リスト ワークフロー、サイト ワークフロー、および再利用可能なワークフローのパッケージ化、およびパッケージを展開する方法

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 30 日 (木曜日) こんにちは。SharePoint Designer (SPD) チームのプログラム マネージャー、JongHwa Lim です。 今日は、SharePoint Designer 2010 と SharePoint Server 2010 から大幅に強化されたワークフロー パッケージ機能を紹介します。SharePoint Designer 2010 のパッケージ機能は、開発環境でワークフローを開発し、それを運用環境に展開するというシナリオでよく使用されていましたが、残念ながら、再利用可能なワークフローでしか利用することができませんでした。 SharePoint Designer 2013、SharePoint Server 2013、および Azure Workflow Service では、リスト ワークフロー、サイト ワークフロー、再利用可能なワークフローの 3 つのワークフローすべてがサポートされます。これは、素晴らしいことです。もう再利用可能なワークフローに縛られる必要はありません。パッケージ機能のために、リスト ワークフローを再利用可能なワークフローに移行しなければならなかったのは、もう過去の話です。 例があるとわかりやすいので、ここではサンプル ワークフローを作成し、そのワークフローをターゲット サイトで再利用する方法を説明します。 例: [休暇申請] (Vacation Request) リスト ワークフロー 開発環境でリスト ワークフローを作成するとします。ワークフローには [休暇] (Vacation) リストと…


Office テレメトリのテストを目的としたサンプル Office ドキュメント

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 21 日 (火曜日) こんにちは。Office 2013 の新しいテレメトリ機能はもうご利用になりましたか。Office テレメトリの機能を簡単に確認する方法の 1 つに、従来の Office ファイルを 2013 で開くという方法があります。この作業を行いやすくするために、サンプル ファイルをいくつか作成し、このブログに .zip ファイルで添付しました。これらのサンプル ファイルには、互換性の問題を発生させる可能性のあるコントロールまたは VBA スクリプトが含まれています。これらのファイルを Office 2013 で開くと、Office テレメトリ ログに示されているイベントが、こうしたファイルによってどのようにトリガーされるかを確認できます。また、Office テレメトリ ダッシュボードを展開した場合は、そのツールでもこれらのイベントを表示できます。 サンプル ファイルによってトリガーされるイベントが Office テレメトリ ログにどのように示されるかを次に示します。   この投稿の最後に添付されている SampleIssueFiles.zip ファイル内の各ドキュメントの概要を次に示します。 CustomXML.docm (Word) このファイルには、カスタム XML データを操作するカスタム XML および VBA スクリプトが含まれます。このファイルを開くと、以下のようなカスタム XML に関するメッセージが表示されます。 ドキュメント内で、強調表示されているテキストを探してください。そのテキストをダブルクリックすると、VBA スクリプトがトリガーされます。このスクリプトは、カスタム XML 制限により完了しない可能性があります。実行する…


ウェビナー: 知る、そして学ぶ — Office Web Apps のプレビュー

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 14 日 (火曜日) 新しい Office Web Apps のプレビューにサインアップできるようになりました。この無料の Word、Excel、PowerPoint、および OneNote は現在アップグレード中です。ここでは、サインアップの方法を説明し、新しい機能をいくつか紹介します。また、新しい Outlook.com についても説明します。 火曜日のウェビナーの学習内容: Office Web Apps とは プレビューとは Office Web Apps の新しい機能 新しい Outlook.com の概要 参考資料 Office Web Apps: Office Web Apps プレビュー: 製品紹介のブログ投稿 (英語) Office Web Apps について(ビデオ) Office Web Apps のホーム ページ 共同編集: スプレッドシートを共有する 2 人の男 (英語)(ビデオ)…


Office 2013 プレビューのボリューム ライセンス認証の新機能: Active Directory によるライセンス認証

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 16 日 (木曜日) Office ボリューム ライセンス認証は、Office 2010 および Office 2013 プレビューのボリューム ライセンス エディションのエンタープライズ機能です。Office 2013 プレビューでは、Office 2010 で使用していたマルチ ライセンス認証キー (MAK)、キー管理サービス (KMS) などのボリューム ライセンス認証方法のほかに、新しいボリューム ライセンス認証方法、Active Directory によるライセンス認証を使用できます。 現場から離れた場所にコンピューターが存在する場合があります。こうしたコンピューターについては、これまでは MAK を介して、または KMS でネットワークに物理的に接続して、ライセンス認証を行う必要がありました。しかし、Office 2013 プレビューを、会社の Active Directory ドメインに参加している Windows 8 または Windows Server 2012 のクライアント コンピューターで実行していれば、Active Directory によるライセンス認証を使用して、Office 2013 プレビューをライセンス認証することができます。 ユーザーが自身のコンピューターをドメインに参加させると、そのコンピューターに汎用ボリューム ライセンス キー…


Telemetry Dashboard を使用して Office 2013 展開の状態を 1 分で評価する

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 23 日 (木曜日) これは、Office ソリューション管理チームのプログラム マネージャー山岸真人氏によって作成された投稿です。 この一連の投稿 (英語) では、重要な Office ソリューションを特定し、ご利用のソリューションが Office 13 で適切に動作しているかどうかを監視することで、Office Telemetry Dashboard で Office のアップグレードを容易に行う方法について説明しています。この投稿では、展開の全体像を把握したうえで掘り下げていき、実施項目を確認する方法を解説します。 不安定なソリューションの数を確認するには 毎週月曜日の朝、Office Telemetry Dashboard を開いて、調査が必要なブロッキング問題がないかどうかを調べています。たとえば、四半期末が近づいているのであれば、新しい Office で売上レポート作成ソリューションがきちんと動いているかどうかが気になります。また、ユーザーのコンピューターの重要なドキュメントとソリューション (アドイン) の稼働状況については、迅速に把握する必要があります。ブラウザーのドキュメント ビューやソリューション ビューで各アイテムの状態を表示する代わりに、[概要] (Overview) ページを開いて更新すると、ドキュメントやソリューションの安定性の概要を確認できます。次に行う作業は、この情報から決めることができます。 [概要] (Overview) ページのスクリーンショットを見てみましょう。 まず最初に目に入るのは、ページ上部で強調表示された一連の数値でしょう。この 4 つの数値は、安定しているドキュメントとソリューション、および不安定なドキュメントとソリューションの数を示します。不安定の数値が大きい場合、それは何が起こっているかを調査する必要があることを意味します。 では、この [安定] (stable) および [不安定] (unstable) が示す数値はどのように計算されたのでしょうか。根底にある理屈はシンプルです。”不安定” と見なされるのは、ドキュメントやソリューションの成功率が 90% 未満のときです。この成功率は、重大な問題が発生していないドキュメントまたはソリューションのセッションの割合によって決まります。Office Telemetry によって追跡される重大な問題には、アプリケーションのクラッシュ、互換性の理由から間違いなく失敗するマクロ呼び出しなどがあります。セッションは、ドキュメントまたはソリューションの開始、またはドキュメントが開いたまま経過した…


Windows 8 および iOS タブレットの Office Web Apps でタッチ編集を使用する

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 20 日 (月曜日) 数週間前に新しい Office Web Apps (英語) を紹介しました。この Office Web Apps では新しい機能が追加され、アプリのパフォーマンスが向上しています。また、よく使用されるさまざまなブラウザーのどこからでも、引き続きドキュメントにアクセスすることができます。       今日は、入力操作に新風を吹き込む “タッチ” について紹介し、Office Web Apps の本格的な表示および編集機能を、Windows 8 の IE、iOS のモバイル Safari など、タッチをサポートするタブレットやブラウザーに取り入れていきます。 タッチ用に Office Web Apps を設計するときは、次の目標の達成を目指します。 ユーザーがタッチ対応 Office Web Apps をすぐに起動して実行できるようにする ユーザーが新しいユーザー インターフェイスの操作を覚えなくても使えるようにする ユーザーがタッチ操作とマウス/キーボード操作を簡単に切り替えられるようにする Office Web Apps のすべての機能セット (編集ツールを含む) を、タブレット、タッチ モニターなどのデバイスで有効にする ユーザー インターフェイスをタッチ可能に、かつタッチ入力できるように設計する作業はやりがいがありました。この投稿では、これをどのように実現したかについて説明します。…


"HTTP Web サービス" アクションを使用して Web サービスを操作する方法

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 5 日 (水曜日) こんにちは。SharePoint Designer チームのシニア プログラム マネージャーの HyongGuk Kim です。 このブログでは、パブリックまたはコマーシャル HTTP (REST) Web サービスを使用する SharePoint 2013 ワークフローを記述し、そのワークフローを、ルーピングによって電子メールを毎日送信するサービスとして実行する方法について説明します。 以下のビデオ クリップで説明するように、ここでは “eBay デイリー ディール” (eBay Daily Deals) という名前のサイト ワークフローを作成します。このワークフローでは、eBayTM からデイリー ディール情報を読み取り、SharePoint プロモーション リンク (SharePoint Promoted Links) リストで取り引きアイテムを作成し、その取り引き情報の受信を希望しているユーザーに電子メールを送ります。 HTTP Web サービス アクションを使用して Web サービスを操作する   “eBay デイリー ディール” (eBay Daily Deals)…


SharePoint Designer 2013 カスタマー プレビューへようこそ

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 7 日 (火曜日) みなさん、こんにちは。 SharePoint Designer チームは、SharePoint Designer 2013 カスタマー プレビューのリリースを発表します。SharePoint Designer のこの新しいリリースは、驚くような新しい変化を数多くもたらすので、ユーザーの皆さんに気に入ってもらえると思います。 ブログの閲覧 最初に、まだ知らないユーザーのためにお知らせします。Microsoft Office の全組織は、新しい Office 2013 に関する最新情報を見つけることができるブログ サイトをセットアップしています。Office のブログは次の URL にあります。 http://blogs.office.com/b/office-next/ (英語) Office 2013 に関するさまざまな情報を見つけることができます。 また、SharePoint Designer 2013 に関する多くの一般的な情報が含まれたヘルプ ファイルをオンラインでリリースします。これらのヘルプ ファイルは次の URL にあります。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219638(office.15).aspx (英語) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/hh850380 (英語) SPD 2013 と新しいワークフロー アーキテクチャに関する情報セットは次の URL にあります。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/sharepoint/jj163986(v=office.15) (英語) このブログが主要なブログになりますが、現在の計画では、このブログで例を紹介し、SPD…


Office テレメトリ ダッシュボードを使用して、組織にとって重要なドキュメントを見分ける

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 7 日 (火曜日) この投稿は、Office ソリューション管理チームのプログラム マネージャーである山岸真人によって書かれました。 前のブログ投稿で、推奨される Office 互換性プロセスと Office テレメトリ ダッシュボードを紹介しました。このプロセスの重要な点は、万が一に備えてアーカイブに保存されるドキュメントやソリューションではなく、真に重要で日常的に使用されるドキュメントとソリューションを見分けることです。この投稿では、IT 担当者が Office テレメトリ ダッシュボードを使用して、組織を動かすドキュメントを発見する方法について詳細に説明します。 ビジネス クリティカルなソリューションの特定 このセクションでは、最新の Office 互換性プロセスの最初の 2 つの手順を取り上げます。 手順 1. データの収集: エンド ユーザーから実際のドキュメントおよびアドインの使用状況とメタデータを収集することから始めます。手順 2. データの分析: Office を展開する最初の日に用意する必要のあるビジネス クリティカルなドキュメントとアドインを特定します。 Office 2013 の Office テレメトリは、どの Office ドキュメントが開かれていて、Office 2003 以降を実行しているすべての PC からどのアドインが読み込まれているかに関する情報を収集できることに注目してください。Office テレメトリ ダッシュボードは、会社で最も頻繁に使用されるドキュメントおよびアドインを表示します。メイン ビューから分析を開始できます。ドキュメントとアドインは、通常、最も頻繁に使用されるものが一番上に並べ替えられます。これらの頻繁に使用されるドキュメントとアドインは、ビジネス クリティカルだと考えられるものの上位候補になります。 頻繁に使用されるドキュメントを表示しているテレメトリ ダッシュボードのスクリーンショットを次に示します。…


Office テレメトリ ダッシュボードを使用して、Office 2013 で Office ソリューションが適切に実行されるかどうかを確認する

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 9 日 (木曜日) この投稿は、Office ソリューション管理チームのプログラム マネージャーである山岸真人によって書かれました。 前のブログ投稿で最新の Office 互換性プロセスと Office テレメトリ ダッシュボードを紹介しました。また、最も重要なドキュメントやソリューションを特定する方法を示しました。この投稿では、テレメトリ ダッシュボードを使用して、Office 2013 でこれらの重要なソリューションがどの程度適切に実行されているかを確認する方法について詳細に説明します。 ソリューションのテストと監視 このセクションでは、最新の Office 互換性プロセスの最後の 2 つの手順を取り上げます。 手順 3. 最も重要なソリューションに焦点を当てたパイロット展開の開始: ビジネス クリティカルなドキュメントおよびアドインがテストするときにどの程度適切に動作するかを積極的に監視します。問題の解決策をすばやく見つけます。 手順 4. Office の展開とソリューションの継続的な監視: 新しい Office を展開し、対応が必要なエラーまたはパフォーマンス低下を見つけます。 ここで、組織で最もよく使用されるソリューションが何であるかがわかっている場合に、Office 2013 は、個々のドキュメントやアドインの安定性とパフォーマンスに関するレポートを提供することができます。Office 2013 のパイロットを開始するとき、エンド ユーザーに通常実行するドキュメントやアドインを Office 2013 で使用するように依頼します。Office テレメトリは、これらのドキュメントとアドインに関してレポートします。納税時期や年度末など、特定の時期のみに実行する重要なドキュメントがある場合、パイロット プロセスでこれらのドキュメントを使用してみてください。ユーザーが Office 2013 の使用を開始すると、Office テレメトリ ダッシュボードのビューにあるデータ列への入力が始まるので、重要なドキュメントやアドインがどのように動作しているのかが確認できます。 ビューの右側にある次の列は、パイロットを行うときに特に重要です。…