エンタープライズ クラウドとしての Azure: Microsoft Ignite 2017 のハイライト

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Cloud Platform) このポストは、10 月 2 日に投稿された Azure is the Enterprise Cloud – highlights from Microsoft Ignite 2017 の翻訳です。   Ignite は、私が 1 年で最も楽しみにしている期間です。今回もお客様と直接お会いし、現在どのような取り組みを行っているのか、どのような技術ロードマップを検討しているのかなどをお話できた充実の 5 日間でした。話題はコンテナー、クラウド セキュリティ、機械学習、量子計算など多岐にわたりました。Ignite ではまた、多くの新機能や Azure サービスのリリース情報、更新情報が発表されました。 ここでは、このビッグ イベントで発表された中でも特に重要だった Azure の話題と、役立つ情報満載の記事をご紹介します。 ハイブリッド クラウドの進化: お客様の声をまとめると、パブリック クラウドが良いかプライベート クラウドが良いかという議論はほぼなくなり、分散型ハイブリッド クラウドのメリットが技術的にもビジネス的にも認められつつあるように感じました。分散型ハイブリッド クラウドはパブリック クラウドとオンプレミス上のリソースを組み合わせたもので、技術的な条件やビジネス ポリシーに対処できる最適なソリューションです。Azure Stack システムの出荷が開始されたことで、Satya Nadella が語っていた「インテリジェント クラウドとインテリジェント エッジ」というアプローチに対するお客様の理解がさらに深まったように見えました。また、レポーター、アナリスト、顧客の皆様に、SQL Server…


Ignite 2017 で発表されたクラウド移行の障壁を解消する Azure の新機能

執筆者: Microsoft Azure このポストは、9 月 25 日に投稿された New Azure advancements remove cloud barriers for enterprises at Ignite 2017 の翻訳です。   今回は、クラウドおよびエンタープライズ担当エグゼクティブ バイス プレジデントを務める Scott Guthrie の記事をご紹介します。 クラウド テクノロジにより、大企業、中小企業、政府機関のすべてのお客様がデジタル改革の時代に突入しました。こうした組織の大半がクラウド ファーストのテクノロジ戦略に移行したものの、現状ではテクノロジの複雑さや規制の変化など、さまざまな理由から、この戦略の実現に向けた初期段階に留まっている場合がほとんどです。この数年間、Microsoft Azure チームでは、きわめて複雑なテクノロジ要件やポリシー要件にも Azure のみを使用して対応できるように、大企業のお客様にとっての障壁をすべて解消することに集中的に取り組んできました。この取り組みは、大企業のお客様に新しい機会を提供することを目的としたものですが、それ以外のお客様にもメリットがもたらされます。マイクロソフトは基本的な理念として、企業の規模や歴史の長さを問わず、あらゆる企業や組織がクラウドによって実現されるメリットを享受するべきだと考えているのです。 オーランドで開催された今回の Microsoft Ignite カンファレンスでは、クラウドに多数の機能が求められる時代は終わり、そのクラウドを利用してどれほど大きな成果を挙げられるかが重要になったことをお話ししました。Azure には、マイクロソフトが誇る大企業に関する深い知識とテクノロジの複雑さに取り組む意欲が反映されており、あらゆるお客様が他のサービスとは異なる方法でクラウドを利用して成果を挙げることができるように支援します。これを実現するために、マイクロソフトは Ignite でご紹介した 4 つの主要分野のイノベーションに重点的に取り組んできました。その 4 つの主要分野とは、IT 部門と開発者の生産性向上、ハイブリッド クラウドの一貫性の確保、AI ソリューションの実現、そしてセキュリティ、プライバシー、コストの制御機能を通じた信頼性の確保です。 クラウドで生産性を向上 クラウドに移行するアプリケーションの規模と複雑さが増大する中で、効率的にビルド、デプロイ、管理を行うためには包括的なツールセットが必要とされています。特に管理機能について言えば、Azure の統合管理ツールのエンドツーエンドの監視機能やアラート機能は継続的に拡張されており、Azure で作成されたすべての VM のポリシーを一元管理できるようになりました。新たに Azure Cloud…


Azure Stack のセキュリティとコンプライアンス

執筆者: Filippo Seracini (Program Manager) このポストは、8 月 23 日に投稿された Security and Compliance in Azure Stack の翻訳です。   Azure Stack のセキュリティ ポスチャとコンプライアンス検証のロードマップ プライベート クラウドやハイブリッド クラウドでインフラストラクチャを管理しながら、IaaS や PaaS によるアプリケーションの刷新を進めようとする場合、セキュリティの考慮事項やコンプライアンス規定が重要になります。Azure Stack はこのようなシナリオ向けに、セキュリティとコンプライアンスを重視して設計されています。 Azure Stack の実装を開始する前に、マイクロソフトはソリューションのセキュリティに関して期待することをお客様に伺いました。予想どおり、ほとんどのお客様が、認証済みの独自のセキュリティ機能が既定で強化されているソリューションを求めていることが明らかになりました。また、コンプライアンス関連の面倒な事務処理に関する悩みも寄せられました。 このようなご意見を参考に Azure Stack を実装しました。 この記事では、Azure Stack インフラストラクチャのセキュリティ ポスチャの概要と、フィードバックへの対応内容をご紹介します。また、コンプライアンス認定プロセスの迅速化や事務手続きの簡略化に対する取り組みについてもお伝えします。 セキュリティ ポスチャ Azure Stack のセキュリティ ポスチャは、以下の 2 つの原則に基づいています。 侵害を想定した対応 既定での強化 侵害を想定した対応 (英語) は最新のセキュリティ アプローチで、侵入の防止だけでなく、侵入時の検出と拡散阻止にも重点を置いています。つまり、未然に防ぐというアプローチだけでなく、堅牢な検出機能の実装に積極的に取り組むということです。これにより、一部のコンポーネントが侵害を受けた場合でも、システム全体に直接的な影響が及ぶことはありません。 攻撃を受ける頻度が最も高いのは、さまざまな特権アクセスが関連付けられた管理者ロールです。マイクロソフトは、侵害想定の原則に基づいて、定義済みの制限付き管理者エクスペリエンスを作成しました。これにより、管理者の資格情報が侵害を受けた場合に、攻撃者がインフラストラクチャ内のすべてのコンポーネントに無制限にアクセスすることを防ぎ、システムで設定した以外の操作を行えないようにします。また、同じ原則に基づいて、Azure…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure Stack 販売開始、他 (2017/07/10)

このポストは、7 月 10 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for July 10, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトでは、ユーザーの皆様によるクラウドの利用をサポートする取り組みを日々行っています。私たちは幅広い製品ポートフォリオを通じてマイクロソフトならではの最新技術、総合的なモバイル ソリューション、開発ツールを提供しており、ユーザーの皆様にはこれらをご活用いただくことで皆様が本来持つ力を余すところなく発揮していただきたいと考えております。今回お届けする最新リリース情報は以下のとおりです。 Azure Stack の一般販売開始 Azure Managed Applications のプレビュー Azure Service Health のプレビュー SQL Data Warehouse のパフォーマンス向上とスケール拡大 Azure Managed Disks での Apache Kafka for HDInsight のプレビュー Azure の仮想マシン スケール セットの新しいネットワーク機能の一般提供 独立運営クラウドでの Azure Service Bus ハイブリッド接続機能の一般提供 Microsoft Cloud App…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure Stack TP3, Azure SQL DB 強化、他 (2017/3/8)

このポストは、3 月 8 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for March 8, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトは、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で企業がクラウドの文化に足を踏み入れるために必要なテクノロジとツールを提供しています。マイクロソフトの他にはないイノベーション、包括的なモバイル ソリューション、開発者ツールによって、当社のすべてのお客様のクラウド ファースト時代における真の可能性の実現を支援します。 クラウドによる迅速なイノベーションを期待されるお客様のニーズにお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。以下は、マイクロソフトの最新のリリース情報を一覧にしたものです。詳細をご覧になりたい場合は、各セクションのリンク先をご確認ください。今回の最新情報は次のとおりです。 Azure Stack の TP3 Visual Studio 2017 のリリース .NET Core Tools (CLI 1.0) のリリース Team Foundation Server 2017 Update 1 のリリース N|Solid の Azure Marketplace での一般提供 Azure SQL Database のデータ保護 –…


ハイブリッド アプリケーションのイノベーションを促進する Azure Stack の TP3 をリリース – 従量課金制モデルの導入も発表

執筆者: Jeffrey Snover (Technical Fellow, Microsoft Enterprise Cloud Group) このポストは、3 月 1 日に投稿された Azure Stack TP3 Delivers Hybrid Application Innovation and Introduces Pay-as-you-Use Pricing Model の翻訳です。   企業が成長を加速させ、他にはないカスタマー エクスペリエンスを生み出すためには、クラウド テクノロジをベースとした革新的なアプリケーションを開発することが重要です。従量課金で利用できるクラウド テクノロジを採用したアプリケーションは今や珍しくありません。マイクロソフトの目標は、ハイブリッド クラウド環境を採用している企業でも、自社のビジネス目標とアプリケーション設計に合わせてこれと同様の柔軟性とイノベーションを実現できるようにすることです。Azure Stack を通じて私たちが Azure テクノロジをオンプレミスに拡張している理由はここにあります。これに関連して、今回は Azure Stack に関する最新情報をお知らせします。 TP3 のダウンロード提供: 本日より Technical Preview 3 (TP3) のダウンロード (英語) が開始されました。アプリケーションをさらに刷新する機能や、Azure に接続できない場所で運用する機能が追加されたほか、インフラストラクチャとセキュリティに関する機能強化が実施されています。 パッケージと価格モデル: Azure Stack では、従量課金制を通じてクラウドの経済モデルをオンプレミスに提供します。 ロードマップの更新:…


MS クラウド ニュースまとめ (2016 年 9 月 26 日)- EMS E5, Azure Information Protection GA,他

このポストは、9 月 26 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for September 26, 2016 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトは、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で企業がクラウドの文化に足を踏み入れるために必要なテクノロジとツールを提供しています。マイクロソフトの他にはないイノベーション、包括的なモバイル ソリューション、開発者ツールによって、当社のすべてのお客様のクラウド ファースト時代における真の可能性の実現を支援します。 クラウドによる迅速なイノベーションを期待されるお客様のニーズにお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。以下は、マイクロソフトの最新のリリース情報を一覧にしたものです。詳細をご覧になりたい場合は、各セクションのリンク先をご確認ください。今回の最新情報は次のとおりです。 Microsoft Ignite (英語) で発表されるもの Enterprise Mobility + Security E5 の一般提供を開始 Microsoft Azure Information Protection の一般提供開始の事前発表 Windows Server 2016 のリリースを発表 System Center 2016 の LTSB Operations Management Suite の新サービスの販売開始を発表 Azure Stack の…


Azure Stack の最新 Technical Preview をリリース: 新たなアイデアやソリューションの創造を実現

執筆者: Jeffrey Snover (Windows Server in Azure Stack, Announcements) このポストは、9 月 26 日に投稿された New ideas, new solutions, new technical preview of Azure Stack の翻訳です。   このたび Azure Stack の Technical Preview 2 (英語) をリリースしました。これにより、さらにレベルアップした Azure の能力を企業の皆様のデータセンターでご利用いただけるようになります。最初の Technical Preview をリリースして以来、マイクロソフトは多くのお客様から Azure Stack で構築したいソリューションや解決したい問題についてご相談をいただき、そこから Azure Stack が Azure 環境をネイティブに拡張したものだと皆様に認識されていることがわかりました。そのとおり、Azure Stack は企業の皆様が抱えるビジネス上の個々の課題に合わせて新しいソリューションを実装したり、シャドー IT の根本的原因を解決するためにご利用いただけます。Azure Stack は Microsoft Azure…


Microsoft Azure Stack で Azure エコシステムのさらなる成長を実現するには

執筆者: Mark Jewett (Senior Director Product Marketing, Cloud Platform Marketing) このポストは、7 月 12 日に投稿された Growing the Azure Ecosystem with Microsoft Azure Stack の翻訳です。   本日、トロントで開催中の Microsoft Worldwide Partner Conference (英語) において、Microsoft Azure Stack で実現可能なビジネス チャンスについてパートナー様にお伝えする機会をいただきました。パブリック クラウドの最新技術をデータセンターに提供することを皆様にお話しすると、それによってビジネス上の問題をどのように解決できるようになるか、新しいアプリケーションやビジネス価値をどのように創出できるようになるか、最終的に自社のビジネス チャンスにどうつながるかというビジョンが次々と出てきたため、とても感銘を受けました。 Azure Stack の可能性を実現するには、パートナー様とリッチなエコシステムの存在が不可欠です。WPC では、業界全体がどのようにお客様のニーズに対応し、Azure Stack が掲げているお約束に貢献しようとしているかを垣間見ることができます。たとえば、システム ベンダーは統合システムを提供して、Azure との整合性を持つクラウドのデプロイと運用の複雑さの緩和を実現しています。また、サービス プロバイダーは、すぐに使用可能な Azure との整合性を持つクラウド サービスのホストや管理を担当しています。さらに、システム インテグレーターやテクノロジ コンサルタントは、Azure との整合性を持つクラウドをデプロイし、そこに革新的なハイブリッド ソリューションを構築する作業を支援します。最後に、ソフトウェア ベンダーは、Azure との整合性を持つクラウドで実行される多種多様な既製アプリケーションや、アプリケーションを迅速に開発するための各種コンポーネントやサービスを提供します。こうしたさまざまな立場から貢献いただいた成果として、マイクロソフト、サービス…


Microsoft Azure Stack: クラウド インフラストラクチャを統合システムとして提供

執筆者: Mike Neil (Corporate Vice President, Enterprise Cloud, Microsoft Corporation) このポストは、7 月 12 日に投稿された Microsoft Azure Stack: Delivering cloud infrastructure as Integrated Systems の翻訳です。   Microsoft Azure Stack テクニカル プレビュー 1 (TP1) はリリース後から多大な関心を集め、多くの企業の皆様に早期採用されています。Azure と完全な整合性を持つ Azure Stack のエクスペリエンスとパワーをさらに活用していただくことを目標に、TP1 では、ハイブリッド クラウド プラットフォームが提供できるイノベーションがどのようなものであるか、皆様がより具体的に思い描きやすいものになるように更新を行っています。ここでは、Azure Stack の提供方法についてより詳しくお伝えしたいと思います。 マイクロソフトがこの数か月にわたってよく耳にしたのは、Azure と Azure Stack が提供する独自のハイブリッド機能は、お客様やサービス プロバイダーのビジネスにとって大きな価値になるという声です。また、インフラストラクチャに関してよく聞かれる課題についても耳にしました。それは、複雑になることが多いデプロイメントや運用への対処に時間をとられるのではなく、アプリケーションやイノベーションの活用にもっと集中したいというものです。この課題はアナリストの調査でも常に浮上するもので、お客様は市場に出回る既存製品を使ってこの課題に取り組んでいます。 マイクロソフトはこれを踏まえて、グローバル規模の Azure インフラストラクチャを企業環境規模に設計し直すにあたって、Azure Stack の管理を容易にすることが不可欠であると考えました。お客様から寄せられた主な要望は以下のとおりです。 Azure の最新技術をすぐに活用したい。お客様は…