MS クラウド ニュースまとめ – Azure SQL Database – 予約容量と Azure Hybrid Benefit で最大 80% のコスト カット 他 (2018 年 8 月 8 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 8 月 9 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for August 8th, 2018 の翻訳です。   Azure Virtual Machines の Azure RI のインスタンス サイズの柔軟性 Linux の料金 | Windows の料金 | Azure Reserved VM Instances の Web ページ このたび、インスタンス サイズの柔軟性をご利用いただけるようになりました。この新機能は、既存および新規に購入するすべての Azure Reserved Virtual Machine (VM) Instances に適用することができます。 インスタンス サイズの柔軟性のメリットは以下のとおりです。 Azure Reserved VM…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure Virtual Machines – M シリーズの一般提供、他 (2017/12/6)

このポストは、12 月 6 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for December 6, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトでは、ユーザーの皆様によるクラウドの利用をサポートする取り組みを日々行っています。私たちは幅広い製品ポートフォリオを通じてマイクロソフトならではの最新技術、総合的なモバイル ソリューション、開発ツールを提供しており、ユーザーの皆様にはこれらをご活用いただくことで皆様が本来持つ力を余すところなく発揮していただきたいと考えております。今回お届けする最新リリース情報は以下のとおりです。 Open Service Broker for Azure に関する情報開示 Azure Reserved Virtual Machine Instances の一般提供 Microsoft IoT Central のプレビュー Azure IoT Hub Device Provisioning Service の一般提供 Azure Virtual Machines – M シリーズの一般提供 N シリーズ Virtual Machines – NCv2 と…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure Reserved Virtual Machine Instances の一般提供開始 他 (2017/11/15)

このポストは、11 月 15 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for November 15, 2017 の翻訳です。   この記事では、クラウド プラットフォーム チームが進める一連の新しい更新をまとめてご紹介します。 マイクロソフトでは、ユーザーの皆様によるクラウドの利用をサポートする取り組みを日々行っています。私たちは幅広い製品ポートフォリオを通じてマイクロソフトならではの最新技術、総合的なモバイル ソリューション、開発ツールを提供しており、ユーザーの皆様にはこれらをご活用いただくことで皆様が本来持つ力を余すところなく発揮していただきたいと考えております。今回お届けする最新リリース情報は以下のとおりです。 Azure IoT Edge の新機能のパブリック プレビュー Azure Cloud Shell の一般提供開始 Azure のセキュリティと運用管理に関する更新: Visual Studio Team Services の Release Management と Application Insights の統合 Azure Cosmos DB の Apache® Cassandra API のプレビュー Azure Cosmos DB の 99.999% の読み取り可用性の一般提供開始…


Ignite 2017 で発表されたクラウド移行の障壁を解消する Azure の新機能

執筆者: Microsoft Azure このポストは、9 月 25 日に投稿された New Azure advancements remove cloud barriers for enterprises at Ignite 2017 の翻訳です。   今回は、クラウドおよびエンタープライズ担当エグゼクティブ バイス プレジデントを務める Scott Guthrie の記事をご紹介します。 クラウド テクノロジにより、大企業、中小企業、政府機関のすべてのお客様がデジタル改革の時代に突入しました。こうした組織の大半がクラウド ファーストのテクノロジ戦略に移行したものの、現状ではテクノロジの複雑さや規制の変化など、さまざまな理由から、この戦略の実現に向けた初期段階に留まっている場合がほとんどです。この数年間、Microsoft Azure チームでは、きわめて複雑なテクノロジ要件やポリシー要件にも Azure のみを使用して対応できるように、大企業のお客様にとっての障壁をすべて解消することに集中的に取り組んできました。この取り組みは、大企業のお客様に新しい機会を提供することを目的としたものですが、それ以外のお客様にもメリットがもたらされます。マイクロソフトは基本的な理念として、企業の規模や歴史の長さを問わず、あらゆる企業や組織がクラウドによって実現されるメリットを享受するべきだと考えているのです。 オーランドで開催された今回の Microsoft Ignite カンファレンスでは、クラウドに多数の機能が求められる時代は終わり、そのクラウドを利用してどれほど大きな成果を挙げられるかが重要になったことをお話ししました。Azure には、マイクロソフトが誇る大企業に関する深い知識とテクノロジの複雑さに取り組む意欲が反映されており、あらゆるお客様が他のサービスとは異なる方法でクラウドを利用して成果を挙げることができるように支援します。これを実現するために、マイクロソフトは Ignite でご紹介した 4 つの主要分野のイノベーションに重点的に取り組んできました。その 4 つの主要分野とは、IT 部門と開発者の生産性向上、ハイブリッド クラウドの一貫性の確保、AI ソリューションの実現、そしてセキュリティ、プライバシー、コストの制御機能を通じた信頼性の確保です。 クラウドで生産性を向上 クラウドに移行するアプリケーションの規模と複雑さが増大する中で、効率的にビルド、デプロイ、管理を行うためには包括的なツールセットが必要とされています。特に管理機能について言えば、Azure の統合管理ツールのエンドツーエンドの監視機能やアラート機能は継続的に拡張されており、Azure で作成されたすべての VM のポリシーを一元管理できるようになりました。新たに Azure Cloud…