新しい Azure インフラストラクチャに関する発表をまとめてご紹介

執筆者: Corey Sanders (Azure、コーポレート バイス プレジデント) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された A crazy amount of new Azure infrastructure announcements の翻訳です。   皆様、こんにちは。今回の記事では、フロリダ州オーランドで開催された Microsoft Ignite での発表内容を簡単にまとめてご紹介します。Microsoft Ignite は、親しい知人やお客様をはじめ、2 万人もの方々とお会いできるすばらしいイベントです。 会場では、「Azure のインフラストラクチャはビジネス変革にどう役立つのか?」といったご質問を多くいただきました。私はそのたびに次のように答えています。「大企業や中小企業といった会社の規模、IT 管理者や開発者といった職種を問わず、Azure のクラウド インフラストラクチャなら、新規アプリの構築でも既存アプリの移行でも、あらゆるワークロードに対応できます」。以前もこちらの記事 (英語) で、Azure があらゆるインフラストラクチャのニーズに最適である理由をお伝えしました。Azure は、お客様のさまざまなニーズに対応する包括的なサービス ポートフォリオを提供します。ハイブリッド設計で、セキュリティと管理機能が組み込まれており、数秒のコード実行においても、数年間のサーバー稼働においても、高いコスト効率を実現します。 このようなサービスは、企業の皆様との長年の密接なパートナーシップによって生まれたものです。たとえば、次の 2 社のお客様がいます。Walmart (英語) はマイクロソフトとの連携のもと、Azure コンピューティング機能を活用した小売業界におけるデジタル イノベーションを推進しています。また、輸送業界大手の J.B.Hunt (英語) はマイクロソフト パートナーと協力し、Azure を活用した J.B. Hunt 360° ®…


Ignite 2018 で発表された Azure ユーザー エクスペリエンスの改善点

執筆者: Leon Welicki (Principal Group PM Manager, Azure) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Announcing Azure user experience improvements at Ignite 2018 の翻訳です。   Azure ユーザーの皆さん、こんにちは! 本日は、Azure ユーザー エクスペリエンスに行った改善点をご紹介します。このブログ記事では、今回のリリースに含まれる改善点の一部を取り上げます。これらの改善を実現できたのは、ユーザーの皆さんからのフィードバックのおかげです。引き続きフィードバックをお待ちしています。 Azure ユーザー エクスペリエンスを刷新 マイクロソフトは、モダン デザインへの更新を実施し、生産性と操作性の向上、画面面積の有効利用を目的として、Azure Portal のデザインと操作性を刷新しました。 これらの更新は、マイクロソフトに寄せられたフィードバックに基づいて行われました。主な改善点は以下のとおりです。 情報密度を改善、画面面積を有効利用 (垂直メニューを採用して、より多くの項目を表示するなど) ビジュアルを簡素化。デザインをすっきりとさせ、不要な線や飾りを取り除き、UI の特定エリアから別のエリアへのフローを容易に より直観的な情報整理 主要なナビゲーション要素を強調表示 (グローバル検索、パンくずリストなど) 操作性を改善。色の更新によるコンストラスト比の改善、ポータル内でのフォントの統一 長時間の使用をサポート (眼精疲労の防止など) デザインは更新されましたが、既存のインタラクション モデルに変更はないため、製品の使用方法を学習し直す必要はありません。これまでと同じパターンやインタラクションを引き続き使用しながら、ここでご紹介したメリットも活用できるようになります。ぜひ感想をお聞かせください! 更新前と更新後のダッシュボード、仮想マシン ブレード アカウント、サブスクリプション、ディレクトリ管理の改善点 Azure をご利用の皆様の多くは、個人用と仕事用の複数のアカウントを管理していることと思います。今回のリリースでは、同じブラウザー インスタンスで複数のアカウントを切り替えられる機能をプレビューとして提供します。以下の画像のようなイメージです。…


Microsoft 365 で Azure 上のモダン デスクトップを実現

執筆者: Julia White (Corporate Vice President for Microsoft Azure)、Brad Anderson (Corporate Vice President for Microsoft 365) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Microsoft 365 adds modern desktop on Azure の翻訳です。   本日マイクロソフトは、Windows と Office の最も優れた仮想化エクスペリエンスを Azure 上で提供する Windows Virtual Desktop を発表しました。Windows Virtual Desktop はクラウド ベース サービスとして唯一、マルチユーザー Windows 10 エクスペリエンスを提供し、Office 365 ProPlus に最適化され、無料の Windows 7 延長セキュリティ更新プログラムを提供するサービスです。Windows…


Azure Site Recovery で Windows Server 2008 を Azure に移行する

執筆者: Bharath Sivaraman (Senior Program Manager, Azure Site Recovery) このポストは、2018 年 8 月 20 日に投稿された Migrate Windows Server 2008 to Azure with Azure Site Recovery の翻訳です。   Windows Server 2008/2008 R2 は、高い信頼性を持つプラットフォームとして、約 10 年もの間お客様に愛されて続けてきました。Windows Server 2008 プラットフォームは、世界中にデプロイされている膨大な数のインスタンスで使用され、多数のビジネス アプリが実行されています。その中には、きわめて重要なアプリも含まれています。 Windows Server 2008 のサポート終了は 2020 年 1 月に予定されています。その期限が近づく今は、Windows Server 2008 をご利用のお客様にとって、アプリとインフラストラクチャを刷新し、Azure の能力を活用し始める絶好のチャンスと言えます。しかし、デジタル トランスフォーメーションは、一夜にして成し遂げられるものではありません。マイクロソフトは、Windows Server 2008 でビジネス アプリを実行しているお客様に向けて、デジタル…


Linux VM 用 DPDK (Data Plane Development Kit) の一般提供を開始

執筆者: Laxmana Rao Battula (Senior Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 8 月 21 日に投稿された DPDK (Data Plane Development Kit) for Linux VMs now generally available の翻訳です。   Azure Linux 仮想マシン (VM) 用 Data Plane Development Kit (DPDK) の一般提供をすべての Azure リージョンで開始しました。この機能は、VM のカーネル ネットワーク スタックをバイパスするハイ パフォーマンス アプリケーション向けの、ユーザー領域のパケットを高速で処理するフレームワークです。 DPDK は、仮想ルーター、ファイアウォール、VPN、ロード バランサー、Evolved Packet Core (EPC)、サービス拒否 (DoS) アプリケーションなどをネットワーク仮想アプライアンスの形で実装するネットワーク機能の仮想化を進めるうえで、パフォーマンス向上に大きく貢献します。DPDK は、Azure…


Azure Site Recovery による Veritas Backup Exec Instant Cloud Recovery の DR のサポート

執筆者: Sujay Talasila (Senior Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、2018 年 8 月 14 日に投稿された Azure Site Recovery powers Veritas Backup Exec Instant Cloud Recovery for DR の翻訳です。   Microsoft Azure Site Recovery (ASR) は、Azure とオンプレミスの両方で実行しているアプリケーションを対象とする DRaaS (サービスとしての災害復旧) です。ASR を使用することで、IT のサービス中断が発生した場合にも、コンプライアンスを損なうことなく、アプリケーションのダウンタイムを短縮することができます。ASR は、Linux、Windows、VMware VM、Hyper-V VM、物理サーバーのオンプレミス アプリケーションを包括的にカバーします。 今回、Veritas Backup Exec 20.2 のリリース (英語) に伴い、Azure Site Recovery で…


Azure Reserved Virtual Machine Instances のインスタンス サイズの柔軟性の一般提供

執筆者: Manish Shukla (Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 8 月 3 日に投稿された General availability of instance size flexibility for Azure Reserved Virtual Machine Instances の翻訳です。   今回のブログ記事は、Microsoft Azure の主任エンジニアリング マネージャーを務める Arabinda Mohapatra と共同で執筆しました。 このたび、Azure Reserved Virtual Machine Instances のインスタンス サイズの柔軟性をご利用いただけるようになりました。これは、Reserved Instances (RI) の購入と管理を簡素化する新しい機能で、同じ VM グループ (英語) 内の他のサイズの VM に RI 割引を適用することができます。 この機能を利用すると、同じ VM グループ内の他の…


新しいゾーン冗長 VPN/ExpressRoute ゲートウェイのパブリック プレビューを発表

執筆者: Ashish Jain (Program Manager, Azure Networking) このポストは、2018 年 6 月 26 日に投稿された New zone-redundant VPN and ExpressRoute gateways now in public preview の翻訳です。   Azure の他の機能と同様に、仮想ネットワーク ゲートウェイもイノベーション、アップグレード、洗練が進み、信頼性や可用性が向上し続けています。 そして本日、ゾーン冗長に対応した VPN ゲートウェイおよび ExpressRoute 仮想ネットワーク ゲートウェイのパブリック プレビューが開始されました。Azure 可用性ゾーンのサポートが拡張され、仮想ネットワーク ゲートウェイの回復性、スケーラビリティ、可用性が改善されています。 パブリック プレビューでは、Azure 可用性ゾーンに VPN および ExpressRoute のゲートウェイをデプロイできるようになりました。可用性ゾーンが物理的、論理的に分離されるため、ゾーン レベルで障害が発生した場合には、オンプレミスから Azure へのネットワーク接続が保護されます。また、仮想ネットワーク ゲートウェイ作成時のデプロイ所要時間が短縮されるなど、基本的なパフォーマンスも向上しています。 各可用性ゾーンに仮想ネットワーク ゲートウェイを自動デプロイする場合、ゾーン冗長仮想ネットワーク ゲートウェイを使用できます。 ゾーン冗長仮想ネットワーク ゲートウェイでは、VPN ゲートウェイと ExpressRoute…


Azure IaaS アプリケーション向け災害復旧ソリューション

執筆者: Sujay Talasila (Senior Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、2018 年 6 月 20 日に投稿された Disaster Recovery solution for Azure IaaS applications の翻訳です。   2018 年 6 月 4 日、Corey Sanders はブログ記事「現在と将来のインフラストラクチャのニーズを満たすうえで Azure が最適な理由」の中で、Azure Site Recovery (ASR) を使用した Azure Virtual Machines (VM) 向け災害復旧 (DR) 機能の一般提供について発表しました。これにより Azure は、IaaS で実行されているアプリケーション向けのネイティブな災害復旧ソリューションを提供する最初のパブリック クラウドとなりました。このサービスにより VM が他のリージョンに複製されるため、リージョン全体でサービスが停止した場合でも問題なくアプリケーションの運用を継続できます。また、Azure Site Recovery を可用性セットや可用性ゾーンと併用すれば、Azure Virtual…


Azure Confidential Computing のビジョンとこれまでの取り組みについて

執筆者: Mark Russinovich (CTO, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 5 月 9 日に投稿された Azure confidential computing の翻訳です。   昨年 9 月、Azure Confidential Computing の取り組みをご紹介しました。これにより、Microsoft Azure は、お客様の使用中のデータを保護する新しいデータ セキュリティ機能を実装した初のクラウド プラットフォームとなりました。Azure チームは、Microsoft Research、Intel、Windows、開発者用ツール グループと協力し、Intel SGX や Virtualization Based Security (VBS、旧称 Virtual Secure Mode) などの Trusted Execution Environment (TEE) をクラウドで利用できるようにしました。TEE の役割は、処理中のデータを保護し、TEE 外部からアクセスできないようにすることです。今回は、Confidential Cloud (機密性に優れたクラウド) のビジョンと前回の発表以降の取り組みについて詳しくお伝えします。 今日では多くの企業がミッション クリティカルなワークロードやデータをクラウドに移行しています。このようにクラウドの採用が促進される大きな要因として、パブリック クラウドのセキュリティ上のメリットが挙げられます。International Data Corporation…