OMPM の使用 (パート 3) – OMPM のその他の用途

原文の記事の投稿日: 2012 年 1 月 14 日 (土曜日) 寄稿者: 互換性の第一人者 Curtis Sawin 概要 OMPM は、主にドキュメント変換に関する問題の詳細情報を確認するときに使用します。また、”バイナリ形式の Office ファイルを Open XML ファイル形式に変換した場合、どのようなリスクがあるのか” という質問に対する回答を得るのにも役立ちます。ところが、”Office 2010 アプリケーションでバイナリ形式の Office ファイルを開くと、どのようなリスクがあるのか” という質問に対して OMPM を使用している人は少なくありません。その結果、一部の人については、見当違いの質問に対して OMPM を使い、かなりの時間、手間、そしてコストをかけて、優れたツールで誤った情報を入手していることになります。 展開前のタスクと展開後のタスクの特定 互換性プロジェクトでは、プラットフォームにかかわらず、互換性タスクを切り離し、展開前のタスクと展開後のタスクに組み込む必要があります。つまり、新しいプラットフォーム (Office 2010、Windows 7、Internet Explorer 9 など) に移行する前に、新しいプラットフォームを展開できるようにするタスクだけに焦点を当てて取り組む必要があります。こうしたタスクが、プラットフォームを展開できるかどうかに直接影響を及ぼすのは明らかです。展開前タスクが “展開実現” タスクと見なされるのは、このような理由があるからです。 展開後のタスクは、新しいプラットフォームで生産性の向上 (プレビューの貼り付け (英語) については説明したでしょうか?)、コスト削減などのメリットを実現できるようにするタスクです。さらに、展開後のタスクにより、将来のプラットフォームに移行に対する準備を行うこともできます。こうしたタスクは、”環境の最適化” タスクと見なされます。 たとえば、廃止されたマクロ コードの更新は展開後のタスクです。前のバージョンの Office で廃止されているオブジェクト モデル アイテムも引き続きコンパイルされますが、将来のバージョンの Office では使用できなくなる可能性があるからです。言い換えると、廃止されたコードによって、Office 展開がブロックされることはありません。だから、Office…


OMPM の使用 (パート 2) – 一括変換の実行

原文の記事の投稿日: 2012 年 1 月 12 日 (木曜日) 寄稿者: 互換性の第一人者 Curtis Sawin 概要 このシリーズのパート 1 では、OMPM を使用して、バイナリ形式 (xls、doc、ppt ファイルなど) から Open XML 形式 (xlsx、docx、pptx など) に変換するときに事実上互換性のリスクがない “変換候補” のドキュメントを特定する方法について説明しました。 ここでは、ドキュメントを実際に変換するプロセスを見ていきましょう。このプロセスを実行するには、Office ファイル コンバーター ツール (OFC.EXE) と、OMPM レポート ツール (OMPM.accdr) からエクスポートされたリストを使用する必要があります。 変換候補の変換 簡単に言うと、OMPM レポート ツールを使用して “低リスク” フィルターを作成し、以下のドキュメントを特定できます。 n 日間、変更されていないドキュメント (例: n = 30) OMPM によって特定された “緑色” の変換に関する問題のみが含まれるドキュメント OMPM…


ビデオ: 互換性に関する問題を解決して Office の展開を迅速化

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 8 日 (火曜日) 互換性の第一人者である Curtis Sawin が、Office の互換性の計画に関するの専門知識を米国カリフォルニア州アナハイムの最近の SharePoint Conference で発表しました。ビデオの概要とリンクを次に示します。 Office ファイルとソリューションの互換性により、Office アップグレードの計画を開始する組織で懸念が生じます。この懸念により、展開プロジェクトが延長され新しいバージョンの価値の実現が遅れることはよくあります。展開プロジェクトを予定どおりに進めるにあたり重要なのは、適切なプロセスとツールを正しく利用して、潜在的なリスクを認識することです。このセッションは、時間とコストがかかる評価、未知への恐れ、コストの増加に対して適切なアプローチで取り組む方法を示しています。Office 互換性チームに問い合わせて、プログラムおよびリソースを利用する方法を学習し、Office 2010 またはOffice 365 クライアントの展開を円滑に進めてください。  http://www.microsoft.com/resources/technet/ja-jp/office/media/video/video.html?cid=otc&from=mscomoffamp;ice&videoid=a4586b72-8a51-4bd2-81ff-22382205a6e0 (英語) これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Video: Solving Office Compatibility to Accelerate Office Deployments」をご覧ください。


Windows、iPad、および Android – タブレットの世界における Office 資産の管理と使用 (パート 6) – Windows 環境へのリモート アクセス用ソリューションの構築

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 27 日 (木曜日) タブレット コンピューティングの世界における Office 資産の管理に関するシリーズの最終パートであるパート 6 へようこそ。パート 1 では、主としてリッチ クライアント、リモートのリッチ クライアント、Office for Mac、Web Apps、および携帯電話の Office で Office を利用する主な方法をご紹介しました。パート 2 では、Exchange ActiveSync を使用したタブレットでの電子メールの利用について説明しました。また、その他のプラットフォームで使用できる制御手法をグループ ポリシーと比較し、Office を構成するオプションについて解説しました。パート 3 では、SharePoint 2010 または Office 365 サービスの一部としての Office Web アプリケーションについて述べました。パート 4 では、デバイスの信頼性に基づいてリソース アクセスを差異化するための方法をいくつか紹介しました。パート 5 では、Windows シェルと Office リボンを調整し、小型画面のデバイスで操作を少し簡単にする方法について述べました。今回は、このすべてのパートを受けて、このようなリモート Office アプリケーションまたは完全な Windows 環境を接続デバイスにブロードキャストする方法について説明します。 リモート アクセスの設計…


Windows、iPad、および Android – タブレットの世界での Office 資産の管理および使用 (パート 5) – リモート Windows 環境へのアクセス

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 24 日 (月曜日) タブレット コンピューティングの世界における Office 資産の管理に関するシリーズのパート 5 へようこそ。パート 1 では、リッチ クライアント、リモートのリッチ クライアント、Office for Mac、Web Apps、および携帯電話の Office で Office を利用する主な方法を紹介しました。パート 2 では、Exchange ActiveSync を使用したタブレットでの電子メールの利用について説明しました。また、その他のプラットフォームで使用できる制御手法をグループ ポリシーと比較し、Office を構成するオプションについて解説しました。パート 3 では、SharePoint 2010 または Office 365 サービスの一部としての Office Web アプリケーションについて述べました。パート 4 では、IIS および UAG を使用するデバイスに基づいてリソース アクセスを差異化する方法を紹介しました。このブログでは、Windows を実行している Office 環境にリモート アクセスできるようにユーザー インターフェイスを調整する方法について説明します。 タッチ デバイスを使用してホスト型 Windows…


Office 2007 および SharePoint 2007 の Service Pack 3 がリリース

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 27 日 (木曜日) Office Sustained Engineering チームは、Office 2007 および SharePoint 2007 の Service Pack 3 (SP) をリリースしました。詳細については、「Office 2007 and SharePoint 2007 Service Pack 3 Availability (英語)」を参照してください。このページでは、ダウンロードの一覧、SP3 パッケージへの説明リンクなどを確認できます。このリンクは、Microsoft サポート技術情報「すべての 2007 Office system SP3、2007 Office Servers SP3、および Windows SharePoint Services 3.0 SP3 パッケージの一覧」にもあります。 これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Service Pack 3 for Office 2007 and SharePoint 2007…


Office Web Apps を排他的に使用する – ある小規模ビジネス顧客の経験

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 5 日 (土曜日) 最近、「Get to the Point」SharePoint ブログ仲間の 1 人が、ある小規模ビジネス顧客との作業について書いていました。その顧客は、Office 365 への移行の過程で、クラウド内で Office を排他的に使用 (OWA と Web アプリケーションを使用する) した後に、Office Web ベース クライアントをリッチ クライアントと組み合わせて使用することを試みました。この観察は非常に興味深いものでした。ぜひお読みください。 My experience with Software + Services in Office 365 (英語)    これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Working exclusively with Office Web Apps – one small business customer’s experiment」をご覧ください。


SharePoint Online の新機能: 2011 年 11 月の更新プログラム

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 30 日 (水曜日) ​Office 365 (O365) のリリース以降、SharePoint Online (SPO) に対する最初の更新プログラムが一般的に入手できるようになったのは 2011 年 6 月 28 日 です。この更新プログラムがついに世界中で使用できるようになりました。サービス更新プログラムに含まれる新機能と修正プログラムを紹介するタイミングとしては今が良い時期でしょう。広いレベルでは、この更新プログラムによりさらに多くの人と外部データにアクセスでき、サポートされているデバイスと Web ブラウザーの数も増えました。また、自己管理回復機能もいくつか追加されています。新しい機能はまだまだあります。 Business Connectivity Services カリフォルニア州アナハイムの SharePoint Conference 2011 (10 月 3 ~ 6 日) で、Jeff Teper (SharePoint エンジニアリング担当副社長) は、”年末までに Business Connectivity Services (BCS) が SharePoint Online で利用できるようになる” とを発表しました。そして今、Office 365 を利用している世界中の中規模組織およびエンタープライズ規模組織のお客様が、この BCS を利用できるようになりました。SPO…


Office 2010 SP1 による Office 2010 インストールの複数言語の更新

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 22 日 (土曜日) Office 2010 の Service Pack 1 の更新プログラムを適用すると、Office 2010 の複数言語インストールに含まれるすべての言語バージョンを更新できます。以前は、英語版のみが更新されました。詳細については、「Office 2010 SP1 Microsoft Update Change for Language Installs (英語)」を参照してください。 これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Office 2010 SP1 now updates multiple languages in Office 2010 installations」をご覧ください。


Office 2010 SP1 のインストール時に SharePoint Workspace 2010 もインストールされる

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 24 日 (月曜日) Office 2010 SP1 をインストールするときに、SharePoint Workspace 2010 が、Office 2010 の元のインストールに含まれていたかどうかにかかわらず自動的にインストールされます。これは、SharePoint Workspace 2010 のインストールを開始するバグに起因します。この問題の詳細および対処方法については、「When you install Service Pack 1 (SP1) of Office 2010, SharePoint Workspace 2010 is installed (英語)」を参照してください。 これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「When you install Office 2010 SP1, SharePoint Workspace 2010 is also installed」をご覧ください。