一般提供: Azure Red Hat OpenShift

エンタープライズは自社にとって最重要な運用ワークロードに OpenShift を使用できるようになりました。皆様の成功を支援するため、Red Hat と Microsoft の両者がこのサービスをサポートいたします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/generally-available-azure-red-hat-openshift/


Spark 開発者の皆様へ: Azure Cognitive Services をご紹介

執筆者: Anand Raman (Group Product Manager, Azure AI) このポストは、2019 年 4 月 24 日に投稿された Dear Spark developers: Welcome to Azure Cognitive Services の翻訳です。   この記事は、Mark Hamilton、Sudarshan Raghunathan、Chris Hoder、MMLSpark が共同執筆しました。 Azure Cognitive Services のパワーを Apache Spark™ 上のビッグ データ ワークフローに組み込む 本日マイクロソフトは Spark + AI Summit 2019 で、テラバイト規模で Azure Cognitive Services を簡単に利用できるようにする SparkML エコシステムの新しいモデル セットを発表しました。開発者はコードを数行書くだけで、SparkML の既存の分散機械学習パイプラインに認識サービスを組み込むことができます。またこれにより、ディープ ネットワーク、勾配ブースティング ツリー、任意の…


Azure Media Services: NAB Show 2019 からの Video Indexer の最新情報

マイクロソフトのチームは、Azure Media Services の Video Indexer の一般提供のリリースで、2018 IABM for innovation in content management (コンテンツ管理におけるインベーション部門) 賞や権威ある Peter Wayne 賞など、数々の賞を受賞しました。その後、さまざまな新機能やモデルの構築に取り組み、大量のメディア コンテンツのアーカイブを持つすべての組織がコンテンツから分析情報を引き出せるようにすることに注力してきました。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/azure-media-services-the-latest-video-indexer-updates-from-nab-show-2019/


Hannover Messe 2019: Azure IoT プラットフォームの更新により、安全性の高い新しい産業用 IoT シナリオを強化

Microsoft では、来週 Hannover Messe にまた出展できることを誇りに思っています。製造業は、さまざまなシナリオにおいて人やデバイスの安全性、効率性、信頼性を向上させるために IoT を継続的に導入する、主要な業界の 1 つです。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/hannover-messe-2019-azure-iot-platform-updates-power-new-highly-secured-industrial-iot-scenarios/


お客様のハイブリッド戦略を新しい Microsoft イノベーションで実現

ハイブリッド クラウド アプローチを取り入れているお客様は、真のビジネス価値を実現しています。この傾向は世界中の企業で見られます。パブリック クラウドとローカル データセンターの両方に加えてエッジ機能を導入できることで、お客様は IT の俊敏性を向上させ、効率を最大限に高めることができます。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/enabling-customers-hybrid-strategy-with-new-microsoft-innovation/


Go 開発者による迅速なクラウド アプリの作成を可能にするためのマイクロソフトの取り組み

執筆者: Josh Gavant (Senior Program Manager, Azure Developer Experience) このポストは、2018 年 8 月 28 日に投稿された Helping Go developers build better cloud apps faster の翻訳です。   本日ここデンバーで、GopherCon の初日を迎えました。会場には約 2,000 人の Go 開発者が訪れ、その皆様にマイクロソフトの最新のサービスや情報をお伝えできたことを嬉しく思います。マイクロソフトは今年の初めに、Azure SDK for Go の一般提供を開始しました。それ以来、Azure、Visual Studio Code、Visual Studio Team Services 向けの Go ツールやサービスの開発に精力的に取り組んでいます。Go 開発者の皆様にクラウド アプリをさらに迅速に作成していただけるように、マイクロソフトはクラウド ネイティブなワークフローの対応範囲を広げられるよう、引き続き以下のような取り組みを進めていきます。 Go 開発者に人気のエディター「Visual Studio Code」によるコードの作成とテスト。視覚的なブレークポイントによるデバッグ、保存時の Go 書式の適用、開発者の生産性とスピードを向上させるコード補完などを可能にします。 プライベート Git リポジトリをホストし、アプリを…


Azure 最新情報 – Microsoft BUILD 2018 のハイライト

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 5 月 18 日に投稿された Azure the cloud for all – highlights from Microsoft BUILD 2018 の翻訳です。   先日開催された Microsoft Build カンファレンスでは、それぞれのテーマを深く掘り下げた多くのセッションを通じて、開発者の皆様にいくつものイノベーションをお届けすることができました。この期間中、私は場内を回りながら、コンテナー、開発ツール、IoT、Azure Cosmos DB、AI といった話題のトピックについてさまざまな方と議論を交わしました。開発者の皆様には、新たなイノベーションが驚くべきスピードで提供されており、Microsoft Build でお伝えした内容も、あまりの情報の多さに把握しきれていないという方がいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回の記事では、Build で話題になったいくつかの重要なテーマと、ぜひ押さえておいていただきたい重要なセッションについてご紹介させていただきます (セッションのハイライトをまとめた再生リスト (英語) がありますので、そちらもご覧ください)。 開発業務を効率化する最先端のツール Build は開発者向けのカンファレンスです。IT 業界のあらゆるイノベーションはコーディングから始まるため、まず開発者向けツールから振り返りましょう。Build 初日の大きな出来事は、.NET Core 2.1 リリース候補版の発表でした。パフォーマンス強化と数々の新機能が実装された NET Core 2.1 は、これまでの .NET Core リリースをさらに大きく飛躍させた最新バージョンとなります。詳細については、こちらのブログ…


Microsoft Azure Stack で Azure エコシステムのさらなる成長を実現するには

執筆者: Mark Jewett (Senior Director Product Marketing, Cloud Platform Marketing) このポストは、7 月 12 日に投稿された Growing the Azure Ecosystem with Microsoft Azure Stack の翻訳です。   本日、トロントで開催中の Microsoft Worldwide Partner Conference (英語) において、Microsoft Azure Stack で実現可能なビジネス チャンスについてパートナー様にお伝えする機会をいただきました。パブリック クラウドの最新技術をデータセンターに提供することを皆様にお話しすると、それによってビジネス上の問題をどのように解決できるようになるか、新しいアプリケーションやビジネス価値をどのように創出できるようになるか、最終的に自社のビジネス チャンスにどうつながるかというビジョンが次々と出てきたため、とても感銘を受けました。 Azure Stack の可能性を実現するには、パートナー様とリッチなエコシステムの存在が不可欠です。WPC では、業界全体がどのようにお客様のニーズに対応し、Azure Stack が掲げているお約束に貢献しようとしているかを垣間見ることができます。たとえば、システム ベンダーは統合システムを提供して、Azure との整合性を持つクラウドのデプロイと運用の複雑さの緩和を実現しています。また、サービス プロバイダーは、すぐに使用可能な Azure との整合性を持つクラウド サービスのホストや管理を担当しています。さらに、システム インテグレーターやテクノロジ コンサルタントは、Azure との整合性を持つクラウドをデプロイし、そこに革新的なハイブリッド ソリューションを構築する作業を支援します。最後に、ソフトウェア ベンダーは、Azure との整合性を持つクラウドで実行される多種多様な既製アプリケーションや、アプリケーションを迅速に開発するための各種コンポーネントやサービスを提供します。こうしたさまざまな立場から貢献いただいた成果として、マイクロソフト、サービス…


DockeCon 2016: エンタープライズ企業のコンテナー イノベーションを促進

執筆者: Mark Russinovich (CTO, Microsoft Azure) このポストは、6 月 21 日に投稿された Microsoft brings container innovation to the enterprise at DockerCon 2016 の翻訳です。   ここ数年のコンテナー技術の動きは皆様もご存じかと思いますが、マイクロソフトは Docker や Mesosphere などの業界リーダーと連携して、Windows および Linux エコシステム向けにコンテナーのイノベーションを急ピッチで進め、企業がプラットフォームやツールを問わずアプリケーションをクラウドの迅速なスピードで構築、デプロイできるよう支援するコンテナー ソリューションをお届けしてきました。 マイクロソフトは昨年、お客様や業界の幅広いニーズに応えるために Hyper-V コンテナーを発表しました。これは、VM が従来持つ分離機能を備えた高密度のコンテナー エクスペリエンスを実現する業界初のイノベーションであり、実行されるコードの分離を強化したい場合に有効です。また、Docker との連携により Docker エコシステムと Windows エコシステムを Windows Server コンテナーに統合したことで初めて、多くの開発者にコンテナー技術を幅広く利用していただけるようになりました。 その後も引き続き業界リーダーと連携して、Linux エコシステムと Windows エコシステムに対する取り組みを拡大してきました。その一環として、Windows Server コンテナーと Linux コンテナーを組み合わせた初のマルチプラットフォーム アプリケーションのデモを披露したりもしました。マイクロソフト内でも、オープン ソースを全面的に採用する動きが急速に広がっており、わずか 1…


インテリジェント クラウドの実現 – Build 2016 の発表内容のまとめ

執筆者: Nicole Herskowitz (Director of Product Marketing, Cloud Platform) このポストは、3 月 31 日に投稿された Developing for the intelligent cloud at //Build の翻訳です。 Microsoft Azure は、あらゆるプラットフォームであらゆる言語を使ってアプリケーションを構築、実行するための環境を提供している開発者のための優れたソリューションです。コア インフラストラクチャ サービス、プラットフォーム サービス、開発ツールといった開発者が求める多種多様なニーズに応えることを目指しています。こうした柔軟で豊富な選択肢を提供するほかにマイクロソフトが重要なミッションとして掲げているのが、開発者の生産性向上です。最新のテクノロジをすべての開発者が簡単に利用できるようにし、短期間でアプリケーションを開発できるようにすることを目標としています。この取り組みの一環として行っている「サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)」への投資は、業界内でも高い評価を得ています。その証拠に、Azure は先日の Magic Quadrant for Enterprise Application Platform as a Service (aPaaS) で、3 年連続で「Leader」に選ばれました。 昨今のデータとデバイスの急増に伴い、先見的な企業や開発者は、データを活用してビジネスを変革するための独自のソリューションを構築することに関心を寄せています。Azure では高度なデータ プラットフォームに加えて、分析、ビジネス インテリジェンス、機械学習といったテクノロジを提供しており、インテリジェントなアプリケーションの作成をサポートしています。 今回の //Build では、モバイル アプリ開発、モノのインターネット (IoT)、マイクロサービス、インテリジェンスといった昨今のテクノロジの主なトレンドを取り入れ、クラウドの活用を飛躍的に向上させる最新機能を発表 (英語) しました。こうした最新のシナリオをサポートできるのも、Azure プラットフォームがあらゆる用途に対応し、常に発展を続けているからにほかなりません。この記事では、Azure に関する重要な発表をまとめてご紹介します。各発表の詳細については、リンク先の関連資料をご確認ください。 Web…