不審なメール、拡散されてませんか ? Office 365 側からまとめて管理することができます! ~Windows Defender Advanced Threat Protection と Office 365 Threat Intelligence の連携について~

こんにちは!セキュリティ担当の荒木 さつきです。 皆様もすでにご存知かと思いますが、Office 365 は企業・組織の IT 管理者向けの様々なサービスを提供しております。今回はその中から Office 365 Threat Intelligence (O365 TI) を使った、Windows 10 Defender ATP (WDATP) との連携機能を動画を交えながらご紹介させていただきます。   1. Defender = アンチウイルスではありません! 本題に入る前に Windows 10 のセキュリティ機能を簡単に紹介します。皆様は「Windows Defender」という言葉から何を想像されるでしょうか ? 多くの方が、アンチウイルス ソフトを想像されるかと思いますが、それは Windows Defender のごく一部の機能でしかありません。現在、「Windows Defender」は Windows エンドポイント セキュリティを包括的に担保するブランドとして以下のセキュリティ機能を有しています。 今回、O365 TI と連携する Window Defender Advanced Threat Protection (WDATP) は、エンドポイント セキュリティにおいて Endpoint Detection and Response (EDR)…


Power BI で Skype for Business の活用状況を可視化する -1-

みなさん、こんにちは。Power BI を担当している川原 純一郎です。 前回の投稿からずいぶん時間が経過してしまいましたが、Power BI の活用例をこれからいくつか投稿していきます。サンプルと作成手順をステップ バイ ステップで紹介しますのでご興味のあるトピックがありましたらご自分の環境で試していただき Power BI の良さを体感いただけたら嬉しいです。 [Power BI 利用シーン別サンプル] Skype for Business Online の利用状況を可視化する (本ブログ) 利用状況の表記項目をわかりやすく表現する (Coming Soon) 会議時間/会議室の利用状況を可視化する (Coming Soon)   今回紹介するのは社内の Skype for Business Online の活用度をユーザー/組織別にどのようにコミュニケーションするのかを可視化するサンプルです。矢印の方向でコミュニケーションの方向、コミュニケーションの種類 (チャット, Web 会議等) により色を変更し、矢印の太さで頻度を表現してみました。部門間で密にコミュニケーションしているのはどの部門なのか、部門/チーム内のコミュニケーションは活性化しているのか?という観点で分析することが可能なレポートです。     Power BI は様々なデータ可視化が可能なツールです。Excel のような使い勝手なのでツール利用時には難しいスキルセットは不要です。必要なことは「どういったデータ」を「どのように表示する」かの 2 点です。今回の Skype for Business 可視化にあてはめると以下のようになります。 「どういったデータ」=「Skype for Business のユーザー毎の操作ログ情報」 「どのように表示する」 = ユーザー間のやり取り量を可視化する…


Microsoft Teams で外線電話の発着信! – Direct Routing の設定のコツ教えます

(6/29 追記) こちらの Direct Routing が無事 GA (正式リリース) されました! 引き続き Teams と電話機能の発展にご期待ください。(参照情報:https://aka.ms/dr) ——————————- こんにちは、Voice 担当の宮崎です。 この度、Microsoft Teams の機能として、Direct Routing の機能が Public Preview としてリリースされました! この機能を利用することで、Microsoft Teams を使っている環境からはいつでもどこでも、外線電話の発着信 (03- や、090-, 080-, 0120- で始まる電話番号との通話) を行うことができます。 図 1 : Direct Routing の設定をしたユーザーの Teams 画面。[通話] タブが追加され、割り当てられた自分の電話番号とダイアルパッドが表示されます。ここから電話を発信することができます。   Direct Routing の導入作業は大きく分けて「宅内へ引いた電話回線と SBC (Session Border Controller) の接続」と「Office 365 側の設定」の 2 つに分けられます。今回は後者のOffice 365…


Microsoft Flow から SharePoint REST サービス呼び出し

——————————- 2018/05/09 更新 ——————————- 新しく SharePoint 専用の HTTP アクション(SharePoint – Send an HTTP request to SharePoint)の提供が開始されました。 このアクションでは Flow に埋め込まれた接続情報をもとに直接 SharePoint REST サービスを呼び出すことが可能になりますので、このアクションを利用することで本記事に記載した SharePoint アプリの登録やアクセストークンの取得といった手順は一切不要となります。 Title : SharePoint Business Apps Spring 2018 Update URL : https://techcommunity.microsoft.com/t5/SharePoint-Blog/SharePoint-Business-Apps-Spring-2018-Update/ba-p/189261 ————————————————————————————- コラボレーション担当の瀧口です。 Microsoft Flow はコードを必要とせずにさまざまなサービスを連携させることができるツールで、ユーザー レベルで非常に簡単にアプリケーション間での自動化がおこなえるようになっています。SharePoint とも連携機能を強化してきており、従来 SharePoint Designer や PowerShell などで実装が必要だったカスタマイズ・自動化への対応もかなりカバーするようになってきました。 現在、Flow で提供されている SharePoint 用のアクションについては以下のようなものがあります。 SharePoint – エンティティ値の取得 SharePoint…


Azure AD の管理単位 (Administrative Units – プレビュー) で実現するユーザー管理権限の委譲

こんにちは、コラボレーション担当の和田です。 組織内やグループ内のシームレスな情報共有やコラボレーション、コミュニケーションを目的に、1 つのテナント (シングル テナント) をグローバルで展開したり、1 つのテナントを複数のグループ会社でご利用になる場合、テナント全体に関わるような構成設定については本社で一元的に管理しつつ、ユーザーの管理だけは各地域や各関連会社の担当者に権限を委任したいというケースがあると思います。 Office 365 を使用して生産性をあげて、機動的な働き方に革新していくには、エンド ユーザーにとってもシステム運用者にとっても、組織全体・グループ全体でシングル テナントで構成することが、利便性も管理性も向上するため、最大限のメリットを得ることができます。Office 365 ではリージョナル DNS の仕組みが採用されていますので、例えばデータセンターが日本にあっても、日本以外の地域からアクセスする場合には、最寄りのマイクロソフト データセンター経由で高速アクセスできるようになっていますので、ネットワークの懸念も解消できるこのメリットも最大限活かしたいところです。また、今後提供予定のマルチジオ(Multi-Geo)機能を利用すると、シングル テナントで構成しつつ、Exchange のユーザー メールボックスや OneDrive for Business のユーザー データを、各地域のデータセンターに格納できるようになりますので、シングル テナントの利便性はそのままに、データ レジデンシーを確保しつつ、ガバナンスを維持することができます。テナントを分散してしまうと、テナント間で必要なアドレス帳同期や各種機能連携を行うためには、追加の構成が必要だったり管理負荷が増大してしまったりするので、管理者としては出来れば避けたいと思います。また、今後施行される GDPR においても、個人データがどこにあるか確実に把握して管理・保護・報告することが求められますので、データ保管場所の把握や対処、アクセス ログ・監査ログの確認など、1つの管理画面で全体を管理できるようにしておくことは非常に重要になってくると思います。 今までの Office 365 では、サービスや役割毎に管理権限を分けることは出来ましたが、冒頭にお話ししたような権限の委譲を行いたいと思った際、以下のようなことが課題として挙がり、仕方なく複数テナント構成を選ばざるを得ない場合がありました。 各拠点の担当者には、担当外となる別拠点のユーザーの管理ができないようにしたい 各拠点の管理者には、管理できるユーザーのみを Office 365 管理センター上に表示したい (担当範囲ではない別拠点のユーザー オブジェクトは表示されないようにしたい) アクセスはできないとしても、不必要な管理メニューも表示されてしまう (設定メニューやセキュリティ/コンプライアンス センター、各サービスの管理センター 等) Azure AD 側では長らくパブリック プレビューとして提供されている管理単位 (Administrative Units) 機能ですが、先月この機能が Office 365 にもプレビューとして拡張され、すべてのテナントでご利用可能になりました。現時点ではまだ提供されている機能は少ないのですが、グローバル展開している組織や大規模な組織では、今後確実に利用したい機能のひとつになっていくと思います。…


Microsoft Teams で Microsoft Forms Bot/アプリ を活用してみよう

こんにちは、コラボレーション担当の杉山 卓弥です。 今回は Microsoft Teams での Bot/アプリの活用についてご紹介します。Microsoft Teams ではチーム内での基本的なチャットやファイル共有、Web会議/通話といった機能に加えて、様々なアプリケーションや Bot とも連携することができ、Microsoft Teams 利用開始時点で標準で利用できるものが多数あります。その 1 つとして Microsoft Forms を活用するケースをご紹介していきます。 Microsoft Forms はサービス自体はアンケートや投票を行える機能を提供していますが、Office 365 テナント管理者が明示的に制限していない限り、 Teams のチーム内でも利用することができます。 Microsoft Teams 内で利用できる Microsoft Forms の機能   チーム内で簡易的な投票を行う機能 (Bot) チーム内でアンケートを共同作成する機能 (アプリ) 自社組織内/外部ユーザーを対象としたアンケートの回答/分析機能 (アプリ)   1. チーム内で簡易的な投票を行う機能 (Bot) プロジェクトや部門の中でメンバーに対して意見を聞きたいケースなどある場合、Forms にメンション (“@Forms” と入力) をすることで簡易投票を行うことができます。Forms Bot に対しては、以下のように質問文と選択しを入力し、通常の会話と同じように投稿します。 @Forms “質問文”? “選択肢1″,”選択肢2″,”選択肢3″,”選択肢4”   投稿が完了すると、Forms Bot…


Office 365 ユーザー向け Power BI の目指すところ

こんにちは、Office 365 ビジネス インテリジェンス担当の川原 純一郎です。 Office 365 はユーザー生産性向上を目的としたツール群ですが、その中に BI (ビジネス インテリジェンス) ツールである Power BI が仲間入りしたことに対して違和感を覚える人もいらっしゃるかもしれません。Power BI とはどういったものなのか? どういった利用方法があるのか? BI 専門家ではない一般ユーザーの方に理解いただけるよう、本ブログにて皆様に紹介していきます。   Office 365 の目指す働き方 以下のスライドは上のバーを “現在の働き方″、下のバーを “Office 365 が目指す働き方” してそのイメージを記載したものです。 生産性向上は移動時間や情報検索といった価値を生まない時間をいかに減らすことができるか、また、価値を生む時間をいかに増やすことができるのか、が大きなポイントになってきます。   Power BI の活用が生産性を高める では Power BI のようなデータ可視化ツールが皆様の日々の生産性向上にどのように貢献しているでしょうか? 日本マイクロソフトでは Power BI を利用することで経営会議に関わる準備作業、会議時間が大幅に削減しています。 Title: 事業生産性「26 %」向上 – 日本マイクロソフトが実現した「働き方改革」 URL: http://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NBO/17/ms0623_02/vol3/index.html   実際に利用されている Power BI レポート (表示データや部署名、商談情報などはサンプル データです)…


Office365 Advanced Threat Protection (ATP) の保護対象拡張について

こんにちは、コラボレーション担当の辻本 英明です。 Office 365 には、お客様が保有している重要情報をネットワーク上の脅威から保護するための様々なサービスが提供されております。 そのうちの 1 つ Office 365 Advanced Threat Protection (ATP) について、先日機能のアップデートがありましたので、本ブログではその概要についてご紹介いたします。 これまで、E メールの不正な添付ファイルおよび URL を対象としていた本サービスについて、新たに SharePoint Online 、OneDrive for Business および Microsoft Teams 上で他のユーザーと共有したファイルについても ATP の保護対象とすることが可能になりました。本機能は、2017 年 11 月下旬よりご利用中の Office 365 テナントに順次展開が進められております。 Title:Office 365 ATP for SharePoint, OneDrive, and Microsoft Teams URL:https://support.office.com/en-us/article/26261670-db33-4c53-b125-af0662c34607   本機能は執筆時点で順次展開中となりますので、現在ご利用中の Office 365 画面と異なる場合がございます。   1. Offie 365…