MS クラウド ニュースまとめ – Azure Functions 2.0 の Java 対応 GA 他 (2019 年 2 月 25 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2019 年 2 月 25 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for February 25, 2019 の翻訳です。   Container Registry | Virtual Networkサポートのプレビュー Azure Container Registry のプレビューとして、ファイアウォール規則と Virtual Network をご利用いただけるようになりました。レジストリにアクセスできるのは、一部の Azure リソースかオンプレミスのリソース (Express Route 接続デバイスを含む) に制限されています。Virtual Network のサポートのプレビューは、Azure Container Registry の Premium サービス レベルでご利用いただけます。


MS クラウド ニュースまとめ – Service Bus および Event Hubs の Availability Zones の一般提供を開始 他 (2019 年 1 月 23 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2019 年 1 月 23 日に投稿された Cloud Release Announcements for January 23, 2019 の翻訳です。   Azure API Management | API Management の OpenAPI Version 3 サポートのプレビューを提供 OpenAPI 仕様 (英語) (旧称 Swagger) は、REST API のプログラミング言語に依存しない標準インターフェイス定義です。 このプレビュー版のリリースにより、Azure API Management は既にサポートしているこの仕様の Version 1.2 と Version 2.0 に加えて、Version 3 をサポートします。この機能の実装は OpenAPI.NET SDK (英語) に準拠します。 詳細については、こちらのブログ記事…


Azure のオープン ソース データベース サービスの最新情報 – Ignite 2018

執筆者: Sudhakar Sannakkayala (General Manager, Azure Data) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Latest updates to Open Source Database Services for Azure – Ignite 2018 の翻訳です。   2018 年 7 月に投稿したブログ記事では、MySQL と PostgreSQL 向けの Azure データベース サービスに新機能を追加しようと奮闘するチームの取り組み (英語) を紹介しました。そして、リレーショナル データベース エンジンの選択肢を広げ、一連の新機能をお届けするために行ってきたその成果が、Ignite 2018 に合わせて披露されます。この記事では、Azure の新サービスと既存のサービスに追加された新機能についてさらに詳しくお伝えしたいと思います。こうした新サービスや機能向上の取り組みは、お客様やユーザーの皆様からいただいたフィードバックをもとに実施しています。 Azure Database for MariaDB のプレビューを公開 Azure Database for MariaDB サービスのプレビューの提供が開始されました。このサービスは、エンタープライズ レベルのフル…


MS クラウド ニュースまとめ – SQL Server から Azure SQL Database へのオンライン移行のサポート 他 (2018 年 8 月 22 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 8 月 22 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for August 22, 2018 の翻訳です。   Azure SQL Database Managed Instance の General Purpose を近日中に正式リリース Azure SQL Database Managed Instance の General Purpose パフォーマンス レベルが、2018 年 10 月 1 日に正式リリースとなる予定です。Managed Instance は SQL Server とのほぼ完全な互換性を持つ新しいデプロイメント オプションで、オンプレミスのワークロードを最小限の変更でクラウドに移行できます。General Purpose パフォーマンス レベルは、大半のビジネス ワークロードに適した、バランスの取れたスケーラブルなコンピューティング オプションとストレージ…


Azure Database for MySQL の更新情報

執筆者: Sudhakar Sannakkayala (General Manager, Azure Data) このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された Latest updates to Azure Database for MySQL の翻訳です。   今年 3 月、MySQL のコミュニティ バージョンである Azure Database for MySQL の一般提供を開始しました。これにより、組み込みの高可用性、SLA による 99.99% の可用性保証、弾力的なパフォーマンス スケーリング、業界最高レベルのセキュリティとコンプライアンスを Azure で提供できるようになりました。一般提供開始後も、チームではさまざまな新機能や機能強化を実装し、サービス価値の向上に取り組んでいます。今回の記事では、お客様からのフィードバックを反映した新機能をご紹介します。   仮想ネットワーク サービス エンドポイント (プレビュー) でセキュリティを強化 Azure Database for MySQL の仮想ネットワーク サービス エンドポイントのパブリック プレビューを、すべての提供地域で開始しました。 これを使用すると、仮想ネットワーク内の特定の単一サブネットまたは複数のサブネットから論理サーバーへの接続を分離することができます。仮想ネットワークから Azure Database…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure IoT Edge の GA 他 (2018 年 6 月 27 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 6 月 28 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for June 27, 2018 の翻訳です。   Azure Data Lake Storage Gen2 のプレビュー Azure Data Lake Storage Gen2 は、スケーラビリティ、パフォーマンス、コスト効率のすべてに優れたビッグ データ分析用データ レイク ソリューションです。驚異的なスケーリング能力と効率性が組み込まれたハイ パフォーマンス ファイル システムにより、すばやくインサイトを得ることができます。これは、分析ワークロード向けに最適化された Azure Blob Storage の拡張機能です。保存したデータには、既存の Blob Storage や HDFS に準拠したファイル システム インターフェイスからアクセスすることができます。このとき、プログラムを変更したりデータをコピーしたりする必要はありません。Azure Data Lake Storage は、リージョンごとのデータ管理要件に準拠しています。 Azure Data…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure Kubernetes Service の一般提供 他 (2018 年 6 月 15 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 6 月 15 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for June 15, 2018 の翻訳です。   Azure Kubernetes Service の一般提供 – 提供リージョンの追加 Azure Kubernetes Service の一般提供を開始し、提供地域が拡大されました。これを利用することで、開発者は Azure で Kubernetes を運用するための専門的な知識がなくても、きわめて簡単にコンテナー ベースのソリューションを構築、実行することができます。Azure Kubernetes Service には、開発ツール、作業スペース、CI/CD 環境、ネットワーク、監視ツールなどが統合されているため、個々のサービスを組み合わせる手間をかけずに、コードの作成や配信に専念できます。 詳細については、Azure ブログの記事をご覧ください。   Azure のセキュリティと運用管理 – Security Center の新しい概要ダッシュボード Security Center の概要ダッシュボードの機能強化により、ハイブリッド クラウド ワークロードのセキュリティ状態を把握できるようになり、コンプライアンス要件への準拠、脅威にさらされるリスクの削減、検出された脅威への迅速な対応をさらに簡単に行えるようになりました。新しい概要ダッシュボードを利用すると、サブスクリプション レベルではなく、組織レベルでセキュリティ状態を把握できます。組織内の管理グループに対してセキュリティ ポリシーを設定できるようになるため、組織全体でセキュリティ体制を管理するうえでの課題を特定、解決できます。セキュリティ状態は組織全体のコンプライアンス…


MS クラウド ニュースまとめ – Windows Server 2019 の発表 他 (2018/3/21)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 3 月 21 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for March 21, 2018 の翻訳です。 Azure Databricks の一般提供 3 月 22 日に、Azure Databricks の一般提供を開始しました。Azure Databricks は、Azure に最適化された、高速で簡単かつインタラクティブな Apache® Spark™ ベースの分析プラットフォームです。Apache Spark の創始者の協力の下、Databricks と Azure 両方のメリットを組み合わせて設計されているため、ワンクリック セットアップや合理化されたワークフローのほか、データ サイエンティスト、データ エンジニア、ビジネス アナリストが共同で作業できるインタラクティブなワークスペースなど、イノベーションを加速する機能が豊富に揃っています。Azure のサービスである Azure Databricks には、Power BI、SQL Data Warehouse、Cosmos DB といった他の Azure サービスとネイティブに統合できるメリットだけでなく、Active Directory…


MS クラウド ニュースまとめ – Azure Migrate の一般提供 他 (2018/3/7)

このポストは、2018 年 3 月 7 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for March 7, 2018 の翻訳です。   Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL | 新しい価格モデルでのパブリック プレビュー Azure Database for MySQL と Azure Database for PostgreSQL の新しい価格モデルを発表 2018 年 2 月 20 日より、コンピューティングの課金単位が「コンピューティング ユニット」から「仮想コア」に変更され、MySQL サーバーおよび PostgreSQL サーバーにおけるハードウェア構成の透明性が向上しました。ストレージ容量とコンピューティング能力が切り離されたことで柔軟性が高まり、必要な容量のストレージをプロビジョニングして、コンピューティング能力とは別にスケーリングすることができます。新しい価格モデルの導入に伴い、ご利用中のストレージは、これまでの価格レベルに相当するレベルで自動的にプロビジョニングされます。新しい価格モデルでもプレビュー価格に変更はありません。詳しくは Azure のサポート Web サイトでご確認ください。 Cognitive Services の最新情報…