”HIBIYA 2018” 日比谷シャンテにおける AI を活用した近未来の消費体験開催中!

日本のブロードウェイと呼ばれる日比谷が新しく生まれ変わり、「日比谷シャンテ」でも、お客さまに近未来のショッピングとエンターテイメントを体験できるプロジェクト「HIBIYA 2018」を展開。 ゴジラ・ナイト開催初日同日(5/24)より日比谷シャンテ館内にて近未来のショッピング&レストラン体験が可能になりました。   <お客様に最適な映画を AI が提案> 日比谷シャンテの地下 2 階の休憩スペースのデジタルサイネージには、Microsoft Azure の AI サービス「Cognitive Services」を採用し、サイネージの上にあるカメラで前に立った人の年齢や性別、表情などを分析し、オススメ映画の予告を自動編成して放映します。人がサイネージ前に立っていない時は、通常のデジタルサイネージとして映画の予告編を流しています。  ※ 本サービスは、株式会社アロバ ( https://www.arobaview.com/ ) の「アロバビューコーロ」と連携しています。 <飲食店の空き状況をリアルタイムで表示> 空き状況を認識するため、13 の飲食店にセンサーを設置し、Microsoft Azure で構成したリアルタイム空席管理データベースを通じて、館内の 5 つのデジタルサイネージに各店の現在の混雑状況を表示しています。1 階のサイネージからも 2 階、地下 2 階の空き情報が一目でわかります。また、日比谷シャンテの外でも携帯・PC のブラウザからも確認することが出来ます。また日英が交互に表示され、訪日外国人にも利用いただけます。 ※ 本サービスは、株式会社バカン (https://www.vacancorp.com/) のリアルタイム空席管理プラットフォーム「VACAN」と連携しています。   <注文 0 分、会計 0 分、待ち時間 0 分> レジ待ちや注文待ちの時間を無くす「Putmenu」を館内の「リンガーハット TOKYO PREMIUM」に導入し、6 月 1 日より一般提供を開始します。レジでの支払いをすることなく、店舗の外でメニューをセレクトし、アプリに登録したクレジットカード等で、店舗内で決済をすることが出来ます。また、Microsoft Translator により 12…


日比谷にゴジラが襲来! AI と MR で変革 Hibiya 2018「ゴジラ・ナイト」開催中!

先日発表を行った、Microsoft HoloLens と Microsoft Azure の AI を活用した日本初の屋外アトラクションイベント「ゴジラ・ナイト」と近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA 2018」を 5/24 より開催しています。   ■ゴジラ・ナイト Microsoft HoloLens と Microsoft Azure の AI を活用した日本初の屋外アトラクションイベント「ゴジラ・ナイト」を日比谷ゴジラスクエアにて開始しました。   【ゴジラ・ナイト開催概要】 期間:2018 年 5 月 24 日 (木) 〜 5 月 29 日 (火) 場所:日比谷ゴジラスクエア (日比谷シャンテ前広場) 時間:18:30 〜 21:00 参加者:一般の方 140 名様(事前抽選により確定済み) その他:参加者以外の方に、参加者が HoloLens を装着して見ている映像を一部モニターにてご確認いただけます。また、HoloLens と新・ゴジラ像と撮影ができるフォトブースを用意しています。   ゴジラ・ナイトは東宝株式会社と日本マイクロソフト株式会社は連携し、Mixed Reality の技術により、まるで目の前にゴジラがいるかのような体験ができるアトラクションイベントです。参加者が Microsoft HoloLens を装着すると、118.5m…