SQL Server 2008 のサポート終了が新世代のデータベースへの移行を後押し

執筆者: SQL Server Team このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された SQL Server 2008 end of support is the first step to tomorrow’s database の翻訳です。   本日、マイクロソフトの沼本健が自身のブログの中で、SQL Server 2008/2008 R2 のサポート終了について発表しました。これを聞いて「利用中の SQL Server 2008/2008 R2 データベースはどうすればいいの?」と思われたのは、皆様だけではありません。実は多くのお客様が、これらのデータベースのサポートが終了する 2019 年 7 月 9 日に向けて、移行計画に着手されています。 その 1 人が、ある開発会社でデータベース管理を担当している Will です。近年では転職を繰り返す「ジョブホッピング」がトレンドの 1 つになっていますが、Will は 2000 年代半ばからずっとこの会社でデータ管理を担当し、SQL Server 2008 のリリース時にはそのインストール作業の指揮を任されました。当時は、接続が非常に速く、要求の処理もスムーズで、セキュリティや効率性も高く、どこを見てもクリーンな設計が見られました。どのデータにもしかるべき場所が用意され、いずれもそこにすっぽりと収まっていました。Will がアプリ開発者から信頼されていたのは、彼らが必要とするデータを常に適切な場所に格納できていたからです。まさに理想的で、平和な時代でした。…


日本マイクロソフト、SQL Server on Linux への取り組み

執筆者:クラウド & エンタープライズビジネス本部 本部長 浅野 智   本日はパートナー企業様及びお客様向けに、現在の日本マイクロソフトの SQL Server on Linux の取り組みと SQL Server on Linux の導入を支援する協業パートナー企業様とのキャンペーンについてご紹介いたします。   ■  SQL Server on Linux の日本市場 SQL Server は RDBMS として、Windows 上での RDBMS シェアの過半数を我々マイクロソフトが占めておりますが、Linux に関しては今まで非対応であったこともあり、Linux 分野においては複数の大手ベンダー企業で占められているのが現状です。 しかし昨年 10 月に発表した SQL Server 2017より、Linux 対応を行い、これまで SQL Server を訴求できていなかった Linux ベースのシステム及びユーザに対して、SQL Server の持つ大きな価値 ①オンプレとクラウド両方で利用可能な親和性、②SQL Server の持つ堅牢性、③高いパフォーマンス及び経済性、といった面から評価をいただいております。製品リリース後これまで、多数の SQL Server on Linux 案件や導入相談を頂戴しており、導入に向けてパートナー企業様と取り組んでいるところです。…


エンタープライズ クラウドとしての Azure: Microsoft Ignite 2017 のハイライト

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Cloud Platform) このポストは、10 月 2 日に投稿された Azure is the Enterprise Cloud – highlights from Microsoft Ignite 2017 の翻訳です。   Ignite は、私が 1 年で最も楽しみにしている期間です。今回もお客様と直接お会いし、現在どのような取り組みを行っているのか、どのような技術ロードマップを検討しているのかなどをお話できた充実の 5 日間でした。話題はコンテナー、クラウド セキュリティ、機械学習、量子計算など多岐にわたりました。Ignite ではまた、多くの新機能や Azure サービスのリリース情報、更新情報が発表されました。 ここでは、このビッグ イベントで発表された中でも特に重要だった Azure の話題と、役立つ情報満載の記事をご紹介します。 ハイブリッド クラウドの進化: お客様の声をまとめると、パブリック クラウドが良いかプライベート クラウドが良いかという議論はほぼなくなり、分散型ハイブリッド クラウドのメリットが技術的にもビジネス的にも認められつつあるように感じました。分散型ハイブリッド クラウドはパブリック クラウドとオンプレミス上のリソースを組み合わせたもので、技術的な条件やビジネス ポリシーに対処できる最適なソリューションです。Azure Stack システムの出荷が開始されたことで、Satya Nadella が語っていた「インテリジェント クラウドとインテリジェント エッジ」というアプローチに対するお客様の理解がさらに深まったように見えました。また、レポーター、アナリスト、顧客の皆様に、SQL Server…


MS クラウド ニュースまとめ – Cosmos DB の無料試用版、他 (2017/10/11)

このポストは、10 月 11 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for October 11, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトでは、ユーザーの皆様によるクラウドの利用をサポートする取り組みを日々行っています。私たちは幅広い製品ポートフォリオを通じてマイクロソフトならではの最新技術、総合的なモバイル ソリューション、開発ツールを提供しており、ユーザーの皆様にはこれらをご活用いただくことで皆様が本来持つ力を余すところなく発揮していただきたいと考えております。今回お届けする最新リリース情報は以下のとおりです。 Azure Functions – Java のサポートのパブリック プレビュー Power BI Embedded の一般提供 Azure での Node.js サポート – Application Insights SDK for Node.js の一般提供 Azure での Node.js サポート – nearForm からの Node.js サービスの移行とサポート Azure API Management – PowerBI ソリューション…


Ignite 2017 で発表されたクラウド移行の障壁を解消する Azure の新機能

執筆者: Microsoft Azure このポストは、9 月 25 日に投稿された New Azure advancements remove cloud barriers for enterprises at Ignite 2017 の翻訳です。   今回は、クラウドおよびエンタープライズ担当エグゼクティブ バイス プレジデントを務める Scott Guthrie の記事をご紹介します。 クラウド テクノロジにより、大企業、中小企業、政府機関のすべてのお客様がデジタル改革の時代に突入しました。こうした組織の大半がクラウド ファーストのテクノロジ戦略に移行したものの、現状ではテクノロジの複雑さや規制の変化など、さまざまな理由から、この戦略の実現に向けた初期段階に留まっている場合がほとんどです。この数年間、Microsoft Azure チームでは、きわめて複雑なテクノロジ要件やポリシー要件にも Azure のみを使用して対応できるように、大企業のお客様にとっての障壁をすべて解消することに集中的に取り組んできました。この取り組みは、大企業のお客様に新しい機会を提供することを目的としたものですが、それ以外のお客様にもメリットがもたらされます。マイクロソフトは基本的な理念として、企業の規模や歴史の長さを問わず、あらゆる企業や組織がクラウドによって実現されるメリットを享受するべきだと考えているのです。 オーランドで開催された今回の Microsoft Ignite カンファレンスでは、クラウドに多数の機能が求められる時代は終わり、そのクラウドを利用してどれほど大きな成果を挙げられるかが重要になったことをお話ししました。Azure には、マイクロソフトが誇る大企業に関する深い知識とテクノロジの複雑さに取り組む意欲が反映されており、あらゆるお客様が他のサービスとは異なる方法でクラウドを利用して成果を挙げることができるように支援します。これを実現するために、マイクロソフトは Ignite でご紹介した 4 つの主要分野のイノベーションに重点的に取り組んできました。その 4 つの主要分野とは、IT 部門と開発者の生産性向上、ハイブリッド クラウドの一貫性の確保、AI ソリューションの実現、そしてセキュリティ、プライバシー、コストの制御機能を通じた信頼性の確保です。 クラウドで生産性を向上 クラウドに移行するアプリケーションの規模と複雑さが増大する中で、効率的にビルド、デプロイ、管理を行うためには包括的なツールセットが必要とされています。特に管理機能について言えば、Azure の統合管理ツールのエンドツーエンドの監視機能やアラート機能は継続的に拡張されており、Azure で作成されたすべての VM のポリシーを一元管理できるようになりました。新たに Azure Cloud…


SQL Server 2017 リリースのお知らせ

本日は本年 10 月にリリースいたしました、SQL Server 2017 についてご紹介させていただきます。   ■ DATA ESTATE ビジョン Microsoft の SQL Server は、1989 年に最初のバージョンをリリースして以来、お客様の大切なデータを預かるプラットフォームとして長年ご愛顧いただいてまいりました。その製品コンセプトは、様々あるデータソースをまとめ、管理し、その活用までをも一貫して「ビルトイン」で提供することにあります。 昨今の ICT 活用シーンを振り返るまでもなく、クラウドの活用は近年ますます広がりを見せています。この一つのトレンドのようなクラウド活用もひとたび現実に還ってビジネスを遂行するための一貫したシステムとして考慮してみれば、それぞれの個体としてのシステムが、機能的、非機能的な要件、さらには経済的な理由によってクラウドとオンプレミスの適材適所に配置される、ハイブリッドな構成になっていることが多くなっています。 このような現実を見た時、データの活用基盤はどうあるべきでしょうか。データを保管する基盤ではなくて、活用するための基盤です。 その一つのご提案が、マイクロソフトが掲げる Modern Data Estate ビジョンです。 マイクロソフトのクラウドサービスである Azure は、ハイパースケールのデータセンター群を持ち、クラウドならではの先進的な技術をいち早く実装するとともに、マネージドサービスとしてデータ活用基盤を提供します。 もちろん、オンプレミスにはマイクロソフトが長年お客様、パートナー様と培ってきた、機能やノウハウ、エンジニアのスキルなど、ミッションクリティカルシステムを支えてきた実績とエコシステムがあります。 これらを、データを活用する方がそのスキルをそのままにデータ基盤をご利用いただきたい。それが、マイクロソフトのハイブリッドクラウドシステムのコンセプトです。 このコンセプトに従い、クラウドサービスである Azure は日進月歩その機能を進化させているのですが、オンプレミスを支えるメインプロダクトの SQL Server も同様に継続的に開発、サポートを続けており、この度その最新版である SQL Server 2017 を 2017 年 10 月にリリースいたしました。   ■ SQL Server 2017 SQL Server は多くのシステムでご利用いただいている実績があります。そのため、「そうそう、こんな機能が欲しかった!」という運用の経験があるからこその細かな機能改善、拡張など多々あるのですが、ここでは 3 つに絞ってご紹介したいと思います。…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure VM Lシリーズ GA、他 (2017/3/22)

このポストは、3 月 22 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for March 22, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトは、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で企業がクラウドの文化に足を踏み入れるために必要なテクノロジとツールを提供しています。マイクロソフトの他にはないイノベーション、包括的なモバイル ソリューション、開発者ツールによって、当社のすべてのお客様のクラウド ファースト時代における真の可能性の実現を支援します。 クラウドによる迅速なイノベーションを期待されるお客様のニーズにお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。以下は、マイクロソフトの最新のリリース情報を一覧にしたものです。詳細をご覧になりたい場合は、各セクションのリンク先をご確認ください。今回の最新情報は次のとおりです。 Azure Virtual Machines L シリーズの一般提供 Operations Management Suite に関する Q3 の発表 Azure Traffic Manager での Geo ルーティングの一般提供 NIC における複数 IP の一般提供 マイクロソフト ハンズオン ラボのパブリック プレビュー HDP 2.6 対応の最新 Azure HDInsight のパブリック…


[SQL Server / Data Platform] ISV パッケージ製品向け、マイクロソフト データ プラットフォームの対応・移行支援施策のご紹介

ISVパッケージ製品向け、データプラットフォームの対応・移行支援施策のご紹介 (2017 年 4 月 12 日) 本日は ISV/SIパートナー様向けに、データプラットフォーム対応・移行の支援施策に関する、日本マイクロソフトの取り組みについてお伝えします。 ■ ISVパッケージ製品の対応・移行支援施策とその背景 日本マイクロソフトはISVパッケージ製品を対象に、他社製データベースからSQL Server及びAzure SQL Databaseへの対応・移行に関して、以下の支援施策を開始します。 今回の支援の背景として、昨年4月より実施しているSQL Serverの特別ライセンスオファーがきっかけになっております。その特別ライセンスオファーの対象にはなりにくいISV/SIパートナー様より、パッケージ製品のデータベースのSQL Serverへの対応・移行に対する相談を、この半年非常に多く頂いておりました。そのISV/SIパートナー様の要望にお応えするべく、今回パッケージ製品向けの支援施策を開始しました。 この支援施策を通して、パッケージ製品のデータベースをSQL Server及びAzure SQL Databaseに対応・移行する工数的、技術的、及び心理的な負担を少しでも軽減するとともに、移行・対応後のパッケージ製品のマーケティング協業により、販促活動も一緒に行っていきたいと考えております。 ■ 日本マイクロソフトのデータプラットフォームを、ISVパッケージ製品のデータベースとして選択する理由 多くのISVパッケージ製品に導入されている実績 (マイクロソフト独自調査 シェア50%)。あわせてスピード、可用性、クラウド連携、将来性、サポートなどとコストを総合的に判断して、パッケージ製品のデータベースとして選択頂いていると、多くのISV/SIパートナー様からフィードバックを頂いております。 商用データベース中 6 年連続の最高のセキュリティ評価をいただいていること。SQL Serverは 6 年連続、商用データベース中脆弱性が最少と評価されております (※)。また最新のSQL Serverは、アプリケーション側での設定不要でありながら、データを守る 「Always Encrypted」、行単位で参照レベルを設定できる「行レベルのセキュリティ」、そしてデータの一部だけを「*」など任意の文字で隠す「データ マスキング」など、堅牢さと柔軟さを兼備した高度なセキュリティ機能をあらかじめ包含して提供しているため、これらのセキュリティ機能を活用することでISVパッケージ製品の機能と価値の向上実現を可能にします。 オンプレミスとクラウドのハイブリッドなデータプラットフォームであること。開発上の工数を抑えながらSQL Server及びAzure SQL Database、マイクロソフトのデータ プラットフォームはオンプレミスとクラウド双方をニーズに合わせて選択可能であるため、ISVパートナー様のパッケージのビジネスモデル、パッケージ導入顧客の環境にあわせ、選択可能です。 SQL Serverの持つ多くのサービス機能 (SQL Server Integration Services、SQL Server Analysis Services、SQL Server Reporting Services、SQL…


MS クラウド ニュースまとめ – Cloud App SecurityとSIEM統合のパグリックプリビュー提供、他 (2017/1/25)

このポストは、1 月 25 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for January 25, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトは、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で、企業がクラウドの文化に足を踏み入れるために必要なテクノロジとツールを提供しています。マイクロソフトの他にはないイノベーション、包括的なモバイル ソリューション、開発者ツールによって、当社のすべてのお客様のクラウド ファースト時代における真の可能性の実現を支援します。 クラウドによる迅速なイノベーションを期待されるお客様のニーズにお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。以下は、マイクロソフトの最新のリリース情報を一覧にしたものです。詳細をご覧になりたい場合は、各セクションのリンク先をご確認ください。今回の最新情報は次のとおりです。 新 Azure ポータル (ibiza) への StorSimple 統合の一般提供 DocumentDB – IP によるフィルタリングと Xamarin サポートの一般提供 Power BI Desktop の一般提供 SQL Server Reporting Services の Power BI レポートのパブリック プレビュー Power BI サービスの一般提供 米国中西部での Azure…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure Data Lake Analytics、Azure Functions一般提供開始、 他 (2016/11/16)

このポストは、11 月 16 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for November 16, 2016 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトは、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で企業がクラウドの文化に足を踏み入れるために必要なテクノロジとツールを提供しています。マイクロソフトの他にはないイノベーション、包括的なモバイル ソリューション、開発者ツールによって、当社のすべてのお客様のクラウド ファースト時代における真の可能性の実現を支援します。 クラウドによる迅速なイノベーションを期待されるお客様のニーズにお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。以下は、マイクロソフトの最新のリリース情報を一覧にしたものです。詳細をご覧になりたい場合は、各セクションをご確認ください。今回の最新情報は次のとおりです。 Azure Data Lake Analytics サービスの一般提供開始 Azure Data Lake Store の一般提供開始 SQL Server 2016 SP1 の一般提供開始 SQL Server v.Next (Windows、Linux、Docker) のパブリック プレビュー R Server for HDInsight の一般提供開始 Kafka for HDInsight のパブリック プレビュー…