VMware virtualization on Azure について

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、12 月 19 日に投稿された VMware virtualization on Azure の翻訳です。   マイクロソフトには、たくさんのお客様から VMware virtualization on Azure サービスに関する質問が寄せられています。サービスの詳細やエンタープライズ クラス ソリューションの提供方法など、お問い合わせの内容はさまざまですが、ここではプレビューの内容についてお伝えしたいと思います。 このソリューションの実現にあたって、マイクロソフトは複数の VMware クラウド ソリューション プロバイダー プログラムのパートナー様と共に取り組みを進めており、既存の VMware 認定ハードウェアでソリューションを実行できるようにすることを目指しています。たとえば、プレビュー版のハードウェアでは、NetApp ストレージを使用する FlexPod ベア メタル構成を使用することにしています。このホスト型ソリューションは、昨年リリースした Azure のベア メタル ソリューションの SAP HANA ラージ インスタンス ソリューションと類似のものであり、このアプローチにより、現在オンプレミスのデータセンターで使用しているものと同じ業界最先端の VMware のソフトウェアとサービスを、Azure インフラストラクチャ上でも使用できるようになります。またこのため、既存のアプリケーションから Azure Active Directory、Azure Cosmos DB、Azure Functions…


VMware 環境を Microsoft Azure でトランスフォーメーション

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、11 月 21 日に投稿された Transforming your VMware environment with Microsoft Azure の翻訳です。 12 月 19 日更新:以前の VMware virtualization on Azure に関する情報は削除され、新しい投稿に移行しました。   企業ではそれぞれ独特のシステム環境を構築しているため、クラウド移行の方法や段階もさまざまです。Azure は、データの転送、インフラストラクチャの移行、アプリケーションの刷新、新規アプリの構築など、クラウド移行に関するお客様のあらゆるニーズに応えることができます。 移行を検討中のお客様から、既存のオンプレミスの VMware ワークロードを Azure に移行したいというご要望が多く寄せられます。その実現には、VMware ベースのアプリケーションを Azure へ移行および Azure との統合作業を行う必要があります。 VMware 環境を Azure にスムーズに移行する方法 このたび、あらゆる段階の VMware から Azure への移行をサポートする新しいサービスをリリースいたします。 Azure Migrate でアプリケーションを移行。11 月 27…


Azure Reserved VM Instances (RI) の一般提供を開始

執筆者: Takeshi Numoto (CVP, Cloud + Enterprise) このポストは、11 月 16 日に投稿された Announcing General Availability of Azure Reserved VM Instances (RIs) の翻訳です。   このたび、世界中のお客様を対象に Azure Reserved VM Instances (RI) の一般提供を開始いたします。Azure RI では、1 年または 3 年契約で仮想マシンを予約することで、従量課金制に比べて最大 72% もコストを削減することができます。 Azure RI を利用すると、コストが予測できるようになるため、予算管理の精度が向上します。また、ビジネス ニーズの変化にも柔軟に対応できるようになります。他のクラウド プロバイダーとは異なり、リージョンや VM ファミリなどを簡単に変更できるだけでなく、いつでもサービスをキャンセルして払い戻しを受けることができます。 最高のコスト効率を誇る Windows Server ワークロード向けクラウド ソフトウェア アシュアランスに加入している Windows Server ユーザーの場合、Azure RI と Azure…


Azure Confidential Computing のご紹介

執筆者: Mark Russinovich (CTO, Microsoft Azure) このポストは、9 月 14 日に投稿された Introducing Azure confidential computing の翻訳です。   マイクロソフトでは、サイバー セキュリティの分野に年間 10億ドルを投資し、Microsoft Azure にクラウド プラットフォーム最高クラスの信頼性を実装しています。Azure には、物理データ センターの厳格なセキュリティからデータのプライバシーの保護、保存中および通信中のデータの暗号化、機械学習を活用した脅威の検出、運用ソフトウェアの開発ライフサイクルの厳重な管理まで、クラウドにおける最先端のセキュリティやプライバシー保護が実装されています。 このたび、Microsoft Azure にクラウド初となるデータ セキュリティ機能、Azure Confidential Computing を導入いたします。これは、複数の機能やサービスの集合体で、これまでのパブリック クラウドでは考えられなかった、使用中のデータの暗号化を実現するものです。これにより、クラウドでのデータ処理をユーザーが自由に制御できるようになります。Azure チームは、Microsoft Research、Intel、Windows、開発者用ツールなどのチームと協力し、4 年以上かけて Confidential Computing のソフトウェアとハードウェアのテクノロジの開発に取り組んできました。この記事の最後に、Confidential Computing に関する Microsoft Research の論文のリストを掲載しています。今回から、この最新技術を早期利用プログラムを通じてご利用いただけるようになります。 毎日さまざまな場所でデータ侵害が発生し、個人情報 (PII)、金融データ、企業の知的財産などへのアクセス権が攻撃者に狙われています。データ侵害の原因の多くはアクセス制御の構成不備ですが、管理者アカウントを通じてまたは暗号化データにアクセスするキーの漏えいにより、使用中のデータにアクセスされるケースがほとんどです。サイバー攻撃に対する高度な制御機能や軽減策を備えていても、使用中のデータに対する攻撃のリスクを考慮して機密データのクラウド移行を躊躇するお客様もいらっしゃいます。Confidential Computing ならば、保存しているデータのみならず使用中のデータも以下のような脅威から保護されるため、安心して Azure にデータを移行していただけます。 管理者権限を保有する悪意のある内部ユーザー、またはデータを処理しているハードウェアへの直接的なアクセス オペレーティング システムやアプリケーション、ハイパーバイザーの不具合を悪用するハッカーやマルウェア 同意なくデータにアクセスする第三者 Confidential Computing…


マイクロソフトが Cloud Foundry Foundation への参加を発表

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、6 月 13 日に投稿された Microsoft joins Cloud Foundry Foundation の翻訳です。   私は Azure Virtual Machines を最初にリリースした当時からずっと、パートナーやユーザーの皆様と一緒に仕事をさせていただけることに大きな喜びを感じていました。マイクロソフトはこれまで多くのオープン ソース テクノロジを生み出し、そうしたコミュニティの皆様のもとでさまざまな面で貢献してきました。また、Azure をよりオープンなものにし、柔軟性を高め、簡単に移植できるプラットフォームにしていく過程で、たくさんの仲間と知り合うことができました。 しかし、これで取り組みが完結したわけではありません。この道のりはまだまだ続きます。本日サンタクララで開催された Cloud Foundry Summit で、私はたいへん光栄ながら、Cloud Foundry Foundation のエグゼクティブ ディレクター Abby Kearns 氏と共に登壇し、マイクロソフトが Cloud Foundry Foundation に Gold メンバーとして参加したことを発表しました。Azure で Cloud Foundry を利用しているお客様からは、これまで多くの成功事例をご報告いただいています。Cloud Foundry on Azure では、アプリケーションをモダン化しながらクラウドへの移行を進めると同時に、オープンで容易に移植可能なハイブリッド プラットフォームを提供することが可能になっています。Cloud Foundry Foundation…


汎用仮想マシンの料金値下げを発表

執筆者: Brian Hillger (Senior Director, C+E Business Planning) このポストは、5 月 19 日に投稿された Price reductions on General Purpose Virtual Machines の翻訳です。   マイクロソフトは、最先端のクラウド サービスをお手頃な価格でご提供するために日々努力を続けています。その取り組みの一環として、Azure の規模の成長に合わせて、また、競合他社と同等以下の料金でサービスを提供するというお約束を守るために、マイクロソフトでは定期的に料金の値下げを検討しています。 先週 Microsoft //Build カンファレンスが開催され、Azure 関連では新たなサービスの提供や既存機能の強化点 (英語) について発表がありました。本日はこの発表に続けて、Azure をさらに魅力的なものにするために、料金の値下げを発表いたします。特にご注目いただきたいのは、先日リリースされた Dv2 Promo 仮想マシンの料金値下げで、これにより次世代のハイパースレッド Dv3 VM のコストを、リリースに先駆けてさらに削減していただけるようになります。 Dv2 Promo VM の料金は本日より値下げされます。Linux VM では最大 7%、Windows VM では最大 5% 値下げされます。代表的なリージョンにおける今回の料金値下げの情報については、以下の表をご覧ください。新しい料金の完全なリストは、VM の料金ページをご覧ください。 リージョン Linux Windows 米国西部 -7.0%…


Azure Virtual Machines と Azure Blob Storage の料金値下げを発表

執筆者: Venkat Gattamneni (Director, Product Marketing, Microsoft Azure) このポストは、2 月 6 日に投稿された New Lower Prices on Azure Virtual Machines and Blob Storage の翻訳です。   マイクロソフトは、最高のパブリック クラウド サービスを最適な価格で提供することを目指して、Azure サービスの改良に日々全力で取り組んでいます。クラウド プラットフォームを包括的に提供するには、お客様のイノベーションを促進するだけではなく、サービスをできるだけ低価格に抑えることにも目を向けるべきだと考えています。そのため今回、Azure Virtual Machine ファミリと Storage サービスの一部の料金を大幅に引き下げることを決断し、発表する運びとなりました。これにより、新たにクラウドの導入を希望されるお客様の負担を軽減し、移行がさらに促進されることを期待しています。 Azure Virtual Machines 今回は、コンピューティングに最適な F シリーズ インスタンスの価格が最大 24%、汎用の A1 Basic インスタンスの価格が最大 61% 引き下げられます。 下の表は、英国南部における VM 料金の値下げ幅です。各地域の料金の詳細については、VM の料金ページを参照してください。 Azure VM 値下げ幅 (Linux…


Azure の料金引き下げを発表

執筆者: Takeshi Numoto (CVP, Cloud + Enterprise) このポストは、10 月 3 日に投稿された New lower Azure pricing の翻訳です。   マイクロソフトは Azure サービスを可能な限り低料金で皆様にご利用いただけるようにしたいと考えており、その一環として 10 月 1 日より、一部の仮想マシン (VM) の料金を引き下げることを決定いたしました。この記事では、今回の発表に伴う主な変更点についてお伝えします。まず、お客様に適した VM カテゴリやリージョンごとの料金をより簡単に調べることができるように、料金ページを大幅に更新しました。詳細についてはそちらでご確認ください。 また、料金引き下げに関する主な変更点は以下のとおりです。 汎用インスタンス: Dv2 シリーズ VM の料金を最大 15% 引き下げ。また、A1/A2 Basic VM の料金を最大 50% 引き下げ。 コンピューティング最適化インスタンス: F シリーズ VM の料金を最大 11% 引き下げ。 Av2 シリーズ: 2016 年 11 月に、新しい A…


クラウド ベースのサービスへの移行

執筆者: Mikkel Riis (Sr. Product Marketing Manager, Cloud Platform Marketing) このポストは、8 月 10 日に投稿された Engineering the move to cloud-based services の翻訳です。   移行するネットワークのサポート: David Lef への Q&A ブログ シリーズ 今回が第 2 回目となる本ブログ シリーズでは、マイクロソフトの IT 部門でプリンシパル ネットワーク アーキテクトを務める David Lef が、従来のインフラストラクチャから完全にワイヤレスなクラウド コンピューティング プラットフォームへと移行するネットワークのサポートについてご説明します。マイクロソフトの IT 部門は、世界各地の 900 か所の拠点と 220,000 人のユーザーのサポートを担当しています。David Lef は、変化するお客様のニーズや最新のアプリケーション デザインをサポートする Azure のクラウド ベース モデルへのネットワーク…


Recovery Services コンテナーの一般提供開始: Azure Backup で ARM VM をサポート

執筆者: Trinadh Kotturu (Program Manager II, Cloud + Enterprise) このポストは、5 月 12 日に投稿された General availability of Recovery Services vault – Azure Backup support for ARM VMs の翻訳です。   このたび、Recovery Services コンテナーの一般提供開始が発表されました。Recovery Services コンテナーは Azure Resource Manager のリソースであり、クラウドでネイティブに行われる必要のあるバックアップや災害復旧の管理を行います。Recovery Services コンテナーは新しい Azure ポータルに統合されている資格情報コンテナーで、Backup コンテナーおよび Site Recovery コンテナーに替わるものです。新しい Azure ポータルでは、v2 VM バックアップの一般提供開始に伴い Azure Backup で ARM VM のバックアップがサポートされました。そのほか、クラウド…