LinuxCon の現地から: マイクロソフトのオープンソースの取り組みに関する最新情報

執筆者: Wim Coekaerts (CVP, Enterprise Open Source) このポストは、8 月 22 日に投稿された Live from LinuxCon – Sharing the latest news and learnings on Microsoft’s open journey の翻訳です。   皆様、こんにちは。私は今カナダのトロントにいます。なぜトロントにいるかと言うと、実は今回マイクロソフトの代表として LinuxCon North America の基調講演を任されることになりました。この基調講演では、マイクロソフトのオープンソース関連のさまざまな開発事例や、Linux やオープンソースの取り組みの中で学んだことなどをお話しする予定です。もちろん、お客様やパートナー様とお会いしたり、久しぶりの友人の近況を聞けることも楽しみです。 この 2 ~ 3 か月は、「なんでマイクロソフトに移籍したの?」と何度質問されたかわかりません。Linux を押していた私の立場からすると、外から見てマイクロソフトがオープンな会社だったかと聞かれたら、お世辞にも Yes とは言えません。しかし、何人かのマイクロソフトの経営陣と話しをしていく中で、「マイクロソフトはもう、閉鎖的だった時代から抜け出した」ということも実感したのです。 お客様の今日の環境を見てみると、さまざまなツールやプラットフォームを駆使して事業を運営していることがわかります。つまりお客様は、Linux と Windows のいずれにも対応するツールとアプリケーションを実行できるクラウドを必要としています。私は以前、マイクロソフトが Linux に巨額の投資をしていることに驚いたことをお話ししました (linux.com (英語) 参照)。.NET Core、PowerShell、SQL Server を Linux に対応させ、Visual…


Red Hat Summit にてエンタープライズ クラウド向けのオープン ソースの新たな進展を発表

執筆者: Joseph Sirosh (Corporate Vice President, Data Group, Microsoft) このポストは、6 月 27 日に投稿された Announcing new open source advancements for the enterprise cloud at Red Hat Summit の翻訳です。   ドライバーなしで走行する自動運転車やセンサーで監視された製造設備、洪水を予測して被害を防ぐスマート シティなど、デジタルによる変革は今まさに進行中です。この変革はクラウドによって支えられていますが、その裏にはもう 1 つの推進力が働いています。それが、オープン ソース テクノロジです。Forrester Research の調査によると、IT 部門の意思決定者の 40% 以上がオープン ソースを次年度の「重要な優先事項」として捉え、急速な変化を続けるクラウドの世界で必要とされる資産として、「俊敏性」と「柔軟性」を挙げています。このように回答したのは、大部分がさまざまな業界の大企業の IT 意思決定者であることからも、企業におけるイノベーションの促進を支えるオープン ソース テクノロジの重要性がうかがえます。 マイクロソフトは、今週サンフランシスコで開催中の Red Hat Summit において、企業のお客様の現在と未来に向けた選択肢やエコシステムに対する取り組みについて、いくつかの新しい発表を行っています。マイクロソフトの取り組みにより、企業のお客様はオープンかつ柔軟なエンタープライズ対応のクラウドを活用し、デジタルによる変革を促進できるようになります。また、開発者の皆様は任意の言語、ツール、プラットフォームを利用して、クラウドを活用した独自のアプリケーションを作成できるようになります。 まず、.NET Core 1.0 と ASP.NET Core…


DockeCon 2016: エンタープライズ企業のコンテナー イノベーションを促進

執筆者: Mark Russinovich (CTO, Microsoft Azure) このポストは、6 月 21 日に投稿された Microsoft brings container innovation to the enterprise at DockerCon 2016 の翻訳です。   ここ数年のコンテナー技術の動きは皆様もご存じかと思いますが、マイクロソフトは Docker や Mesosphere などの業界リーダーと連携して、Windows および Linux エコシステム向けにコンテナーのイノベーションを急ピッチで進め、企業がプラットフォームやツールを問わずアプリケーションをクラウドの迅速なスピードで構築、デプロイできるよう支援するコンテナー ソリューションをお届けしてきました。 マイクロソフトは昨年、お客様や業界の幅広いニーズに応えるために Hyper-V コンテナーを発表しました。これは、VM が従来持つ分離機能を備えた高密度のコンテナー エクスペリエンスを実現する業界初のイノベーションであり、実行されるコードの分離を強化したい場合に有効です。また、Docker との連携により Docker エコシステムと Windows エコシステムを Windows Server コンテナーに統合したことで初めて、多くの開発者にコンテナー技術を幅広く利用していただけるようになりました。 その後も引き続き業界リーダーと連携して、Linux エコシステムと Windows エコシステムに対する取り組みを拡大してきました。その一環として、Windows Server コンテナーと Linux コンテナーを組み合わせた初のマルチプラットフォーム アプリケーションのデモを披露したりもしました。マイクロソフト内でも、オープン ソースを全面的に採用する動きが急速に広がっており、わずか 1…


マイクロソフトが「Software for Open Networking in the Cloud (SONiC)」を発表

執筆者: Kamala Subramaniam (Principal Architect, Azure Networking) このポストは、3 月 9 日に投稿された Microsoft showcases “Software for Open Networking in the Cloud (SONiC)” の翻訳です。   サンノゼで開催された Open Compute Project (OCP) Summit において、マイクロソフトは、スイッチなどのネットワーク デバイスの管理を可能にする完全オープン ソースの「Software for Open Networking in the Cloud (SONiC)」を発表しました。これは、ネットワーク製品の主要ベンダーである Arista、Broadcom、Dell、Mellanox との協力により開発されました。 SONiC はハードウェアではなくソフトウェア ネットワーキング コンポーネントの集合体であり、これによりスイッチなどのネットワーク デバイスに豊富な機能を搭載することが可能になります。マイクロソフトは昨年の OCP Summit にて Switch Abstraction Interface (SAI) の仕様を発表し、これが 7…

0

Microsoft Azure がさらに多くのオープン ソース オプションや製品に対応(Red Hat, Container)

執筆者: Corey Sanders (Director of Program Management, Azure) このポストは、2 月 17 日に投稿された Announcing more open options and choice on Microsoft Azure の翻訳です。 突然ですが、マイクロソフトも私自身も Linux 製品が大好きです。バレンタインから数日が経ちますが、ここでは愛の告白にも負けない、素晴らしい発表をさせていただきたいと思います。このたび、Azure のクラウド環境の柔軟性が強化され、さらに多くのオープン ソース オプションに対応することが発表されました。 この発表では他にも、Azure Marketplace での Red Hat Enterprise Linux イメージの提供開始、Azure Container Service プレビューの一般提供開始、Azure Marketplace での Bitnami イメージの認定、Azure での OneOps のサポートなどがアナウンスされました。 Azure Marketplace での Red Hat Enterprise Linux の提供開始 Red…

0