Red Hat Summit にてエンタープライズ クラウド向けのオープン ソースの新たな進展を発表

執筆者: Joseph Sirosh (Corporate Vice President, Data Group, Microsoft) このポストは、6 月 27 日に投稿された Announcing new open source advancements for the enterprise cloud at Red Hat Summit の翻訳です。   ドライバーなしで走行する自動運転車やセンサーで監視された製造設備、洪水を予測して被害を防ぐスマート シティなど、デジタルによる変革は今まさに進行中です。この変革はクラウドによって支えられていますが、その裏にはもう 1 つの推進力が働いています。それが、オープン ソース テクノロジです。Forrester Research の調査によると、IT 部門の意思決定者の 40% 以上がオープン ソースを次年度の「重要な優先事項」として捉え、急速な変化を続けるクラウドの世界で必要とされる資産として、「俊敏性」と「柔軟性」を挙げています。このように回答したのは、大部分がさまざまな業界の大企業の IT 意思決定者であることからも、企業におけるイノベーションの促進を支えるオープン ソース テクノロジの重要性がうかがえます。 マイクロソフトは、今週サンフランシスコで開催中の Red Hat Summit において、企業のお客様の現在と未来に向けた選択肢やエコシステムに対する取り組みについて、いくつかの新しい発表を行っています。マイクロソフトの取り組みにより、企業のお客様はオープンかつ柔軟なエンタープライズ対応のクラウドを活用し、デジタルによる変革を促進できるようになります。また、開発者の皆様は任意の言語、ツール、プラットフォームを利用して、クラウドを活用した独自のアプリケーションを作成できるようになります。 まず、.NET Core 1.0 と ASP.NET Core…