ご要望にお応えしました: Web App の新しい機能をご紹介します

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) Office Web Apps チームでは、お客様からのご意見に基づいて製品の機能向上に取り組んでいます。1 年ほど前に Web Apps を開始して以来、私たちはお客様の声に耳を傾けてきました。そして今回、いただいたご意見を基に新しい機能をリリースすることになりました。 ご意見を寄せてくださった皆様に深く感謝いたします。 ご要望に基づいて今回ご提供する機能は以下のとおりです。 OneNote Web App でのインクの表示。ご意見を頂戴した OneNote のお客様の中には、Tablet PC 上でペン入力デバイスを使って描画したりメモを書 (英語)くことを好む方もいらっしゃいましたし、PC 上での作業で OneNote の描画ツールを使ってマウスやトラックパッドでインクや強調表示を追加している方もいらっしゃいました。また、手書きのメモや図形を OneNote Web App で表示できたらいいなとのご意見もありました。今回の更新により、OneNote Web App でインクが表示されるようになりました。 Excel Web App でのセルの結合と自動調整。Excel Web App の多くのお客様から、セルを結合する機能と、セルの内容に基づいてセルのサイズを自動的に調整する (自動調整) 機能を含めて、Excel Web App での拡張されたセル書式に対する要望が寄せられました。今回の更新により、Excel Web App でこの両方を行えるようになりました。 ブラウザーで Excel Web…


Windows、iPad、および Android – タブレットの世界における Office 資産の管理と使用 (パート 4) – デバイスに基づいたアクセス管理

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 20 日 (木曜日) タブレット コンピューティングの世界における Office 資産の管理に関するシリーズのパート 4 へようこそ。パート 1 では、主としてリッチ クライアント、リモートのリッチ クライアント、Office for Mac、Web Apps、および携帯電話の Office で Office を利用する主な方法をご紹介しました。パート 2 では、Exchange ActiveSync を使用したタブレットでの電子メールの利用について説明しました。また、その他のプラットフォームで使用できる制御手法をグループ ポリシーと比較し、Office を構成するオプションについて解説しました。パート 3 では、SharePoint 2010 または Office 365 サービスの一部としての Office Web アプリケーションについて述べました。これを受けて今回は、シリーズの中でも異論の多いトピックの 1 つになりそうな、デバイスに基づいてリソース アクセスを差異化する方法を紹介します。 デバイスに基づいた信頼とアクセス差異化のモデル Office データのセキュリティ保護に関しては、主に次の 3 種類の制御について私は考えます。 デバイスのハード ドライブ上にローカルに存在する情報のセキュリティ保護 デバイスからリモート アクセスされる情報のセキュリティ保護 リモート ソースからデバイスへのデータ引き渡しのセキュリティ保護…


Windows、iPad、および Android – タブレットの世界における Office 資産の管理と使用 (パート 3) – ブラウザーから Office へのアクセス

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 19 日 (水曜日) タブレット コンピューティングの世界における Office 資産の管理に関するシリーズのパート 3 へようこそ。パート 1 では、主としてリッチ クライアント、リモートのリッチ クライアント、Office for Mac、Web Apps、および携帯電話の Office で Office を利用する主な方法をご紹介しました。パート 2 では、Exchange ActiveSync を使用したタブレットでの電子メールの利用について説明しました。また、その他のプラットフォームで使用できる制御手法をグループ ポリシーと比較し、Office を構成するオプションについて解説しました。このブログでは、SharePoint 2010 または Office 365 サービスの一部である Office Web アプリケーションについて説明します。 Office Web Apps を使用した複数デバイスからの Office へのアクセス 多くの人々は、Office 365 が Office Web Apps の単なる別名だと思っています。実際、Office Web Apps へのアクセスに最もよく使用されているのは、おそらく…


Windows、iPad、および Android – タブレットの世界における Office 資産の管理と使用 (パート 2)

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 13 日 (木曜日) タブレット コンピューティングの世界における Office 資産の管理に関するシリーズのパート 2 へようこそ。パート 1では、主としてリッチ クライアント、リモートのリッチ クライアント、Office for Mac、Web Apps、および携帯電話の Office で Office を利用する主な方法をご紹介しました。ここでは、電子メール、カレンダー、およびその他の Office コンテンツを複数の種類のデバイス間で利用できるようにするテクノロジについて説明します。私は、”Office” をアプリケーションそのものとしてだけでなく、コミュニケーション、電子メール、およびコラボレーションのワークロードとも考えているので、この記事ではこうしたワークロードが主要な要素になります。タッチ デバイスやリモート アクセス用デスクトップ向けの Office UI のカスタマイズといったトピックに入る前に、まずは私が使用しているビルド環境を紹介し、Office ワークロードへのモバイル デバイス接続の基本事項を説明します。 私のビルド環境 私はいつも、何かを執筆する前にすべてが実際に動作して機能していることを確認するという方法にこだわっています。もちろん、あらゆるものを構築して統合するのは大変です。こうした成果物のテストのために実行される Windows Server System Reference Architecture (WSSRA) 環境 (かつて社内では親しみを込めて “Minicore” と呼んでいました) のようなものは手元にありませんが、私には比較的ロバスト (かつポータブル) な環境があります。WSSRA の “Minicore” では 32 個の仮想マシンを実行していましたが、私の環境では 6…