Azure SQL Database サーバーレス レベル: コンピューティング能力の自動スケーリング、料金とパフォーマンスのバランスの最適化

執筆者: Morgan Oslake (Principal Program Manager, Azure SQL Database) このポストは、2019 年 5 月 17 日に投稿された Optimize price-performance with compute auto-scaling in Azure SQL Database serverless の翻訳です。   パフォーマンス目標の達成とコスト削減を両立するようにコンピューティング リソースを適切に割り当てるのは、容易なことではありません。使用パターンが複雑なデータベース ワークロードでは、特に難しい問題です。この問題に対応するために、マイクロソフトは Azure SQL Database の新しいコンピューティング レベルとして、サーバーレス レベルのプレビューを開始しました。このコンピューティング レベルでは、断続的に利用され使用状況を予測できないデータベースのコストとパフォーマンスのバランスを最適化しながら、パフォーマンス管理を簡素化することができます。使用パターンが適しているアプリケーションとしては、基幹業務アプリケーション、開発/テスト用データベース、コンテンツ管理、e コマース システムなどが挙げられます。また、アプリケーションに必要な演算能力の変化が激しい場合や、ワークロードを頻繁にスケーリングしてコストを削減したい場合にも適しています。サーバーレス レベルでは、フルマネージドでインテリジェンス機能が組み込まれている SQL Database のメリットを活用することができ、アプリケーション開発の迅速化、運用の簡素化、総コストの削減に効果的です。 コンピューティング能力の自動スケーリング SQL Database サーバーレス レベルでは、ワークロードの要求に応じて Single Database のコンピューティング能力が自動スケーリングされます。コンピューティング料金は、実際に使われた時間に応じて 1 秒単位で計算されます。これに対して、SQL Database プロビジョニング済みコンピューティング…


Cosmos 開発者向けの Azure Cosmos DB に関する最新発表

執筆者: Rimma Nehme (Product Manager and Architect, Azure Cosmos DB) このポストは、2019 年 5 月 14 日に投稿された A Cosmonaut’s guide to the latest Azure Cosmos DB announcements の翻訳です。   Microsoft Build 2019 では、新しい Apache Spark のビルトイン サポートを利用したリアルタイム運用分析や新しい Jupyter ノートブック エクスペリエンスなど、すべての Azure Cosmos DB API 向けの魅力的な新機能が発表されました。これらの機能により、お客様が世界規模のグローバル分散型アプリを容易に構築できると考えています。 今回は、この他に Microsoft Build で発表された開発者エクスペリエンスの機能強化についてご紹介します。 etcd API による Kubernetes 開発の支援 etcd (英語)…


Azure Cosmos DB による世界規模の運用分析と AI

執筆者: Rimma Nehme (Product Manager and Architect, Azure Cosmos DB) このポストは、2019 年 5 月 7 日に投稿された Planet scale operational analytics and AI with Azure Cosmos DB の翻訳です。 このたび Microsoft Build 2019 において、Azure Cosmos DB の新機能を発表しました。Azure Cosmos DB は、世界規模で運用するグローバル分散インテリジェント アプリを容易に構築できるサービスです。 Azure Cosmos DB での Apache Spark のビルトイン サポートにより、世界規模での運用分析が可能に すべての Azure Cosmos DB API で Jupyter ノートブックをビルトイン…


Azure SQL Database Edge: エッジでインテリジェント データを有効にする

データの世界は急速に変化しており、エッジで格納して処理することを想定しているデータはますます増えています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/azure-sql-database-edge-enabling-intelligent-data-at-the-edge/


Hyperscale を使用して Azure データベース ワークロードでハイパフォーマンス スケーリングを実現する

今日のデータ主導の世界では、デジタル トランスフォーメーションの促進は、大量データの管理およびその潜在能力を活用する能力にますます依存しています。インテリジェントなアプリケーションや没入型のアプリケーションを構築する開発者は、リソースの制限に束縛されてはなりません。なぜなら、最終的にカスタマー エクスペリエンスに影響を与えることになるためです。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/get-high-performance-scaling-for-your-azure-database-workloads-with-hyperscale/


マネージド ID による Azure SQL Database のセキュリティ強化がさらに簡単に!

執筆者: Nick Brown (Security Software Engineer, Cloud & AI Security Green Team) このポストは、2019 年 4 月 25 日に投稿された Securing Azure SQL Databases with managed identities just got easier! の翻訳です。   Azure Services App Authentication ライブラリ バージョン 1.2.0 (英語) のプレビュー 2 がリリースされました。このリリースでは、既存の .NET アプリで Azure SQL Database へのシンプルかつシームレスな認証が可能になり、コードを変更する必要はなく、設定を変更するだけで済むようになりました。これまで既存の SQL アプリでマネージド ID と AAD ベース認証を使用するには、認証に使用するアクセス トークンを取得および設定するために、コードを変更する必要がありました。開発者の多くは App…


Azure 上の運用環境に Grafana をデプロイする

執筆者: Parikshit Savjani (Senior Program Manager, Azure OSS Database service) このポストは、2019 年 4 月 15 日に投稿された Deploying Grafana for production deployments on Azure の翻訳です。   今回の記事は、マイクロソフトでテクニカル アドバイザーを努める Nick Lopez と共同で執筆しました。 Grafana (英語) は時系列メトリックの視覚化に広く使用されている先進的なオープン ソース ツールで、サーバーやアプリケーションのメトリック監視用視覚化ツールとして開発チームや運用チームの間で急速に普及しました。Grafana ダッシュボードを使用すると、運用チームはパフォーマンス、可用性、サービス全体の正常性を監視し迅速に対応することができます。また、Azure のサービスやアプリケーションの監視に便利なのが、Grafana Labs が開発した Azure Monitor データ ソース プラグイン (英語) です。このプラグインを使用すると、Azure Monitor と Application Insights から送られるすべてのメトリックを Grafana ダッシュボードに表示できます。Azure Monitor と…


マイクロソフトの Azure Cosmos DB が Forrester レポート「The Forrester Wave: Big Data NoSQL」のリーダーに選出

執筆者: Rimma Nehme (Product Manager and Architect, Azure Cosmos DB) このポストは、2019 年 3 月 20 日に投稿された Microsoft’s Azure Cosmos DB is named a leader in the Forrester Wave: Big Data NoSQL の翻訳です。   マイクロソフトの Azure Cosmos DB が、「The Forrester Wave™: Big Data NoSQL, Q1 2019」でリーダーの評価を獲得しました。Forrester によるこの調査結果は、Azure Cosmos DB の業績が好調であること、また高い顧客満足度を裏付けるものとマイクロソフトは考えています。 NoSQL プラットフォームを導入する組織が増加 Forrester のレポートでは次のように説明されています。「グローバル データや分析テクノロジを扱う意思決定者の半数が NoSQL…


Azure Database for PostgreSQL 向け TimescaleDB で IoT と時系列のワークロードを強化する

Timescale とのパートナーシップにより、Azure Database for PostgreSQL で TimescaleDB のサポートがいよいよ開始されました。これにより、お客様が IoT と時系列ワークロードを構築できます。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/power-iot-and-time-series-workloads-with-timescaledb-for-azure-database-for-postgresql/


Azure SQL Data Warehouse: ワークロードの重要度のプレビューを開始

執筆者: Ron Ortloff (Senior Program Manager) このポストは、2019 年 3 月 14 日に投稿された Now available for preview: Workload importance for Azure SQL Data Warehouse の翻訳です。   Azure SQL Data Warehouse は、あらゆる規模の企業で利用できる高速で柔軟な安全性の高い分析プラットフォームです。本日マイクロソフトは、Gen2 プラットフォームで、ワークロードの重要度のプレビューを開始しました。ワークロードの重要度はお客様のリソース管理の効率化を支援する機能で、データ エンジニアは要求を重要度別に分類することができます。重要度が高い要求は優先的にリソースにアクセスできるようになり、SLA を満たしやすくなります。 データ ウェアハウス ソリューションの運用では、多くの場合、「少ないコストでより大きな成果」を出すことが求められますが、コンピューティング リソースを簡単にスケールアップできるようになれば、より柔軟な運用が可能になります。しかし、予算の制限が厳しかったり、スケールダウンの必要がある場合は一筋縄ではいきません。ワークロードの重要度を使用すると、リソースの限られた共有環境で、ビジネス価値の高い処理が優先的に SLA を満たせるようになります。 ワークロードの重要度の機能を以下のアニメーションで説明しましょう。アナリストの要求が続いた後、最後に CEO の要求が送信されました。CEO の要求は高い重要度に分類されたため、リソースへのアクセスが先に割り当てられました。これにより、完了までの時間も短縮されています。 重要度で要求を分類する方法 要求の分類は、新たに追加された CREATE WORKLOAD CLASSIFIER (英語) 構文で行うことができます。以下のログインの例をご覧ください。ExecutiveReports ロールが ABOVE_NORMAL重要度にマッピングされ、AdhocUsers ロールが BELOW_NORMAL 重要度にマッピングされています。この構成では、ExecutiveReports…