エンタープライズ クラウドとしての Azure: Microsoft Ignite 2017 のハイライト

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Cloud Platform) このポストは、10 月 2 日に投稿された Azure is the Enterprise Cloud – highlights from Microsoft Ignite 2017 の翻訳です。   Ignite は、私が 1 年で最も楽しみにしている期間です。今回もお客様と直接お会いし、現在どのような取り組みを行っているのか、どのような技術ロードマップを検討しているのかなどをお話できた充実の 5 日間でした。話題はコンテナー、クラウド セキュリティ、機械学習、量子計算など多岐にわたりました。Ignite ではまた、多くの新機能や Azure サービスのリリース情報、更新情報が発表されました。 ここでは、このビッグ イベントで発表された中でも特に重要だった Azure の話題と、役立つ情報満載の記事をご紹介します。 ハイブリッド クラウドの進化: お客様の声をまとめると、パブリック クラウドが良いかプライベート クラウドが良いかという議論はほぼなくなり、分散型ハイブリッド クラウドのメリットが技術的にもビジネス的にも認められつつあるように感じました。分散型ハイブリッド クラウドはパブリック クラウドとオンプレミス上のリソースを組み合わせたもので、技術的な条件やビジネス ポリシーに対処できる最適なソリューションです。Azure Stack システムの出荷が開始されたことで、Satya Nadella が語っていた「インテリジェント クラウドとインテリジェント エッジ」というアプローチに対するお客様の理解がさらに深まったように見えました。また、レポーター、アナリスト、顧客の皆様に、SQL Server…


Ignite 2017 で発表されたクラウド移行の障壁を解消する Azure の新機能

執筆者: Microsoft Azure このポストは、9 月 25 日に投稿された New Azure advancements remove cloud barriers for enterprises at Ignite 2017 の翻訳です。   今回は、クラウドおよびエンタープライズ担当エグゼクティブ バイス プレジデントを務める Scott Guthrie の記事をご紹介します。 クラウド テクノロジにより、大企業、中小企業、政府機関のすべてのお客様がデジタル改革の時代に突入しました。こうした組織の大半がクラウド ファーストのテクノロジ戦略に移行したものの、現状ではテクノロジの複雑さや規制の変化など、さまざまな理由から、この戦略の実現に向けた初期段階に留まっている場合がほとんどです。この数年間、Microsoft Azure チームでは、きわめて複雑なテクノロジ要件やポリシー要件にも Azure のみを使用して対応できるように、大企業のお客様にとっての障壁をすべて解消することに集中的に取り組んできました。この取り組みは、大企業のお客様に新しい機会を提供することを目的としたものですが、それ以外のお客様にもメリットがもたらされます。マイクロソフトは基本的な理念として、企業の規模や歴史の長さを問わず、あらゆる企業や組織がクラウドによって実現されるメリットを享受するべきだと考えているのです。 オーランドで開催された今回の Microsoft Ignite カンファレンスでは、クラウドに多数の機能が求められる時代は終わり、そのクラウドを利用してどれほど大きな成果を挙げられるかが重要になったことをお話ししました。Azure には、マイクロソフトが誇る大企業に関する深い知識とテクノロジの複雑さに取り組む意欲が反映されており、あらゆるお客様が他のサービスとは異なる方法でクラウドを利用して成果を挙げることができるように支援します。これを実現するために、マイクロソフトは Ignite でご紹介した 4 つの主要分野のイノベーションに重点的に取り組んできました。その 4 つの主要分野とは、IT 部門と開発者の生産性向上、ハイブリッド クラウドの一貫性の確保、AI ソリューションの実現、そしてセキュリティ、プライバシー、コストの制御機能を通じた信頼性の確保です。 クラウドで生産性を向上 クラウドに移行するアプリケーションの規模と複雑さが増大する中で、効率的にビルド、デプロイ、管理を行うためには包括的なツールセットが必要とされています。特に管理機能について言えば、Azure の統合管理ツールのエンドツーエンドの監視機能やアラート機能は継続的に拡張されており、Azure で作成されたすべての VM のポリシーを一元管理できるようになりました。新たに Azure Cloud…


パートナー セキュリティ ソリューションに Azure Security Center を採用すべき 4 つの理由

執筆者: Yair Tor (Principal Program Manager, Windows Azure Security) このポストは、10 月 13 日に投稿された Top 4 reasons for using Azure Security Center for partner security solutions の翻訳です。   ハイブリッド クラウドへの環境拡張を行う際、信頼できるパートナーのソリューションを採用したいと考えるのは当然のことです。Azure Marketplace には主要ベンダーのさまざまなセキュリティ ソリューションが揃っていますが、Azure Security Center では、主要ベンダーと連携して統合型の Azure エクスペリエンスを提供でき、Marketplace を活用したパートナー認定や請求が可能になるなど、多くのメリットが得られます。 Azure Security Center はエンドポイント保護 (Trend Micro)、Web アプリケーション ファイアウォール (Barracuda、F5、Imperva。近日中に Microsoft WAF、Fortinet にも対応)、次世代ファイアウォール (Check Point、Barracuda。近日中に Fortinet、Cisco にも対応) の各種ソリューションと統合されています。9…


MS クラウド ニュースまとめ (2016 年 9 月 26 日)- EMS E5, Azure Information Protection GA,他

このポストは、9 月 26 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for September 26, 2016 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトは、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で企業がクラウドの文化に足を踏み入れるために必要なテクノロジとツールを提供しています。マイクロソフトの他にはないイノベーション、包括的なモバイル ソリューション、開発者ツールによって、当社のすべてのお客様のクラウド ファースト時代における真の可能性の実現を支援します。 クラウドによる迅速なイノベーションを期待されるお客様のニーズにお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。以下は、マイクロソフトの最新のリリース情報を一覧にしたものです。詳細をご覧になりたい場合は、各セクションのリンク先をご確認ください。今回の最新情報は次のとおりです。 Microsoft Ignite (英語) で発表されるもの Enterprise Mobility + Security E5 の一般提供を開始 Microsoft Azure Information Protection の一般提供開始の事前発表 Windows Server 2016 のリリースを発表 System Center 2016 の LTSB Operations Management Suite の新サービスの販売開始を発表 Azure Stack の…


セキュリティを強化する Azure Security Center の一般提供を開始

執筆者: Sarah Fender (Principal Program Manager, Azure Cybersecurity) このポストは、7 月 21 日に投稿された Azure Security Center, now generally available, proven to improve security の翻訳です。   サイバー セキュリティの可視性と制御性を維持するうえで、問題は絶えることがありません。また、進化する攻撃に常に的確に対応できるようにすることも決して容易ではありません。企業がセキュリティ侵害を検出するのにかかる期間は、平均して 200 日以上にもなります。また、セキュリティ侵害の損失額は平均数百万ドルに達するなど、リスクは今かつてないほど高まっています。 マイクロソフトはこのような現状を見て、新たなアプローチが必要であると考えました。それは、グローバルな規模で運営しているクラウド サービスから収集してきた脅威インテリジェンスを利用する私たち独自のアプローチです。つまり、プラットフォームにセキュリティを統合し、さまざまなパートナーのソリューションを組み込んだものとなります。マイクロソフトは研究開発に毎年 10 億ドル以上もの資金を投じ、あらゆる分野で機能 (英語) を強化しています。 Azure ではこの投資を利用して、物理的、ネットワーク上、運用上のセキュリティを実現する強固な基盤を構築しています。この取り組みは業界のベスト プラクティスに基づくもので、幅広いコンプライアンス認定によって機能の効果が実証されています。 マイクロソフトは、Azure にデプロイしたリソースのセキュリティ目標を達成するためのツールの開発にも投資しています。そして今回、そのような最新のツールとして Azure Security Center の一般提供が開始されました。 プレビュー期間中には、Chronodrive、Jet.com、Metro Bank をはじめとするお客様が Azure Security Center を利用して、Azure リソースのセキュリティ状態の把握、クラウド セキュリティ ポリシー制御、セキュリティ構成の監視を行い、アクティブな攻撃を検出し、対応してきました。 このプレビュー期間中、Azure Security…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure Security Center 一般提供開始、Azure AD B2C 一般提供開始、他 (2016/07/27)

このポストは、7 月 27 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for July 27, 2016 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトは、今日のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で、企業がクラウドの文化に足を踏み入れるために必要なテクノロジとツールを提供しています。マイクロソフトの他にはないイノベーション、包括的なモバイル ソリューション、開発者ツールによって、当社のすべてのお客様のクラウド ファースト時代における真の可能性の実現を支援します。 クラウドによる迅速なイノベーションを期待されるお客様のニーズにお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。以下は、マイクロソフトの最新のリリース情報を一覧にしたものです。詳細をご覧になりたい場合は、各セクションのリンク先をご確認ください。今回の最新情報は次のとおりです。 Azure Security Center の一般提供を開始 Operations Management Suite の Network Performance Monitor とバックアップ監視機能 Azure Premium Storage の一般提供を追加リージョンで開始 (ブラジル南部) VNET Peering のパブリック プレビュー Azure AD B2C Basic の一般提供を開始 Azure AD Conditional Access の一般提供を開始…


MS クラウド ニュースまとめ – Eclipse Foundation参加表明, Azure Security Center, Azure RMS 強化, 他 (2016/03/16)

このポストは、2016 年 3 月 16 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for March 16, 2016 の翻訳です。 こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。 マイクロソフトは、現在の “モバイル ファースト、クラウド ファースト” の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現するうえで、すべてのお客様を支援します。 クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。 発表: Eclipse Foundation に参加へ 一般提供: Azure Security Center 用の Power BI コンテンツ パック (3 月) パブリック プレビュー: Windows 10 でのユーザーのローミングとバックアップを RMS でサポート 一般提供: スーパー ユーザーのアクセスに関する Azure RMS 用…

0

クラウド プラットフォーム リリースのお知らせ - 2015 年 12 月 2 日

このポストは、12 月 2 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for December 2, 2015 の翻訳です。 こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。 マイクロソフトは、現在の “モバイル ファースト、クラウド ファースト” の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現するうえで、すべてのお客様を支援します。 クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。 PowerApps の限定プレビュー Azure App Service: Mobile Apps の一般提供を開始 Azure Content Delivery Network Premium の一般提供を開始 Azure ポータルの一般提供を開始 Azure Container Service のゲート プレビュー Azure IoT Suite の構成済みの予測メンテナンス ソリューションを発表 HPE、Cloud Platform System Standard に対応した新しいハイパーコンバージド…

0

クラウド プラットフォーム リリースのお知らせ - 2015 年 11 月 18 日

このポストは、11 月 18 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for November 18, 2015 の翻訳です。 こちらのブログでは、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめて紹介します。 マイクロソフトは、現在の “モバイル ファースト、クラウド ファースト” の世界で、エンタープライズでのクラウド文化の採用を可能にするテクノロジとツールを提供します。当社の差別化されたイノベーション、包括的モバイル ソリューション、および開発者ツールが、クラウド ファースト時代の真の可能性を実現するうえで、すべてのお客様を支援します。 クラウドでの迅速なイノベーションを期待されるお客様にお応えして、マイクロソフトは幅広いクラウド プラットフォーム製品ポートフォリオを提供しています。お客様に最新情報を提供するため、以下の一覧に当社の最新リリースをまとめました。また、より多くの情報を必要とされるお客様のために、詳細情報へのリンクも示しています。今回の更新内容は次のとおりです。 Connect(); 2015 に関するお知らせ Enterprise Security Day に関するお知らせ Connect(); 2015 に関するお知らせ ビジネスの変革 無料プログラム Visual Studio Dev Essentials を提供。Visual Studio Dev Essentials は、あらゆるデバイス、オペレーティング システムでのアプリケーション作成時に開発者が必要とするすべてを提供します。プログラムの特典として、Visual Studio Community、Visual Studio Code、Visual Studio Team Services のほか、Pluralsight、Wintellect、Xamarin によるトレーニング…

0