マイクロソフトと NVIDIA のソリューションで、ビデオ分析がインテリジェント エッジで可能に

執筆者: Emmanuel Bertrand (Senior Program Manager, Azure IoT) このポストは、2019 年 3 月 18 日に投稿された Microsoft and NVIDIA extend video analytics to the intelligent edge の翻訳です。   人工知能 (AI) のアルゴリズムは日々洗練され、高度化しています。それにより今やカメラを始めとする IoT デバイスが現実とデジタルをつなぐ架け橋となっています。この AI アルゴリズムによってアラートがトリガーされ、自動でアクションが取られます。たとえば、空いている駐車スペースや小売店の欠品商品を特定したり、太陽発電パネルの異常を検知したり、危険な場所に近づく作業員を検出したりすることができます。 こうした最新の AI アルゴリズムをデータセンターで処理するためには、安定した高帯域幅の接続でビデオ フィードをクラウドに配信する必要があります。しかし、これに使用されるカメラは遠隔地に設置されることも多く、接続が不安定だったり、帯域幅、セキュリティ、コンプライアンスが問題となったりして十分な感度が得られない場合があります。 これを受け、マイクロソフトと NVIDIA は連携して新たなアプローチに取り組むことにしました。具体的には、インテリジェントなビデオ分析をエッジで実行し、大容量の生のビデオ データを小容量のテレメトリに変換するという方法です。これにより、リアルタイムのパフォーマンスを配信できるようになり、ユーザーのコンピューティング コストも削減できます。この「センサーとしてのカメラ」とエッジ ワークロードは Azure IoT Edge によってローカルで管理され、カメラ ストリームの処理には NVIDIA DeepStream (英語) が使用されます。また、ビデオが変換された後、データは Azure IoT Hub…


Microsoft Azure が実現するエッジ コンピューティングのニュー ウェーブとは ?

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Microsoft Azure enables a new wave of edge computing.Here’s how. の翻訳です。   近年のテクノロジ変革により、以前なら絶対に考えられなかったシナリオが、にわかに可能になりつつあります。スマート センサーやコネクテッド デバイスが産業機器の世界に新たな生命を吹き込み、その影響は工場から酪農場、スマート シティからスマート ホームにまで及んでいます。しかも、新たに開発される機械や装置は、車や冷蔵庫に至るまで、クラウドに接続されていることが当たり前になってきました。 同時に、ハイブリッド クラウドも進化しています。従来はデータセンターとパブリック クラウドの連携を意味していましたが、今では世界最果ての地でも利用可能な、パブリック クラウドと連動するコンピューティング ユニットのような存在となっています。 前述の 2 つの現状と、あらゆるシステムに AI が取り入れられつつあることを考え合わせると、私たちは既に、インテリジェント クラウドとインテリジェント エッジの時代に足を踏み入れていると言えるでしょう。 インテリジェント クラウドとは、パブリック クラウドを利用し、AI によって強化された、どこででも利用可能なコンピューティング リソースです。この考え方に基づいて、当社では Azure のことを、お客様が思い描くあらゆるタイプのアプリケーションとシステムに活用可能な世界のコンピューターと呼んでいます。 一方、インテリジェント エッジは、絶えず拡大を続けるコネクテッド システムとコネクテッド デバイスの集合体です。インテリジェント エッジを通じて物理的なデータの置き場所と近い場所で情報の収集と分析を実行することにより、リアルタイムでインサイトを入手でき、コンテキストに応じてすばやく応答するイマーシブなエクスペリエンスが実現されます。…


Azure Certified for IoT プログラムを拡大し、インテリジェント エッジに対応

執筆者: Koichi Hirao (Senior Program Manager, Azure IoT) このポストは、2018 年 6 月 27 日に投稿された Expanding Azure Certified for IoT program for the intelligent edge の翻訳です。   マイクロソフトは、今から 3 年前に Azure Certified for IoT プログラムを開始しました。このプログラムは、お客様が選択したデバイス上で Azure IoT テクノロジが動作することを検証済みであることを示すもので、このプログラムが開始されて以降、お客様とパートナー様にはクラウドを IoT デバイスで橋渡しすることによる多くのメリットがもたらされてきました。また、Azure Certified for IoT はこうした皆様のおかげで業界最大規模のハードウェア エコシステムに成長し、Azure IoT デバイス カタログ (英語) には現在、250 社以上のパートナー様と 1,000 種類以上のデバイス/スタート キットが掲載されるまでになりました。 マイクロソフトは、インテリジェント エッジの登場やハードウェアのイノベーションに伴い、この認定プログラムをさらに拡大し、制約のある低出力デバイスから…