すぐに始められる: エンタープライズ レベルの仮想アシスタントの構築

執筆者: Lili Cheng (Corporate Vice President, Artificial Intelligence and Research Group) このポストは、2018 年 11 月 14 日に投稿された Get started in minutes: Build your own enterprise grade virtual assistant の翻訳です。   運転中の車中で最寄りのガソリン スタンドを探したり、工場で製造ラインを停止する場合には、会話のほうが操作しやすかったり、生産性が高かったりすることが考えられます。世界は今、人がコンピューターを学び、慣れる必要があった時代から、コンピューターが人を理解し、人と自然に会話する手段を学ぶ時代へと進化しています。 Azure Bot Service は、Web サイト、アプリ、Cortana、Microsoft Teams、Skype、Slack、Facebook Messenger などの利用者と自然に対話するインテリジェントなボットを開発、接続、デプロイ、管理できるサービスです。36 万人を超える Azure Bot Service 開発者の皆様のために、マイクロソフトはさらなる生産性向上につながるツールやフレームワークの強化に取り組んでいます。今回、仮想アシスタント用のオープンソースのボット ソリューション アクセラレータのプレビューをリリースしました。このソリューション アクセラレータにより、開発者はすばやく作業を開始して、ブランディングされた仮想アシスタントを簡単に作成できるようになります。また、ボット開発の生産性を向上する Bot Framework SDK (ソフトウェア開発キット) およびツールのバージョン 4.1 の一般提供も開始しました。さらに、マイクロソフトは会話型…


Azure DevOps Server 2019 RC1 の概要

本日、Azure DevOps Server 2019 の最初のリリース候補 (RC) を公開いたします。Azure DevOps Server 2019 は、Microsoft Azure DevOps のコードベースを提供しており、セルフホストを望まれるお客様向けに最適化されています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/introducing-azure-devops-server-2019-rc1/


マイクロソフトが Open Invention Network に加入: Linux などのオープン ソース保護を促進

執筆者: Erich Andersen (Corporate Vice President, Deputy General Counsel) このポストは、2018 年 10 月 10 日に投稿された Microsoft joins Open Invention Network to help protect Linux and open source の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、Open Invention Network (OIN) に加入することを発表しました。OIN とは、Linux を始めとするオープン ソース ソフトウェア プログラムを特許関連のリスクから保護することを目的としたコミュニティです。 OIN への加入は、マイクロソフトとオープン ソース コミュニティの間に特許関連の不和があったことを知る皆様にとって、驚きの出来事だったかもしれません。しかし当社のこれまでの歩みを知っている方なら、今回の発表は納得のいくステップだと受け止めていただけるでしょう。なぜならマイクロソフトは、お客様や開発者の皆様に常に耳を傾け、Linux を始めとするオープン ソース プログラムに真摯に貢献してきたからです。 OIN は 2005 年の設立以来、企業の特許関連のリスク管理において中心的な役割を担ってきました。OIN の設立以前は、オープン ソース ライセンスの大部分は著作権にのみ明示的に対応し、特許には沈黙を保っていました。OIN はこの問題への対処を目的に設立された組織であり、Linux システム…


マイクロソフトが LOT Network に加入: 開発者を特許主張から保護

執筆者: Erich Andersen (Corporate Vice President, Deputy General Counsel) このポストは、2018 年 10 月 4 日に投稿された Microsoft joins LOT Network, helping protect developers against patent assertions の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、LOT Network (英語) に加入することを発表しました。LOT Network とは、あらゆる規模の企業で問題となっているパテント トロールに対抗するための企業による非営利組織で、現在拡大を続けています。 この問題は長年にわたって数百回も無意味な特許主張や訴訟を受けているマイクロソフトにとっても他人事ではなく、この問題に直面している多くの皆様を支援したいと考えています。特許を主張する者は、ほとんどのケースで、アイデアを特許として具体化するための研究開発に自らは関与していなかったり、また、自身が主張している特許の技術的概念を理解していないことも珍しくありません。極端な例としては、特許についてよく理解していない中小企業を狙って、その価値を悪用するために大規模なメール キャンペーンを実施していることもありました。米国では、法改正などによってこの問題は以前より落ち着いてはいますが、依然として多くの企業の課題となっています。Entrepreneur 誌に掲載された最近の調査 (英語) によると、特許訴訟に巻き込まれた中小企業の 40% 以上が「運営に大きな影響を受けた」と回答しており、このような訴訟を「弔いの鐘 (death knell)」と表現しています。 ソフトウェア開発者やテクノロジ企業にとって、LOT Network への加入はどのような意味を持つかと言うと、マイクロソフトにとっては、攻撃的な収益化活動を行う企業から特許主張されることを防止するための措置という意味があります。また、この問題について他の業界リーダー企業と足並みをそろえ、知的財産のリスク解消に向けて今後より一層取り組みを強化することも意味しています。LOT Network に加入したことにより、マイクロソフトが特許を主張する企業に特許を譲渡した場合、他の加入企業にも無料でその特許の使用許可が与えられることになります。この取り決めは、本日より、135 万個ほどの特許を持つ約 300 社の LOT Network 加入企業 (英語)…


Azure DevOps のご紹介

執筆者: Jamie Cool (Director of Program Management, Azure DevOps) このポストは、2018 年 9 月 10 日に投稿された Introducing Azure DevOps の翻訳です。   マイクロソフトは本日、Azure DevOps を発表しました。世界中のお客様や開発者の皆様と関わらせていただいていると、スムーズなチーム作業には DevOps が欠かせなくなってきていることがわかります。Azure DevOps には、ソフトウェア開発チーム向けのツール提供に 15 年以上もの投資と学習を続けてきたことで得た教訓が活かされています。今回のリリースに向けて、先月は大小さまざまなチームの 80,000 人以上のマイクロソフト内部ユーザーと多くのお客様にこのサービスを使用していただきました。 Azure DevOps はパブリック クラウドとしては最も包括的な製品で、開発ライフサイクルの広い範囲を網羅し、開発者の皆様が高品質なソフトウェアを迅速にリリースできるように支援します。Azure DevOps では以下の機能が提供されます。 Azure Pipelines あらゆる言語、プラットフォーム、クラウドに対応した CI/CD 機能。GitHub や任意の Git リポジトリに接続し、継続的にデプロイできます。詳細はこちら > Azure Boards かんばんボード、バックログ、チーム ダッシュボード、カスタム レポートを備えた強力な作業追跡ツール。詳細はこちら > Azure Artifacts 公開されているソースやプライベートなソースからの…


Go 開発者による迅速なクラウド アプリの作成を可能にするためのマイクロソフトの取り組み

執筆者: Josh Gavant (Senior Program Manager, Azure Developer Experience) このポストは、2018 年 8 月 28 日に投稿された Helping Go developers build better cloud apps faster の翻訳です。   本日ここデンバーで、GopherCon の初日を迎えました。会場には約 2,000 人の Go 開発者が訪れ、その皆様にマイクロソフトの最新のサービスや情報をお伝えできたことを嬉しく思います。マイクロソフトは今年の初めに、Azure SDK for Go の一般提供を開始しました。それ以来、Azure、Visual Studio Code、Visual Studio Team Services 向けの Go ツールやサービスの開発に精力的に取り組んでいます。Go 開発者の皆様にクラウド アプリをさらに迅速に作成していただけるように、マイクロソフトはクラウド ネイティブなワークフローの対応範囲を広げられるよう、引き続き以下のような取り組みを進めていきます。 Go 開発者に人気のエディター「Visual Studio Code」によるコードの作成とテスト。視覚的なブレークポイントによるデバッグ、保存時の Go 書式の適用、開発者の生産性とスピードを向上させるコード補完などを可能にします。 プライベート Git リポジトリをホストし、アプリを…


Linux VM 用 DPDK (Data Plane Development Kit) の一般提供を開始

執筆者: Laxmana Rao Battula (Senior Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 8 月 21 日に投稿された DPDK (Data Plane Development Kit) for Linux VMs now generally available の翻訳です。   Azure Linux 仮想マシン (VM) 用 Data Plane Development Kit (DPDK) の一般提供をすべての Azure リージョンで開始しました。この機能は、VM のカーネル ネットワーク スタックをバイパスするハイ パフォーマンス アプリケーション向けの、ユーザー領域のパケットを高速で処理するフレームワークです。 DPDK は、仮想ルーター、ファイアウォール、VPN、ロード バランサー、Evolved Packet Core (EPC)、サービス拒否 (DoS) アプリケーションなどをネットワーク仮想アプライアンスの形で実装するネットワーク機能の仮想化を進めるうえで、パフォーマンス向上に大きく貢献します。DPDK は、Azure…


Azure Database の予約容量の一般提供

執筆者: Lindsey Allen (Partner GPM, Azure SQL Database) このポストは、2018 年 8 月 8 日に投稿された Announcing general availability of Azure SQL Database reserved capacity の翻訳です。   このたび、Azure をお客様のワークロードにとって最もコスト効率の良いクラウドにする取り組みの一環として、Azure SQL Database の Single Database と Elastic Pool 向けの予約容量オプションの一般提供を開始いたします。この新しい価格オプションでは、1 年間または 3 年間の SQL Database の仮想コアのリソースを事前に購入することで、ライセンス付きの価格より最大 33%1 もコストを節約することができます。 Azure は最もコスト効率の良い SQL Server ワークロード向けクラウド 現在、有効なソフトウェア アシュアランスをお持ちのお客様は、SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典と仮想コア…


Azure App Service で Java SE on Linux をサポート

執筆者: Joaquín Vano (Principal aSoftware Engineering Manager, Azure App Service) このポストは、2018 年 7 月 25 日に投稿された Azure App Service now supports Java SE on Linux の翻訳です。   このところ、Java と活気ある Java コミュニティに大きな変化が起きています。Java は開発者や企業の間で最も広く使用されているプログラム言語であり、Oracle の Java SE と Eclipse Foundation の Jakarta EE (旧称 Java EE) の間で共有されています。現在は、世界中の 1,200 万人以上もの Java 開発者が最新アプリケーションを開発し、多くの IT 企業でデジタル トランスフォーメーションが進められています。今日のクラウドの繁栄において Java は非常に重要な存在となっています。 既存または開発が進められているさまざまな…


Azure Kubernetes Service を使用した運用環境レベルのワークロードのオーケストレーション

執筆者: Brian Redmond (Cloud Architect, Azure Global Black Belt Team) このポストは、2018 年 7 月 26 日に投稿された Orchestrating production-grade workloads with Azure Kubernetes Service の翻訳です。   Kubernetes が 3 周年を迎えました! Kubernetes はリリースからわずか 3 年という短い期間で、コンテナー化されたワークロード向けのオーケストレーションの業界標準となりました。Azure ではこの 3 年にわたって、お客様が Kubernetes をクラウドで実行できるよう支援してきました。Kubernetes を使用するとオーケストレーションのタスクを大幅に簡素化できますが、Kubernetes を最大限に活用するためにはさまざまな設定と管理が必要になります。それに役立つのが、Azure Kubernetes Service (AKS) です。企業が求める要件に対するマイクロソフトならではの知識と、開発者の皆様を支援してきたこれまでの実績を活かして複雑なさまざまな問題に対処し、クラウドで最も優れた Kubernetes エクスペリエンスを提供するマネージド サービスです。 このブログでは、Azure のお客様が Azure Kubernetes Service を利用して実現した優れたシナリオをいくつかご紹介します。それが終わったら、一緒に Kubernetes の…