Azure Notification Hubs と Google の Firebase Cloud Messaging の移行について

執筆者: John M. Wargo Principal Program Manager このポストは、2019 年 4 月 24 日に投稿された Azure Notification Hubs and Google’s Firebase Cloud Messaging Migration の翻訳です。   Google が Google Cloud Messaging (GCM) から Firebase Cloud Messaging (FCM) への移行を発表しました。これを受け、Azure Notification Hubs などのプッシュ サービスは Android デバイスへの通知方法を調整する必要が出てきました。 このためマイクロソフトはサービス バックエンドを更新し、適宜 API と SDK の更新を公開しました。また、お客様への影響を最小限に抑えるために、実装では既存の GCM 通知スキーマとの互換性を維持することにし、現在は FCM Legacy Mode で FCM…


Azure Sphere の Retail および Retail Evaluation フィード

執筆者: Ed Nightingale (Partner Director of Engineering, Azure Sphere) このポストは、2019 年 4 月 2 日に投稿された Azure Sphere Retail and Retail Evaluation feeds の翻訳です。   Azure Sphere を使用している開発者の皆様はお気付のことと思いますが、これまで 1 つしかなかった Azure Sphere OS フィードが 2 つに増えました。OS の OTA アップデートを配信していた Azure Sphere Preview フィードは、「Retail Azure Sphere OS」と「Retail Evaluation Azure Sphere OS」という名称のフィードに置き換わっています。この 2 つのフィードの違いと、お客様にとってのメリットをご説明しましょう。 Retail フィードは、実際の運用に対応した OS を提供するもので、エンドユーザーの環境への広範なデプロイメントを目的としています。Retail…


Azure で Windows Virtual Desktop のパブリック プレビューを開始

執筆者: Jonathan Federico (Product Marketing Manager, Microsoft Azure) このポストは、2019 年 3 月 21 日に投稿された Windows Virtual Desktop now in public preview on Azure の翻訳です。   先日、Azure で Windows Virtual Desktop サービスのパブリック プレビューが開始されたことを発表しました。お客様は今後、管理の簡素化、マルチセッションの Windows 10、Office 365 ProPlus への最適化、Windows Server リモート デスクトップ サービス (RDS) のデスクトップおよびアプリのサポートを実現する唯一のサービスを利用できます。Windows Virtual Desktop では、組み込みのセキュリティとコンプライアンスを利用して、Windows デスクトップおよびアプリを Azure 上に数分でデプロイしてスケーリングできます。 これにより、お客様はマルチセッションの Windows 10、Windows 7、Windows Server デスクトップおよびアプリ…


2019 年 3 月に Azure Monitor Availability Testing の変更を実施

執筆者: Morgan Grobin (Program Manager, Azure Monitor) このポストは、2019 年 3 月 19 日に投稿された March 2019 changes to Azure Monitor Availability Testing の翻訳です。   Azure Monitor Availability Testing は、パブリック インターネットからアクセス可能な任意の HTTP や HTTPS のエンドポイントの可用性と応答性を監視できるサービスです。テストを実施する際、対象の Web サイトに何かを追加する必要はありません。また、Web サイトだけでなく、依存関係のある REST API サービスをテストすることもできます。このサービスでは、世界中のポイントからアプリに一定間隔で Web 要求を送信し、アプリが応答しない場合や応答が遅い場合にアラートが表示されます。 マイクロソフトはこの 3 月末に、Azure Monitor Availability Testing にいくつか大きな変更を加えることにしました。この変更により、パフォーマンスと信頼性の向上とさらなるサービス強化を見込んでいます。この記事ではその変更の一部をご紹介します。また、この変更に際してテストの実行を中断せずに済むための注意点もお伝えします。 信頼性が向上 間もなく実施される新バージョンのデプロイにより、マイクロソフトはこのサービスの信頼性向上と誤検知の件数の減少を見込んでいます。また、Application Insights の大幅な利用拡大を促すために、可用性テストの新規作成に必要なキャパシティを増加させます。このように、アーキテクチャの設計を一新することで、新たなリージョンの追加がよりスムーズになることも期待しています。今後、アプリの可用性テストを実行できるリージョンを増やす予定ですので、楽しみにしていてください。 UI を刷新 バックエンド…


Talend とマイクロソフトがより強力なクラウド スケールの分析を実現

執筆者: Ewan Dalton (Sr. Partner Development Manager) このポストは、2019 年 3 月 13 日に投稿された Spinning up cloud-scale analytics is even more compelling with Talend and Microsoft の翻訳です。   このブログ記事の執筆にご協力いただいた Lee Schlesinger 氏と Talend チームに感謝の意を表します。 2019 年 2 月に、Azure Data Warehouse が費用対効果の面で業界をリードし続けている (英語) というレポートが発表されました。それに続くように、Talend が Stitch Data Loader (英語) で Azure SQL Data Warehouse をサポートするということが発表されました。Stitch Data Loader…


Cognitive Services の Computer Vision が最新機能を搭載

執筆者: Cornelia Carapcea (Principal Product Lead, Cognitive Services) このポストは、2019 年 2 月 27 日に投稿された Latest enhancements now available for Cognitive Services’ Computer Vision の翻訳です。   今回の記事は、Computer Vision 担当主任リサーチ マネージャーを務める Lei Zhang と共同で執筆しました。 Cognitive Services の Computer Vision サービスの機能強化により、画像からさらに多くのインサイトを引き出したり、新しいワークフローを活用したりできるようになりました。


Azure DevOps Projects で Azure Kubernetes Service のサポートを強化

執筆者: Atul Malaviya (Principal Program Manager, Azure DevOps) このポストは、2019 年 2 月 21 日に投稿された Update to Azure DevOps Projects support for Azure Kubernetes Service の翻訳です。   Kubernetes の普及はどんどん進んでいます。Kubernetes を新たに採用したお客様の中には、これまでコンテナ オーケストレーションの経験がない方も、Docker やコンテナの使用方法に既になじみがある方もいらっしゃいます。マイクロソフトでは、コンテナ イメージが必要なお客様や Git リポジトリのみが必要なお客様など、さまざまな要求を持つお客様をサポートすることと、アプリケーションをできるだけ少ない手順で Kubernetes で実行できるように


Azure Sphere 19.02 のパブリック プレビューの提供を開始

執筆者: Ed Nightingale (Partner Director of Engineering, Azure Sphere) このポストは、2019 年 2 月 14 日に投稿された Update 19.02 for Azure Sphere public preview now available の翻訳です。   本日マイクロソフトは、Azure Sphere 19.02 をリリースしました。パブリック プレビュー開始後 2 回目の四半期リリースとなる今回は、対応デバイスを拡大し、市場投入までの期間を短縮できる新しい参照用ソリューションを追加しました。さらに、Azure Sphere をご利用中のお客様からの


Azure Machine Learning サービスの新しい Automated Machine Learning 機能

執筆者: Krishna Anumalasetty (Principal Program Manager, Azure Machine Learning) このポストは、2018 年 12 月 4 日に投稿された New automated machine learning capabilities in Azure Machine Learning service の翻訳です。   このたび、Azure Machine Learning サービスの一般提供 (英語) に伴い、新たに Automated Machine Learning (Automated ML) 機能をリリースしました。この機能を使用すると、モデルの選択やハイパーパラメーターのチューニングを自動化できるため、これまで数週間から数か月かかっていた機械学習モデルの構築が数日程度に短縮され、ビジネス上の問題解決により多くの時間を充てられるようになります。この機能は、データ サイエンティストの生産性向上と AI の普及に関するマイクロソフトの取り組みの中で生まれたものです。機械学習プロセスを簡素化することで、社内の各分野の専門家が機械学習ソリューションをすばやく構築してデプロイできるようになります。 この記事では、以下についてお伝えします。 Azure Machine Learning サービスで提供される Automated ML の主な機能 Automated ML の開発動機、基盤テクノロジ、設計原則など 新機能 Azure…


Microsoft Azure Portal の更新 (2018 年 12 月)

執筆者: Peri Rocha (Senior Product Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 12 月 5 日に投稿された Microsoft Azure portal December 2018 update の翻訳です。   今回の記事は、Microsoft Azure 担当プリンシパル グループ プログラム マネージャーを務める Leon Welicki と共同で執筆しました。 今月は、Azure での仮想マシンの作成および管理操作性の向上、Security Center の更新、リソースへのアクセス制御エクスペリエンスの強化に関する情報をお届けします。 Azure Portal にサインインすると、すべての更新をご確認いただけます。Azure Mobile App はこちらからダウンロードいただけます。 Azure Portal の 12 月の更新内容 コンピューティング 仮想マシンの作成および管理エクスペリエンスの向上 セキュリティ Security Center のネットワーク マップの一般提供 セキュリティ ポリシー…