スタッフ ワーカー・モバイル ワーカーの働き方を改善する Microsoft StaffHub の活用

こんにちは、プロダクティビティ担当の佐藤 J です。 今年の初めに Office 365 サービスに含まれる形で、Microsoft StaffHub というソリューションがリリースされたのはご存知でしょうか。 Title: Microsoft StaffHub のご紹介 URL: https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_office_/2017/01/16/microsoft-staffhub-is-here/ これまでデスク ワーカーを中心にご利用頂くことが主流であった Office 365 において、Microsoft StaffHub はスタッフ ワーカー・モバイル ワーカー (最前線で顧客対応をするケースも多く、まさに “企業の顔” となる従業員です!) を対象としたソリューションとなっています。今回はこちらについてご紹介します。   Microsoft StaffHub がリリースされた背景 日本においては政府の推進する働き方改革の影響もあり、デスク ワーカーについては BYOD や在宅勤務など、時間や場所を問わず、生産性を高めるための仕組み作りが進んでいます。一方で、工場で働くユーザーやアルバイトなどのスタッフ ワーカー・モバイル ワーカーについては紙ベースでの情報共有や対人でのコミュニケーションなどから脱却できていないケースがまだまだ多いのが現状です。デスク ワーカーとスタッフ ワーカー・モバイル ワーカーについて、代表的な 3 つのポイントで状況の違いをまとめると以下のようになります。 スマートフォンを代表に個人で所有する高機能なデバイスが爆発的に普及した今 (弊社が実施した従業員へのインタビューではスマートフォンの普及率はなんと 92 % でした!) 、それらを使用して、スタッフ ワーカー・モバイル ワーカーについてもその働き方を改革し、作業の現場から生産性を上げていき、企業全体としての競争力を上げていくことの必要性が増しています。   Microsoft StaffHub とは?…