケジュール) のどちらかを選択できます。スケジュールを自動設定にしたタスクは、従来のリリースにおけるタスクとまったく同様に機能します。一方、手動設定にしたタスク (プッシュピン アイコンで表示されているタスク) は明確に変更操作をしない限り移動しません。 上の図の説明: タスク 1 はトップ ダウン サマリー タスク、つまり上位の計画を表すタスクであり、サブタスクの重ね合わせ結果とは別の期間や日付を設定できます。青いバーが実際のサブタスクを重ね合わせた結果です。このように、両者が一致している必要はありませんが比較することは簡単にできます。初期の計画作業において、ある段階を実施できる日数が確定していることを示すのに便利です。 タスク 2 は自動設定スケジュールのタスクです。従来バージョンの Project におけるタスクと同様に機能します。 タスク 3 は手動設定スケジュールのタスクです。たとえ先行タスクのスケジュールに変動があっても、このタスクが自動的に移動することはありません (下の図も参照してください)。この機能を使うことで、固定的なイベントを簡単に設定できます。 タスク 4 とタスク 5 は、プレースホルダー…


かんたん起動 : 21 世紀の Office 製品提供テクノロジー

かんたん起動の紹介 最新鋭のソフトウェアを試してみたいタイプの読者なら (また、Office Engineering ブログを読むタイプの皆さんなら…)、新しいソフトウェアを初めて使ってみるときの苦痛をよくご存じでしょう。私は Paul Barr です。私がリード プログラム マネージャーを務める Office 2010 “かんたん起動” チームでは、ユーザーの皆さんの気持ちを考えながらこの機能を作り上げました。ここでは、「Microsoft Office 2010 を試用および購入する新しい方法」で発表されたテクノロジーについて、より詳しい内容をご紹介します。 豊富な機能を持つ Office のようなプログラムも、インターネット上での提供方法については 10 年前からあまり変わっていません。自己解凍型の実行形式ファイル、署名によるファイル セキュリティの確保、そしてダウンロード マネージャーといった工夫はありますが、大規模なアプリケーションのダウンロードとインストールにまつわる次のような大問題に対しては、どの工夫も十分な解決策になっていません。 まず、とにかく時間がかかること。Office には膨大な機能とコンテンツが盛り込まれていますが、それだけにサイズも巨大なので、全体をダウンロードし、インストールして実行するには長い時間が必要です。このため、ユーザーが今やろうとしている作業に新製品を使ってみたくても、現実にはそう気軽に試せません。 アプリケーションが最新版でなくなっている場合がよくあること。ダウンロードしたばかりの最新ソフトウェアなのに “今すぐ更新プログラムを適用してください” と要求された経験が何度もあるのではないでしょうか? 新しいバージョンをインストールすると、古いバージョンのアンインストールが必要になったり、別のインストール済みソフトウェアに問題が発生したりする場合が多いこと。 かんたん起動とは かんたん起動は、Office 製品チームが開発した、ソフトウェア提供の新しい仕組みです。米国マサチューセッツ州ケンブリッジの Microsoft App-V チームが実現した仮想化およびストリーミングのテクノロジが、かんたん起動の基礎技術となっています。家庭用ブロードバンド接続環境 (1 Mbps 以上) で快適に使えるように作られており、3 つの大きな特長があります。 すぐに使えること。ストリーミングにより、ホーム ユーザー環境で Office を実行するまでの所要時間は最短 90 秒 (平均 5 分未満) です。通常のダウンロードと比べ 10% 程度のわずかな時間で使い始めることができます。しかも、これは “クラウド上” で実行されるのではありません。お使いの…


妥協しないコラボレーション

最近では、Office ドキュメントに関する話題といえば、ほとんどが “コラボレーション”、”チームワーク”、”共有” に関するもののようです。とはいえ、チームに 4 人もメンバーがいては、期末レポートで A がとれません。また、作成したビジネス プランに 30 人ものレビュー担当者が関与するのでは、昇進もままなりません。最近では、あらゆる仕事を成し遂げるために共同作業が欠かせないようですが、どんな仕事でも成果が重視されることには変わりません。 あいにく、近頃では、シンプルなコラボレーションと、機能豊富で洗練された成果物のどちらかを選ばなくてはなりません。前者を選んだ場合、だれでもドキュメントに簡単にアクセスできますが、機能は “そこそこ” の Web ツールを使用することになります。そのため、成果物を完成させるには、その Web ツールでサポートされない要素を追加するために、最終的に多くの時間を費やす必要があるでしょう。後者を選んだ場合、大勢の共同作業者から送られてくる、あらゆるバージョンの電子メール添付ファイルに対応しなければならず、頭痛がするほど煩わしいことになるでしょう。成果物のレイアウトとデザインが、コラボレーション プロセス全体を通じて維持されるとはいえ、その間ずっと、他の共同作業者の追加した要素を判読し、理解しなければならないという負担が生じます。   Office チームでは、品質に妥協しないコラボレーションという、理想の共同作業の実現のために尽力しています。作成する成果物の種類を問わず、お客様が コンテンツの作成と管理にまつわる関連タスクではなく、コンテンツそのものに集中したいと考えるのは当然です。Word、PowerPoint、OneNote における共同作成作業では、お客様が Microsoft Office に対して期待する品質とユーザー エクスペリエンスについて一切妥協することなく、同じコンテンツを同僚や友人と同時に編集できます。ドキュメントを SharePoint 2010 または Windows Live に保存すれば、Office Web Apps は、Office 2010 クライアント アプリケーションの強力なパートナーとして機能します。Office Web Apps を使用すれば、たとえ Office 2010 クライアント アプリケーションを持っていなくても、機能豊富なコンテンツへのアクセスとその共有ができるようになります。詳細については、Web App ブログをお読みください。 Office 2010 デスクトップ アプリケーションと、SharePoint 2010 または…


Office 2010 のモビリティ

Microsoft Office 2010 があれば、職場でも自宅にいても、タクシーや飛行機で移動中でも、PC、ブラウザー、または携帯電話のいずれを使用している場合でも、どんなときでも仕事で能力を存分に発揮する新しい道が開けます。Office 2010 なら、さまざまな方法で事実上どこからでもファイルにアクセスできるため、安心です。 水曜日に行われた Office 2010 Beta の発表で、Office Mobile 2010 のベータ版が公開されたことをお知らせしましたが、本日の投稿では、モビリティ関連の機能について詳しく説明したいと思います。特に、モバイル インフォメーション ワーカーの携帯電話使用時の生産性を向上するツール群として Office 2010 が活躍する場面について、詳しく説明します。 基本的に、モバイル インフォメーション ワーカーは、主に 2 つの手段で Office ドキュメントを操作できます。所有している携帯電話の種類に応じて、どちらか適した方法を選択できますが、利用できる方法が限定される場合もあります。1 つは、Microsoft Office Mobile 2010 を利用する方法で、もう 1 つが Microsoft Office 2010 Mobile Viewer を利用する方法です。これら 2 つの方法についてこれから詳しく説明しますが、端的に言うと次のとおりです。 Windows Phone を使用している場合 両方のオプションを利用できます。Office ドキュメントを修正する場合は、Office Mobile 2010 アプリケーションを使用できます。これは、Microsoft Office クライアント アプリケーションのユーザーが慣れ親しんだ、優れたユーザー エクスペリエンスを提供します。単にすばやくドキュメントを確認したい場合は、ドキュメントをモバイル IE ブラウザーで表示する…


PowerPoint 2010 の新しいメディア機能

PowerPoint チームのブログには、Office 2010 で実現される新しいメディア機能について、いくつか投稿されています。以下は、PowerPoint チームの Allen Huang の投稿からの抜粋です。   PowerPoint 2010 の新機能の中心となるものの 1 つは、オーディオやビデオのコンテンツの説得力を効果的に利用できるマルチメディア機能の実現です。帯域幅、コンピューターの処理能力、およびメディア デバイスの向上によって、あらゆる分野でコミュニケーションを豊かにするためにメディア (特にビデオ) が使用されているのを目にします。この数年で、PowerPoint のビデオ機能について多数のフィードバックが寄せられました。2010 で実現されるこの機能で、信頼性だけでなく、楽しさも提供できることを大変楽しみにしています。   詳細 (およびビデオ機能の概要) については、こちらの Allen の投稿を参照してください。さらに、PowerPoint 内からのメディアのトリミングについての投稿や、メディアを活用したプレゼンテーションの他のコンピューターでの共有や提示が簡単にできる新しいマルチメディア機能についての投稿もあります。   どうぞお楽しみください。 Posted: Thursday, August 20, 2009 10:42 PM by OffTeam Filed under: PowerPoint これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、http://blogs.technet.com/office2010/archive/2009/08/20/new-media-features-in-powerpoint-2010.aspx をご覧ください。


PowerPoint 2010 について

セクション スライド編成機能と無制限のウィンドウを開く機能に関するブログにおいて、PowerPoint チームは PowerPoint 2010 に含まれる有用な多くの新機能について公開を始めました。概要の紹介で述べられているように、新しいバージョンのソフトウェアを使用すると、プレゼンテーションの視覚効果が向上します。PowerPoint チームは、ごく最近、製品に直接組み込まれた高度なビデオ サポート機能を発表しました。 PowerPoint チームのブログにアクセスして、PowerPoint 2010 に含まれる新しい機能とそれらの機能の開発にまつわるストーリーをお読みください。 Posted: Saturday, August 08, 2009 12:03 AM by OffTeam これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、http://blogs.technet.com/office2010/archive/2009/08/08/introducing-powerpoint-2010.aspx をご覧ください。


Office 2010 アプリケーション セキュリティ

こんにちは、Office セキュリティ チームの Brad です。私たちのチームでは、Office 製品ラインを強化するセキュリティ機能を構築すること、および、セキュリティ開発ライフサイクル (SDL: Security Development Lifecycle) の一環として、部門全体にわたってセキュリティ エンジニアリング プロセスを推進することという 2 つの重要な分野に取り組んでいます。 まず、Office 2010 のいくつかのセキュリティ新機能に関する基本的な方針、つまり、私たちチームの目標と、その目標をどのように考えるかということから始めたいと思います。Office の出荷については、私たちがどう思うかではなく、皆様がどう思われるかが重要ですので、Technical Preview をお試しいただき、私たちが皆様のご期待に沿うことができているかどうか、Send-a-Smile ユーティリティを使ってお気軽にフィードバックをお送りください。 常にハッカーの先を行く 最初に、”なぜ” と疑問を持つことはいいことです。私たちがこのことに努力を傾注し、時間を費やすのはなぜでしょうか。また、その目的は何でしょうか。セキュリティの状況が変化するにつれて、残念なことに、Office はハッカーの次の攻撃の大きな的の一つとなっています。ハッカーは、Office の多くのファイル形式パーサーと Office ファイルを読み取る方法を研究してきました。彼らは、バグを利用して、自分たちのコードをユーザーのコンピューター上で実行させようと目論んでいます。これまでもバグの発見と修正に多くの作業を費やしてきましたが、すべてを発見することはできません。予防措置的な対策を推し進め、攻撃からの回復力の高い Office を構築することを必要としています。 このために、ファイルを開くプロセスの一部として Office ドキュメントが通過しなければならない多層防御を設計しました (私たちはこれを新しいセキュリティ ワークフローと呼んでいます)。私たちはこのプロセスをできる限り隠すようにしているので、ファイルを開くときに気が付くほどの遅れがなく、セキュリティに関する質問のダイアログも表示されません。 ファイル制限機能の向上 設計したセキュリティ ワークフローには、目標を達成するものと考えているいくつかの重要な機能があります。最初に、Office 2007 で導入したファイル制限機能を強化しました。アプリケーション内で構成できるようになり、Word、Excel、および PowerPoint で対応するファイルの種類が開かれるときの処理をより細かく管理できるようになりました。 Office ファイル検証機能: 存在を意識されない、不可欠な要素 もう一つの機能は、Office ファイル検証機能と呼ばれる新しいバイナリ ファイル検証システムです。脆弱性への攻撃の大多数は、XML バージョンになる前の古いファイル形式に対するものなので、Word、Excel、または PowerPoint で開く前に、それらのファイルがドキュメント化された形式に準拠していることを確認できるようにファイルを検証できるシステムを構築しました。この機能は Publisher 2007 で実装されましたが、有効に機能しています。Office…


ユーザーに配慮した設計

Office 2010 ユーザー研究および設計 Microsoft の Office Design Group (ODG) で、ユーザー エクスペリエンス リサーチ リードを務めている Shawn Lipstein です。本日の投稿では、ちょうど良い機会なので、ODG とは何か、また、ODG の業務内容についてご紹介しようと思います。さらに、今後の投稿内容についても少しだけご紹介しようと思います。 ODG と業務内容について ODG は、ユーザー エクスペリエンスの設計者とユーザー エクスペリエンスの研究者で構成されています。ODG の業務内容は、ソフトウェア製品のエンドユーザーの代役を務めることです。ODG は、Office 内の製品チームと共同で、ユーザーが何を必要としているかを把握し、魅力ある機能を作成しています。どのようなエンドユーザーがどのような作業を行うかを理解することを通じて、より良いソフトウェアを構築することに努めています。 ユーザーの要件を把握し、魅力的な機能を作成する方法はいくつかあります。たとえば、ユーザー エクスペリエンスの研究者は、実際に現地を訪問するなどして、製品開発サイクルの初期にユーザーの要件を把握します。現地訪問では、実際に現地のユーザーを訪問し、ソフトウェアをどのように利用して業務を行うかを観察します。また、ラボでの研究も行います (下の写真を参照)。この研究では、ユーザーに、管理されたラボ環境内でいくつかの現実的なシナリオに沿って作業を実施していただきます。それらの研究を行いながら、私たちは、製品開発サイクルの段階に従って、紙に絵を描いたものと変わらないほど原始的なプロトタイプから、実際のワーキング ビルドまでを使用します。 初期ワーキング ビルドで研究中のラボの様子 また、ユーザー エクスペリエンスの設計者は、設計上の難題を革新的な方法で解決することにも努めています。その 1 つとして、ワイヤー フレーミングという方法を採用しています。この方法では、設計の基本的な概念を表す青写真を描きます。また、非常に正確な図とワーキング プロトタイプまで使用して、ソリューションの試作を何度も繰り返して、対話操作、外観と印象、およびアニメーションのあらゆる可能性について綿密に検討します。 下の図は、”Office 2010 Backstage” のワーキング ビルドが基本的な概念図から作成されるまでの過程を示しています (各画像をクリックすると、拡大表示されます)。 1. 開発サイクルの初期段階では、手書きの概念図を多数作成します。 2. ワイヤー フレームにより、アイデアをさらに練り上げて、レイアウトとバランスを検討します。 3. 高精度のレンダリングを行って、最終的な外観と印象を決めたら、残りのチーム メンバーに決定事項を明確に伝えます。    …


Windows Live への Office Web アプリケーションの公開

Nick Simons が Office Web アプリケーションのブログに投稿しているように、今日は Office 2010 チームにとって記念すべき日です。 Windows Live ユーザーの一部の方々を対象に、Office Web アプリケーション テクニカル プレビューの一部として Excel、Word、および PowerPoint Web アプリケーションを提供できるようになりました。現段階ではそれほど多くの機能は提供されませんが、今後拡張される予定です。Office 2010 のリリースが近づくにつれて、より多くの Windows Live ユーザーの方々に Office Web アプリケーションを提供していきます。 今回提供される Office Web アプリケーションには、Word、Excel、および PowerPoint の各ファイルをブラウザーで忠実に表示する機能が含まれています。また、Excel と PowerPoint のファイルを編集することもできます。今後は OneNote Web アプリケーションも加わり、Word ファイルの編集機能も追加される予定です。このブログを定期的にご覧になり、今後の機能の詳細についてご確認ください。 本日、招待状が届いていない場合は、Office 2010 Beta に関する早期通知にサインアップしてください。Office 2010 Beta の試用時期をご連絡いたします。 Windows Live の Brian Hall が、Windows Live…


信頼済みドキュメント

こんにちは。Maithili Dandige です。マイクロソフトで Office セキュリティ チームのプログラム マネージャーをしています。このリリースでは、Office ファイル検証機能、推奨設定、ドキュメント検査機能の強化、および信頼済みドキュメントなどのセキュリティの機能とプライバシー関連の機能を担当しています。今後の数か月間で、それらの機能をすべてご説明します。今日ご説明するのは、セキュリティ機能に関わるユーザーの操作性を向上させるシンプルな機能強化である、信頼済みドキュメント機能です。セキュリティ チームが担当した他のセキュリティ機能については、こちらでご覧いただけます。信頼済みドキュメントによって、Office セキュリティ センターによってブロックされる、マクロ、ActiveX コントロール、データ接続やその他の種類のアクティブ コンテンツを含む Office ドキュメントで作業するときに表示されるセキュリティの確認のメッセージの数が減り、エンドユーザーの方々と同じように、私自身が長い間感じていたフラストレーションが和らぎます。 信頼済みドキュメントの動作の詳細を見ていく前に、この機能を開発した理由について少しだけお話ししたいと思います。Office 2007 より前のバージョンの Office では、ドキュメントを開く前に、マクロや他の種類のアクティブ コンテンツに関してのモーダル ダイアログ ボックスが表示されます。そのダイアログは有用でしたが問題もありました。ファイルを操作できるようになる前に「マクロを有効にしますか」という確認のダイアログが表示されました。マクロを有効にする必要のない多くのユーザーも、単にドキュメントを参照するだけでよい場合が多いにもかかわらず、マクロを有効にしていました。 Office 2007 では、この問題は修正されました。ドキュメントを開く前にモーダル ダイアログ ボックスが表示されない代わりに、メッセージ バーと呼ばれるものが表示されます。ドキュメントの閲覧や編集を安全に行うことができ、セキュリティの警告に後から対応できるので、これは大きな進歩でした。残念ながら、ユーザー自身が作成したマクロが使用されているドキュメントや、毎日行われるデータ接続が使用されているブックについては、メッセージ バーで毎回コンテンツを有効にする必要がありました。次のタスクに進むのに余計に 2 回クリックが必要になるだけでなく、ドキュメントに関して実際のセキュリティ上の利点を得られていない感じがするので、この状態は、ユーザーの操作性としてはもどかしいものになる可能性があります。理由は次のとおりです。 a) まず、あるドキュメントへの信頼に関して考えを変える可能性がどの程度あるでしょうか。一度コンテンツを有効にしたら、ドキュメントを適切に使用する必要があるので、次の機会にも同じようにするのはほぼ確実です。 b) 次に、悪意を持ってマクロや他の種類のコンテンツが作成されていれば、最初にマクロを有効にしたときにコンピューターのセキュリティに問題が発生していると考えられるので、同じファイルに対して次の機会に確認を求めることで、セキュリティ上の利点は追加されません。 このことが、信頼済みドキュメント機能と呼ばれる進化したセキュリティ機能をユーザーに提供する動機になりました。Office 14 では、どのアクティブ コンテンツを有効にしていたか記憶されていて、次に同じドキュメントを開いたときに再度確認を求められることはありません。 では、信頼済みドキュメントとはどのようなものでしょうか。信頼済みドキュメントによって、1 回のクリックのみの手順で、あるドキュメントでアクティブ コンテンツ (たとえば、マクロ、ActiveX コントロールなど) を常に有効にすることができます。信頼に関する決定はファイルに記憶され、次にファイルを開くときにセキュリティの確認のメッセージは表示されません。 この機能により、ユーザーの操作の流れに近づきます。マクロを使用するドキュメントを作成する場合、次にそのドキュメントを開くときにはマクロを有効にするための確認が求められないようにしたいと考えます。また、同僚からピボット テーブルを含む日報のドキュメントを受け取る場合、更新版が必要になるたびに信頼済みサーバーへのデータ接続を有効にする、ということはしたくありません。また、複数のフォルダー (SharePoint、ネットワーク共有、デスクトップ、電子メールで受け取った添付ファイル) からドキュメントを開く場合もあります。そういったドキュメントを開くたびにそれらのファイルを信頼済みのフォルダーへ移動する、ということもしたくありません。前述のすべての場合に、信頼済みドキュメントが役立ちます。 コンテンツを最初に有効にしたときに、そのことが記憶されるので、そのドキュメントの信頼に関する記録が変更されない限り、コンテンツについてのセキュリティの通知にわずらわされることがなくなります。 信頼済みドキュメントを使用すると、信頼に関する情報がファイルごとに記録されます。信頼に関する記録はローカルのレジストリの CURRENT USER のセクションに追加されます。また、その記録にはドキュメントの作成時刻などの他のデータと一緒にファイルの完全なパスが含まれます。「信頼に関する記録」は特定のコンピューター上に保存されるので、別のコンピューターでファイルを開く場合は再度確認を求められることに注意してください。また、信頼に関する記録を構成しているのはファイルのパスのみではないので、既存の信頼済みドキュメントと同名の悪意のあるドキュメントによる置換などのソーシャル…