マイクロソフトが Data Accelerator をオープン ソース化: 大規模なストリーミング パイプラインの構成が容易に

執筆者: Geoff Staneff (Principal Program Manager, Microsoft) このポストは、2019 年 4 月 18 日に投稿された Microsoft open sources Data Accelerator, an easy-to-configure pipeline for streaming at scale の翻訳です。   今回の記事は、マイクロソフトでプリンシパル グループ エンジニアリング マネージャーを務める Dinesh Chandnani と共同で執筆しました。 データ パイプラインの構築は、初めての方には簡単なことではありません。プロジェクト開始時の決定によって選択肢が狭められていたことに、最初のデプロイからずいぶん経ってから気付くこともあります。そうならないよう、通常必要とされるのは、そのソリューションに使用できるオプションや機能について学習し、評価するための環境を持つことです。これについて検討した結果、マイクロソフトは社内プロジェクトである Data Accelerator (英語) をオープン ソース化することにしました。 Data Accelerator (英語) はマイクロソフトの開発部門が 2017 年に開始した大規模データ処理プロジェクトです。規模と速度を理由に、最終的には Apache Spark でのストリーミングが採用されました。現在このパイプラインはマイクロソフト全社で運用されています。 マイクロソフトの社外でもこのパイプラインが有効であると考える理由は以下のとおりです。 開発/テスト サイクルが短い: イベント サンプルのクエリをローカル環境で実行できるため、ジョブをクラスターに送信する時間を節約できます。セミコロンの打ち間違いだけのために何分も待たされるようなことがなくなります。…


.NET、Python、Java で Azure HDInsight クラスターを管理

執筆者: Tyler Fox (Program Manager, Azure HDInsight) このポストは、2019 年 4 月 18 日に投稿された Manage Azure HDInsight clusters using .NET, Python, or Java の翻訳です。   マイクロソフトはこのたび、.NET、Python、Java 用の Azure HDInsight 管理 SDK の一般提供を開始しました。 このリリースの注目ポイント 対応言語が増加: .NET の他に、Python と Java でも簡単に HDInsight クラスターを管理できるようになりました。 HDInsight クラスターの管理が容易に: HDInsight クラスターの管理に便利な操作が新たに実装されました。クラスターの作成、削除、スケーリング、詳細の取得、タグの更新、既存のクラスターのリスト作成、スクリプト処理の実行などが可能です。 HDInsight クラスターの監視を 1 か所から: HDInsight クラスターと Azure Monitor のログの統合を管理できるようになりました。HDInsight クラスターでは、Log Analytics…


AzCopy を使用して AWS S3 から Azure Storage にデータを移動する

執筆者: Sercan Guler (Program Manager, Azure Storage) このポストは、2019 年 4 月 16 日に投稿された Move your data from AWS S3 to Azure Storage using AzCopy の翻訳です。   AzCopy v10 (プレビュー) で、新たなデータ ソースとして Amazon Web Services (AWS) S3 がサポートされました。これにより、AWS S3 のバケット全体や複数のバケットを AzCopy を使用して Azure Blob Storage にコピーできるようになりました。 これまで AWS S3 から Azure Blob Storage にデータを移動するには、両方のクラウド プロバイダーの間にクライアントを作成し、AWS のデータを読み込んでから…


Azure Event Hubs に対応した Spring Cloud Stream Binder を使用したイベント ドリブン Java

Azure Event Hubs に対応した Spring Cloud Stream Binder の一般提供が開始されました。Spring Cloud Stream と Event Hubs を使用して高度にスケーラブルなイベント ドリブン Java アプリを簡単に構築できます。Event Hubs は、Azure におけるフル マネージドのリアルタイム データ インジェスト サービスで、どのような状況でも高い回復性と信頼性を提供します。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/event-driven-java-with-spring-cloud-stream-binder-for-azure-event-hubs/


AzCopy を使用して AWS S3 から Azure Storage にデータを移動する

執筆者: Sercan Guler (Program Manager, Azure Storage) このポストは、2019 年 4 月 16 日に投稿された Move your data from AWS S3 to Azure Storage using AzCopy の翻訳です。   AzCopy v10 (プレビュー) で、新たなデータ ソースとして Amazon Web Services (AWS) S3 がサポートされました。これにより、AWS S3 のバケット全体や複数のバケットを AzCopy を使用して Azure Blob Storage にコピーできるようになりました。 これまで AWS S3 から Azure Blob Storage にデータを移動するには、両方のクラウド プロバイダーの間にクライアントを作成し、AWS のデータを読み込んでから…


Azure 上の運用環境に Grafana をデプロイする

執筆者: Parikshit Savjani (Senior Program Manager, Azure OSS Database service) このポストは、2019 年 4 月 15 日に投稿された Deploying Grafana for production deployments on Azure の翻訳です。   今回の記事は、マイクロソフトでテクニカル アドバイザーを努める Nick Lopez と共同で執筆しました。 Grafana (英語) は時系列メトリックの視覚化に広く使用されている先進的なオープン ソース ツールで、サーバーやアプリケーションのメトリック監視用視覚化ツールとして開発チームや運用チームの間で急速に普及しました。Grafana ダッシュボードを使用すると、運用チームはパフォーマンス、可用性、サービス全体の正常性を監視し迅速に対応することができます。また、Azure のサービスやアプリケーションの監視に便利なのが、Grafana Labs が開発した Azure Monitor データ ソース プラグイン (英語) です。このプラグインを使用すると、Azure Monitor と Application Insights から送られるすべてのメトリックを Grafana ダッシュボードに表示できます。Azure Monitor と…


IoT Central のデバイス テンプレート ライブラリを発表

執筆者: Sarah Hubbard (Program Manager II, Azure IoT Central) このポストは、2019 年 4 月 4 日に投稿された Device template library in IoT Central の翻訳です。   IoT Central のデバイス テンプレート ページに、新たにデバイス テンプレート ライブラリが追加されました。これを利用することで、デバイスのオンボーディングとモデル化がこれまで以上に簡単になります。テンプレートをゼロから作成するか、ライブラリのデバイス テンプレートを使用するかを選択することができます。本日は、MXChip、Raspberry Pi、Windows 10 IoT Core のテンプレートを公開しました。今後さらにテンプレートの充実を図り、お客様にさらに便利に使用していただけるようにする予定です。 ライブラリの追加により、デバイス モデリング ワークフローがさらに効率化されることが期待されます。モデルに詳細情報があらかじめ盛り込まれているため、余計な時間がかからずに済むためです。また、多くのメーカーにとっては、自社のデバイスやスマート製品に対応する標準定義を作成するよい機会になると考えられます。これをさらに後押しするために、マイクロソフトでは引き続きテンプレート ライブラリを充実させていきます。 デバイス テンプレートを選ぶには、[Device Templates] タブに移動し、[+ New] ボタンをクリックします。ライブラリ ページが表示されるので、すぐに使いたいテンプレートを選択できます。また、[Custom] オプションを選ぶと、ゼロからデバイス テンプレートをモデリングできます。 テンプレートを選択したら、名前を入力して [Create] をクリックするだけでアプリケーションにそのテンプレートを組み込めます。シミュレートされたデバイスが自動的に作成され、新しいテンプレートに送られてくるシミュレート済みのデータを確認できます。テンプレートを作成したら、Device Explorer ページにアクセスして、他の実際のデバイスやシミュレートされたデバイスをそのテンプレートに接続できます。 マイクロソフトでは引き続きデバイスのオンボーディングが容易になるように簡素化を進めていきたいと思います。希望するデバイス…


Azure AI の新しい更新での開発者向け AI 機能の拡張

企業はますます AI でビジネスの変革を目指しており、Microsoft は、開発者やデータ サイエンティストが容易にアプリケーションへ AI 機能を直接デプロイ、管理し、保護できるよう、Azure AI を継続的に強化しています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/new-updates-to-azure-ai-expand-ai-capabilities-for-developers/


Azure Sphere の Retail および Retail Evaluation フィード

執筆者: Ed Nightingale (Partner Director of Engineering, Azure Sphere) このポストは、2019 年 4 月 2 日に投稿された Azure Sphere Retail and Retail Evaluation feeds の翻訳です。   Azure Sphere を使用している開発者の皆様はお気付のことと思いますが、これまで 1 つしかなかった Azure Sphere OS フィードが 2 つに増えました。OS の OTA アップデートを配信していた Azure Sphere Preview フィードは、「Retail Azure Sphere OS」と「Retail Evaluation Azure Sphere OS」という名称のフィードに置き換わっています。この 2 つのフィードの違いと、お客様にとってのメリットをご説明しましょう。 Retail フィードは、実際の運用に対応した OS を提供するもので、エンドユーザーの環境への広範なデプロイメントを目的としています。Retail…


Microsoft Game Stack でさらなる成果を上げる

Microsoft は、個人や組織がより多くの成果を上げられるようにするという信念の下に築かれています。それが Microsoft の DNA です。本日は新しいイニシアチブである Microsoft Game Stack を発表します。始めたばかりのインディーズの開発者であろうと最高クラスのスタジオの開発者であろうと、皆さんのようなゲーム開発者を支援する Microsoft ツールとサービスが Microsoft Game Stack にはまとめられています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/achieve-more-with-microsoft-game-stack/