インテリジェント エッジのサポート拡張 – Azure IoT Edge が仮想マシンで利用可能に

執筆者: Dilip Lukose (Principal Program Manager, Azure Networking) このポストは、2019 年 2 月 5 日に投稿された Intelligent Edge support grows – Azure IoT Edge now available on virtual machines の翻訳です。   マイクロソフトは今年、クラウド インテリジェンスをエッジで提供する Azure IoT Edge の一般提供を発表しました。このソリューションはリアルタイムのデータに即座に対応するため、ガス管のひび割れを検知するドローンや設備の障害発生の予測などに応用できます。Azure IoT Edge は、安全性、移植性、オープン性の原則に基づいて設計されています。Azure IoT Edge ランタイムはオープン ソースとして GitHub で公開されており、コードを自由に編集できます。また、オープン コンテナー アプローチでは、さまざまなエッジ デバイスにマイクロソフト純正サービスやサードパーティ製サービスをデプロイできます。 マイクロソフトは、オープンで堅牢なエコシステムを構築し、さまざまなエッジ ソリューションをデプロイできるようにすることを目指しています。このたび、Azure IoT Edge を対象の OS を搭載した仮想マシン (VM)…


インフラとエネルギー分野の次世代イノベーションを担う Azure IoT

執筆者: Bert Van Hoof (Partner Group Program Manager, Azure IoT) このポストは、2019 年 2 月 5 日に投稿された Azure IoT drives next-wave innovation in infrastructure and energy の翻訳です。   私たちが水道、街灯、道路などの生活に必要なサービスを受けることができるのは、自治体のインフラストラクチャのおかげです。交通システム、学校、病院など、さまざまなものがインフラと関連テクノロジに支えられています。中でも重要なのが電力網です。私たちは生活のほとんどを電気に頼っていますが、現在、電力を管理する方法が変化しつつあります。電気自動車、自家発電、蓄電、電力の自由化、再生可能エネルギーなどが要因となり、イノベーションとテクノロジを通じてエネルギー業界が急速に進化しています。 ニューオーリンズで開催された DistribuTECH カンファレンスでは、Azure IoT パートナー様が、まったく新しいスマートな機能をもたらす電力網の新ソリューションを披露しました。ABB、GE、EY、Schneider Electric 各社のブースでは、エネルギー関連のソリューションやプラットフォームが紹介されました。マイクロソフト ブースでは、インフラ刷新のアプローチや Azure IoT で開発期間を短縮する方法に関して、8 社のパートナー様のデモンストレーションを行い、公益事業、インフラ、都市といった観点で、クラウド、AI、IoT の新たな活用方法を提示しました。 Azure Digital Twins は、空間とインフラストラクチャのデジタル レプリカを作成するためのプラットフォームです。限定プレビューで提供している新しい Twin Object Model for Grid は、シンプルな API を使用してソリューションの開発を加速させる機能で、変電所、変圧器、分散型エネルギー源 (DER)…


パブリック プレビューの IoT Hub デバイス ストリームの導入

今日のセキュリティ優先のデジタル時代では、IoT デバイスへの安全な接続の確保が非常に重要です。IoT 空間の広い運用シナリオおよびメンテナンス シナリオでは、ユーザーおよびサービスがデバイスとのデータのやり取り、ログイン、トラブルシューティングまたはデバイスとのデータの送受信を行うために、エンドツーエンドのデバイス接続に依存しています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/introducing-iot-hub-device-streams-in-public-preview/


Azure Stream Analytics on IoT Edge の一般公開

Azure Stream Analytics (ASA) on IoT Edge の一般提供開始を発表いたします。このサービスを使用することで、開発者は、ほぼリアルタイムの分析インテリジェンスを IoT デバイスにより近い場所に展開し、デバイス生成データの価値を最大限に活用できます。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/azure-stream-analytics-on-iot-edge-now-generally-available/


Azure Time Series Insights の重要な産業用 IoT 機能を発表

今年の初めに、年末までに Azure Time Series Insights に新機能を追加することを発表しました。本日、その約束を果たし、お客様が IoT データを使ってより多くのことを実現できるようにしていく機能のパブリック プレビューを発表いたします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-key-industrial-iot-capabilities-in-azure-time-series-insights/


IoT アプリケーション開発を単純化する新たな Azure IoT オファリング

私たちは、企業が概念証明から生産へと移行している IoT の転換点に位置しています。今日、IoT アプリケーションの大規模管理、膨大な量のデータ収集、処理や環境の最適化ならびに新たなソリューションを作成するための、データの推論などリアルタイムで行うことができます。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/new-azure-iot-offerings-simplify-iot-application-development/


Azure IoT リモート監視によりオペレーターの能力を限界まで向上

本日、企業のシナリオをより短時間で実現できるよう後押しする、Azure IoT リモート監視の新たな機能を発表いたします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/azure-iot-remote-monitoring-extends-operator-capabilities-to-the-edge/


Azure IoT デバイス シミュレーションによる IoT ソリューションの開発とテストの迅速化

IoT ソリューションは多額の投資になる場合があるため、正しく動作するか確認したいとお考えでしょう。開発のライフサイクル全体を通じてテストを行うことにより、IoT ソリューションによるデバイス データの処理、管理、提示を評価することが可能になり、プロジェクトの成功を確実なものにできます。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/accelerating-iot-solution-development-and-testing-with-azure-iot-device-simulation/


IoT アプリケーション開発を単純化する新たな Azure IoT オファリング

私たちは、企業が概念証明から生産へと移行している IoT の転換点に位置しています。今日、IoT アプリケーションの大規模管理、膨大な量のデータ収集、処理や環境の最適化ならびに新たなソリューションを作成するための、データの推論などリアルタイムで行うことができます。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/new-azure-iot-offerings-simplify-iot-application-development/


View が Microsoft Azure IoT でスマート ビルディング アプリ開発を加速

執筆者: Bert Van Hoof (Partner Group Program Manager, Azure IoT) このポストは、2018 年 11 月 13 日に投稿された View chooses Microsoft Azure IoT to accelerate development of smart building applications の翻訳です。   スマート ビルディングにおけるイノベーションは、ここ数年のクラウド、AI、IoT の普及によって大きく躍進しています。マイクロソフトも IoT のイノベーションに取り組んでおり、それが先日発表した Azure Digital Twins の機能に反映されています。企業は物理環境を仮想で表現できるようになることで、スマート ビルディングをはじめとするさまざまな IoT シナリオでメリットが得られます。あらゆる種類のセンサーやデバイスのデータを収集することで、空間の状況を正確に把握して最適化し、利用者のニーズに応えることができます。コンピューターの影響力は人が利用するあらゆる環境に及んでいますが、特にビルのスマート化はエネルギー効率の向上や利用者の満足度向上に役立っています。規模やスキルにかかわらずあらゆるユーザーが IoT を活用できるかどうかは、パートナーの創造性と専門知識にかかっており、革新的な新しいデバイスを開発することで有益なデータを収集し、画期的なスマート ビルディング アプリケーションを作成できるようになります。今回の記事では、数世紀もの間進化することのなかった「窓」に改革をもたらした企業、View 社と共同で進めているプロジェクトについてお伝えします。 人のための快適な環境作りを目指す View View (英語) は、人が健康で快適に過ごせることがスマート ビルディングの要であると考えており、同社の開発した Dynamic Glass…