Red Hat Summit にてエンタープライズ クラウド向けのオープン ソースの新たな進展を発表

執筆者: Joseph Sirosh (Corporate Vice President, Data Group, Microsoft) このポストは、6 月 27 日に投稿された Announcing new open source advancements for the enterprise cloud at Red Hat Summit の翻訳です。   ドライバーなしで走行する自動運転車やセンサーで監視された製造設備、洪水を予測して被害を防ぐスマート シティなど、デジタルによる変革は今まさに進行中です。この変革はクラウドによって支えられていますが、その裏にはもう 1 つの推進力が働いています。それが、オープン ソース テクノロジです。Forrester Research の調査によると、IT 部門の意思決定者の 40% 以上がオープン ソースを次年度の「重要な優先事項」として捉え、急速な変化を続けるクラウドの世界で必要とされる資産として、「俊敏性」と「柔軟性」を挙げています。このように回答したのは、大部分がさまざまな業界の大企業の IT 意思決定者であることからも、企業におけるイノベーションの促進を支えるオープン ソース テクノロジの重要性がうかがえます。 マイクロソフトは、今週サンフランシスコで開催中の Red Hat Summit において、企業のお客様の現在と未来に向けた選択肢やエコシステムに対する取り組みについて、いくつかの新しい発表を行っています。マイクロソフトの取り組みにより、企業のお客様はオープンかつ柔軟なエンタープライズ対応のクラウドを活用し、デジタルによる変革を促進できるようになります。また、開発者の皆様は任意の言語、ツール、プラットフォームを利用して、クラウドを活用した独自のアプリケーションを作成できるようになります。 まず、.NET Core 1.0 と ASP.NET Core…


Azure の企業向けサポートを1年間無償でアップグレード

執筆者: Arpan Shah (Sr. Director, Microsoft Azure) このポストは、4 月 26 日に投稿された Announcing Azure support upgrade for enterprises の翻訳です。 ポスト投稿後に情報が更新されていますので、最新の情報はこちらのページ  をご確認ください。 マイクロソフトは、Azure をご利用の企業ユーザーの皆様に対するサポートをアップグレードすることを発表しました。2016 年 5 月 1 日~ 2017 年 6 月 30 日の期間中、Microsoft Azure をご利用の対象ユーザーの皆様へのサポートが 1 年間アップグレードされます。このアップグレードは、お客様のクラウドへの移行をより強力に支援することを目的としたもので、無料で提供されます。 対象ユーザーのうち有料サポートを購入していないお客様には、Azure Standard サポートが自動で適用され、サブスクリプション管理と障害対応に関する問題の技術サポートを無制限にご利用いただけるようになります。一方、Azure Standard サポートを購入されたお客様の場合は、Professional Direct サポートにアップグレードされます。Professional Direct サポートでは、Standard よりも初期対応までの所要時間が短縮されるほか、優先度が高い問題のエスカレーション管理、ビジネス上重要な問題やアカウント管理に対するプロアクティブな監視サポートが提供されます。また、現在 Professional Direct サポートをご利用のお客様には、さらに高度なサポートが提供されます。今回のサポート アップグレードの詳細については、こちらのページ (英語) を参照してください。 Azure チームは、お客様がクラウドのメリットを活用して、より多くのことを実現していただけるようにすることを目指しています。中でも、お客様のニーズを満たすことに集中的に取り組んでおり、SaaS、IaaS、PaaS、オンプレミス…


マイクロソフト データセンターが世界で初めてクラウド セキュリティ ゴールド マークを取得

執筆者: Alice Rison (Senior Director, Microsoft Azure) このポストは、3 月 1 日に投稿された Microsoft first global CSP to receive the Cloud Security Mark (Gold) accreditation の翻訳です。   先日マイクロソフトは、当社のコンプライアンス規格が新たな ISO/IEC 27017 標準であるクラウド セキュリティ (CS) マークの認定を受けたことを発表しました。 この取り組みは、日本の総務省と経済産業省が設立した非営利活動法人「日本セキュリティ監査協会 (JASA)」との緊密な協力のもとで進められました。JASA と同法人公認の監査人による厳格な評価を受けた結果、マイクロソフトは JASA による CS ゴールド マークの認定を受けました。 2016 年 2 月 10 日には、Microsoft Azure がサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) とサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) で認定を取得し、Microsoft Office 365 がサービスとしてのソフトウェア…

0

電子書籍のご案内:Enterprise Cloud Strategy – 自社アプリケーションをクラウドに移行することをご検討中の皆様へ

執筆者: Eduardo Kassner (Cloud and Data Services Architecture, Worldwide Director) このポストは、2 月 16 日に投稿された Guidance for enterprises looking to take their application portfolio to the cloud の翻訳です。 貴社のポートフォリオ全体において、すべての部署とそこで使用するアプリケーションの運用を効率化し、同時にイノベーションも達成することができたら素晴らしいと思いませんか? また、クラウドそのものやクラウド環境で利用可能なすべてのリソースと機能を活用することで、「個別の力によって得られる成果よりも、総体的な力によって得られるより大きな成果」を実現できたら良いと思いませんか? これらは、その道しるべとなる的確なロードマップと確固たる戦略があれば実現できます。マイクロソフトは先日、アプリケーション カタログをクラウドに移行することが企業環境にどう影響するかを広く調査しました。最近発表した電子書籍『Enterprise Cloud Strategy』(Barry Briggs と私による共同執筆) では、私たちマイクロソフトが経験した道のりと、お客様の実際の事例を紹介しています。 ここに載っている戦略は、貴社のロードマップ作成にきっと役立つと思いますので、どうぞこちら (英語) からご一読ください。 この本では以下のような移行戦略を提示し、それぞれのメリットとデメリットを詳しく説明しています。 ホストの変更: VM や運用環境を、オンプレミスのデータセンターからホスト先やクラウドに移行します。このモデルはコロケーションとも呼ばれます。 プラットフォームの変更: コストや運用上の要件の変更によって従来の環境を維持できなくなった場合の解決策として、コードの変更が不要で運用の整合性と安全性も失われずに済む「持続とラッピング」という方法があります。 使用の中止と再作成 (または再企画): 従来の環境では対応できない要件が発生した場合は、新たな要件に対応した環境向けにアプリケーションを再作成するのがベストな方法です。この問題は、アプリケーションのポートフォリオを見直したり、類似の機能を統合するときによく発見されます。 急速な成長: 従来の IT 環境からは絶対にアクセスできなかった機能や能力が、クラウド環境では新しいコンピューティング モデル、データ モデル、サービス モデルとして提供されます。このことから、多くのアプリケーションがクラウド環境で急成長を遂げ、分析、レポート、高速演算、グラフィックなどのさまざまな分野でイノベーションを起こしています。一般的には、使用頻度が高い…

0

クラウド プラットフォーム リリースのお知らせ - 2015 年 9 月 16 日

このポストは、9 月 17 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for September 16, 2015 の翻訳です。 こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。 マイクロソフトは、現在の “モバイル ファースト、クラウド ファースト” の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現するうえで、すべてのお客様を支援します。 クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。 クラウドでの消費者の ID およびアクセス管理: Azure Active Directory B2C B2B collaboration でパートナーとリソースを共有 クラウドからの構成管理を簡素化 Azure Backup IaaS VM Protection の一般提供を開始 Cloud Platform System Update 2 の一般提供を開始 Power BI コンテンツ パックの一般提供を開始 Revolution R Open…

0

クラウド プラットフォーム リリースのお知らせ - 2015 年 8 月 19 日

このポストは、8 月 20 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for August 19, 2015 の翻訳です。 こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。 マイクロソフトは、現在の “モバイル ファースト、クラウド ファースト” の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現するうえで、すべてのお客様を支援します。 クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。 マイクロソフト、コンテナーや Software Defined Datacenter の強化を含む次の Windows Server 2016 Preview を提供 System Center Configuration Manager Technical Preview 3 Microsoft Intune のサービス更新 MSDN の新特典: Power BI Pro MSDN の新特典: eDevTech SmartOffice4TFS および…

0

クラウド プラットフォーム リリースのお知らせ - 2015 年 8 月 6 日

このポストは、8 月 7 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for August 6, 2015 の翻訳です。 こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。 マイクロソフトは、現在の “モバイル ファースト、クラウド ファースト” の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現する上で、すべてのお客様を支援します。 クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。 Azure Data Factory の一般提供開始 SQL Server 2016 コミュニティ テクニカル プレビュー 2.2 に関するハイライト Team Foundation Server 2015 の RTM Microsoft Identity Manager の一般提供開始 Azure Premium Storage 東日本での一般提供開始 Azure Machine Learning Studio…

0

クラウド プラットフォーム リリースのお知らせ – 2015 年 7 月 22 日

このポストは、7 月 23 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for July 22, 2015 の翻訳です。 こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。 マイクロソフトは、現在の “モバイル ファースト、クラウド ファースト” の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現するうえで、すべてのお客様を支援します。 クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。 Enterprise Mobility に関する発表 Microsoft Advanced Threat Analytics (ATA) – 2015 年 8 月一般提供開始 Azure Rights Management の Office for iPad サポート – 一般提供開始 Azure Marketplace Azure Pack v2 UR7 7 月…

0

クラウド プラットフォーム リリースのお知らせ – 2015 年 7 月 13 日

このポストは、7 月 14 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for July 13, 2015 の翻訳です。 こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。 マイクロソフトは、現在の “モバイル ファースト、クラウド ファースト” の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現するうえですべてのお客様を支援します。 クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。 Cortana Analytics Suite CSP におけるクラウドおよびエンタープライズ Microsoft Azure Certified for Hybrid Cloud (サービス プロバイダー向けの新しいプログラム) Azure Mentor Program (AMP) – 英語のみ提供 Power BI 一般提供開始の事前発表 Spark for Azure HDInsight のパブリック プレビュー   Cortana Analytics…

0