もう迷わない!Office 365 ProPlus 展開のベスト プラクティス


こんにちは、プロダクティビティ担当の秋本です。

先日、IT 部門の担当者の方がエンタープライズ環境にサブスクリプション版 Office である Office 365 ProPlus の展開を行うにあたっての役立つ情報がまとめられた「Office 365 ProPlus 展開ガイド」の日本語訳ページが公開されました。

Title: Office 365 ProPlus 展開ガイド
URL: https://support.office.com/ja-jp/article/f99f8cd0-e648-4834-8f45-f5637351899d

その中には世界中での Office 365 ProPlus の展開経験を踏まえてのベスト プラクティスの情報も含まれています。

Title: ベスト プラクティス: 推奨される展開シナリオ
URL: https://support.office.com/ja-jp/article/4d4ff951-ee72-4763-806a-deeb384a369b

 

3 つの推奨展開シナリオ

詳細は公開されているページを参照いただくこととして、今回はそこで示されているユーザー数などに応じた 3 つの推奨展開シナリオの内容を簡単にまとめてみましょう。なお、Office 展開ツールの設定ファイルの内容に関して本記事では詳細には記載しませんが、以下のページを参照ください。

Title: 概要: Office 展開ツール
URL: https://technet.microsoft.com/JA-JP/library/jj219422.aspx

Title: リファレンス: Office 展開ツールのオプションの構成
URL: https://technet.microsoft.com/JA-JP/library/jj219426.aspx

Title: Office 365 ProPlus の更新設定を構成する
URL: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn761708.aspx

 

1. クラウド管理シナリオ

ユーザー数が数百人のお客様にお勧めの展開シナリオです。

Office 365 ProPlus のインストールも更新もインターネット上の CDN から行います。

Office 365 ポータルから各ユーザーがインストールすることも可能ですし、IT 部門の担当者が Office 展開ツールをダウンロードし、以下のような設定ファイルを作成して展開することも可能です。Office 365 ポータルからのインストールに関しては、以下のページの「Office 365 ProPlus を Office 365 ポータルからインストールする」を参照ください。

Title: Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする
URL: https://support.office.com/ja-jp/article/4414eaaf-0478-48be-9c42-23adc4716658#ID0EAABAAA=一般法人向け_Office

Office 展開ツールを利用する場合には、以下のような展開手順になります。

① Office 展開ツールを以下よりダウンロードし、適切なフォルダに置きます。

URL: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

② Office 展開ツールの設定ファイル (config.xml) を以下の内容で作成します。

<Configuration>

<Add OfficeClientEdition="32" Channel="Deferred">

<Product ID="O365ProPlusRetail">

<Language ID="ja-jp" />

</Product>

</Add>

<Updates Enabled="TRUE" />

<Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />

<Logging Name="OfficeSetup.txt" Path="%temp%" />

</Configuration>

③ 各クライアントに Office 展開ツール (setup.exe) と設定ファイル (config.xml) を配り、各クライアントで以下のコマンドを実行し、Office 365 ProPlus のインストールを行います。

setup.exe /configure config.xml

 

2. ローカル管理シナリオ

ユーザー数が数千人のお客様にお勧めの展開シナリオです。

Office 365 ProPlus のインストールも更新も社内のリポジトリから行います。必要に応じて拠点ごとにリポジトリを用意します。筆者個人としては、リポジトリにはファイル サーバーも利用可能ですが Web サーバーの方が帯域制限しやすいですのでお薦めです。

以下のような展開手順になります。

① Office 展開ツールを以下よりダウンロードし、適切なフォルダにインストールします。

URL: http://www.Microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

② Office 展開ツールの設定ファイル (config.xml) を以下の内容で作成します。拠点ごとに設定ファイル内の「http://Server/Path」の記述 (計二箇所) を更新してください。以降、「http://Server/Path」で公開しているフォルダは、「\\Server\Path」としてファイル共有が公開されている前提で記載します。

<Configuration>

<Add SourcePath="http://Server/Path" OfficeClientEdition="32" Channel="Deferred">

<Product ID="O365ProPlusRetail">

<Language ID="ja-jp" />

</Product>

</Add>

<Updates Enabled="TRUE" UpdatePath="http://Server/Path" />

<Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />

<Logging Name="OfficeSetup.txt" Path="%temp%" />

</Configuration>

③ 以下のコマンドを実行し、Office 365 ProPlus のインストール セットをダウンロードします。

setup.exe /download config.xml

④ 上記 ③ でダウンロードされたインストール セット (自動的に作成された Office フォルダ以下)、setup.exe と各拠点用の設定ファイルを各拠点のリポジトリにコピーします。

⑤ 各クライアントから以下のコマンドを実行し、インストールを行います。拠点ごとに「\\Server\Path」 (計二箇所) は異なります。

\\Server\Path\setup.exe /configure \\Server\Path\config.xml

 

3. エンタープライズ管理シナリオ

ユーザー数が数万人のお客様にお勧めの展開シナリオです。

Office 365 ProPlus の更新を CDN から行うオプションもありますが、基本的にインストールも更新も SCCM (System Center Configuration Manager) を利用します。

手順に関しては、以下のページ内から「System Center Configuration Manager (CB) 評価ガイド Office 365 ProPlus 編」をダウンロードし、内容を参照ください。以下のページにはそれ以外にも SCCM CB を利用した最新の展開機能の評価ガイドもダウンロードいただけますので、併せてご確認ください。

Title: Enterprise Mobility + Security  -  Microsoft Cloud Platform
URL: https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/products-Enterprise-Mobility-Suite.aspx

office365ppdeploy1office365ppdeploy2

 

展開に関連する参考情報

展開に関連して知っておいていただきたい情報を 2 点ほど記載します。

 

1. 古い Office 製品のアンインストール方法

古い Office 製品のアンインストールを一気に行う PowerShell コマンドレットが GitHub プロジェクト「Office IT Pro Deployment Scripts」で公開されています。スクリプトそのものはマイクロソフトではサポートは行っておりませんが、有益ですので是非参考にしてください。

Title: Remove previous versions of Office
URL: https://github.com/OfficeDev/Office-IT-Pro-Deployment-Scripts/tree/master/Office-ProPlus-Deployment/Remove-PreviousOfficeInstalls

 

2. 更新時のダウンロード サイズ

TechNet には、概算ですが更新時にクライアントがダウンロードするサイズの情報が公開されました。展開方法を検討する際の参考情報にしてください。

Title: Office 365 ProPlus へのチャネル更新のダウンロード サイズ (概算)。
URL: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt793553

 

マイクロソフトでは、安心してサブスクリプション版 Office である Office 365 ProPlus をお客様の環境に展開いただけるよう情報の充実を図っています。まだ不足している情報はあるでしょうか?その場合には弊社の担当営業やサポートまでお問い合わせください。

Skip to main content