Service Fabric Processor のパブリック プレビュー提供開始

執筆者: James Birdsall (Software Engineer II, Microsoft Azure) このポストは、2019 年 3 月 4 日に投稿された Service Fabric Processor in public preview の翻訳です。   マイクロソフトの Azure Event Hubs クライアントは、 2 つのレベルで抽象化されていました。1 つは低レベルのクライアントで、イベント送信クラスとイベント受信クラスがあります。これらはアプリケーション側で自由に制御できますが、Event Hubs の設定をアプリケーション側で理解し、常にそれぞれのパーティションに接続している必要があります。この上位のクライアントが高レベルのライブラリ、Event Processor Host です。このライブラリでは、受信側には詳細情報を渡しません。Event Processor Host は複数のホスト インスタンス間で自動的に Event Hubs パーティションの所有権を分配し、指定の処理にイベントを送信します。 Service Fabric は、マイクロソフト提供のもう1 つのライブラリです。アプリケーションを断片的に分割し、複数のノード間で分散させる、汎用のフレームワークです。多くのお客様がアプリケーションに Service Fabric を使っていますが、その中には Event Hubs からイベントを受信するものがあります。Service Fabric のアプリケーション内で Event Processor…


Logic Apps 向け Azure 統合サービス環境の発表

Microsoft では、開発作業を大幅に改善するエクスペリエンスを提供できるよう、あらゆるサービスに努めています。また、クラウドでソフトウェアを構築するすべての人が抱える共通の問題点を常に探しています。そうした問題点を見つけたなら、そのニーズに対応できるクラス最高のソフトウェアを構築します。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-azure-integration-service-environment-for-logic-apps/


ネットワーク仮想アプライアンスをデプロイする前に検討すべきベスト プラクティス

執筆者: Reshmi Yandapalli (Principal Program Manager, Azure Networking) このポストは、2019 年 2 月 5 日に投稿された Best practices to consider before deploying a network virtual appliance の翻訳です。   ネットワーク仮想アプライアンス (NVA) とは、主にネットワーク機能の仮想化を目的とする仮想アプライアンスです。一般的なネットワーク仮想アプライアンスは、ファイアウォール、WAN オプティマイザー、アプリケーション配信コントローラー、ルーター、ロード バランサー、IDS/IPS、プロキシ、SD-WAN エッジといった機能を 4 ~ 7 つ備えています。これらの機能の中にはパブリック クラウドがネイティブに提供しているものもありますが、お客様が独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) のネットワーク仮想アプライアンスをデプロイしているのが一般的です。パブリック クラウド向けのこれらの機能はハイブリッド ソリューションにも対応


クラシック VM、クラウド サービス、Dev/Test サブスクリプションに予約インスタンスが適用可能に

本日、お客様がコストをさらに削減し、購買を管理できるようにする、Azure Reserved Virtual Machine Instances (RI) の新たな 3 つの機能を発表いたします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/reserved-instances-now-applicable-to-classic-vms-cloud-services-and-dev-test-subscriptions/


MS クラウド ニュースまとめ – Visual Studio 2019 Preview 2のリリース 他 (2019 年 2 月 7 日)

執筆者: Cloud Platform Team  このポストは、2019 年 2 月 7 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for February 7, 2019 の翻訳です。    Visual Studio 2019 Preview 2 のリリース  Visual Studio 2019 Preview 2 の提供を開始しました。今回のリリースでは、コア エクスペリエンスとさまざまな開発分野の新機能と機能強化を追加しています。  マルチモニターを使用する開発者向けの機能強化、新しい検索機能、Preview 1 で導入した UI の改良などが含まれます。このほか、C++、C#、F#、.NET、Python、Web、コンテナー、モバイル .NET の各言語のエクスペリエンスも追加または強化しています。  ぜひ Visual Studio 2019 Preview 2 (英語) をダウンロードしてお試しください。詳しくは Visual Studio 2019 ブログ (英語) を確認してください。  Virtual Machines | ビッグデータ、SQL/NoSQL データベース、データ ウェアハウス向け Lsv2 Azure…


インテリジェント エッジのサポート拡張 – Azure IoT Edge が仮想マシンで利用可能に

執筆者: Dilip Lukose (Principal Program Manager, Azure Networking) このポストは、2019 年 2 月 5 日に投稿された Intelligent Edge support grows – Azure IoT Edge now available on virtual machines の翻訳です。   マイクロソフトは今年、クラウド インテリジェンスをエッジで提供する Azure IoT Edge の一般提供を発表しました。このソリューションはリアルタイムのデータに即座に対応するため、ガス管のひび割れを検知するドローンや設備の障害発生の予測などに応用できます。Azure IoT Edge は、安全性、移植性、オープン性の原則に基づいて設計されています。Azure IoT Edge ランタイムはオープン ソースとして GitHub で公開されており、コードを自由に編集できます。また、オープン コンテナー アプローチでは、さまざまなエッジ デバイスにマイクロソフト純正サービスやサードパーティ製サービスをデプロイできます。 マイクロソフトは、オープンで堅牢なエコシステムを構築し、さまざまなエッジ ソリューションをデプロイできるようにすることを目指しています。このたび、Azure IoT Edge を対象の OS を搭載した仮想マシン (VM)…


Scheduled Events で仮想マシン ハードウェアの性能低下を検出

執筆者: Sandeep George (Senior Program Manager) このポストは、2019 年 2 月 4 日に投稿された Find out when your virtual machine hardware is degraded with Scheduled Events の翻訳です。   お客様がクラウドに移行するメリットの 1 つは、ハードウェアのメンテナンスや修理をお客様自身で行う必要がなくなり、その分の時間をビジネス アプリの構築に集中できる点です。Azure ではハードウェアが絶えず監視され、性能の低下や障害発生の兆候がないか注視されています。兆候が見られた場合、Azure によって仮想マシン (VM) のライブ マイグレーションが試行されます。そしてライブ マイグレーションが不可だった場合、Azure によって自動的に VM が正常なマシンに再デプロイされます。このときディザスター リカバリーがセットアップされていれば (セットアップしておくことを強くお勧めします)、再デプロイメントの影響は最小限に抑えられます。しかし、サービス停止に対する許容性がないアプリでは、正常なマシンへの再デプロイが行われることで問題が生じることがあります。このことに関してお客様からは、可能であれば正常なマシンへの再デプロイのタイミングをお客様自身が制御できるようにしてほしいという声が寄せられていました。


LSv2 シリーズ Azure Virtual Machines の一般提供開始に関するお知らせ

お客様の多大なご協力のおかげでプレビュー版の提供を成功裏に終えることができました。ここに正式に LSv2 シリーズ Azure Virtual Machines の一般提供を開始することをお知らせいたします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-the-general-availability-of-lsv2-series-azure-virtual-machines/


クラウドへの移行を促進する Azure Migrate と Azure Site Recovery の新機能

執筆者: Sneha Agrawal (Senior Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2019 年 1 月 8 日に投稿された New Azure Migrate and Azure Site Recovery enhancements for cloud migration の翻訳です。   マイクロソフトは、お客様のクラウドへの移行とデジタル トランスフォーメーションを支援するために継続的にサービス強化を行っています。こうしたサービス強化については、「Windows Server と SQL Server のお客様に Azure が選ばれる 3 つの理由」でも紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。今回の記事では、Azure への移行支援を目的として追加された Microsoft Azure Migrate と Azure Site Recovery の新機能をご紹介します。 Azure Migrate Azure Migrate では、オンプレミス環境を検出し、Azure への移行プランを作成することができます。今回は特に多かったご要望に沿って、Azure Government とヨーロッパの…


Azure Kubernetes Service でのサーバーレスの実現

ほぼすべてのエンタープライズが、Kubernetes プラットフォーム採用のいずれかの段階で大規模なコンテナーの実行を検討しているため、Kubernetes プラットフォームとエコシステムの勢いに疑問を挟む人はいないでしょう。その結果、Azure Kubernetes Service (AKS) は、Azure の歴史において最も急速に成長しているサービスの 1 つとなっています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/bringing-serverless-to-azure-kubernetes-service/