Azure Kubernetes Service を使用した運用環境レベルのワークロードのオーケストレーション

執筆者: Brian Redmond (Cloud Architect, Azure Global Black Belt Team) このポストは、2018 年 7 月 26 日に投稿された Orchestrating production-grade workloads with Azure Kubernetes Service の翻訳です。   Kubernetes が 3 周年を迎えました! Kubernetes はリリースからわずか 3 年という短い期間で、コンテナー化されたワークロード向けのオーケストレーションの業界標準となりました。Azure ではこの 3 年にわたって、お客様が Kubernetes をクラウドで実行できるよう支援してきました。Kubernetes を使用するとオーケストレーションのタスクを大幅に簡素化できますが、Kubernetes を最大限に活用するためにはさまざまな設定と管理が必要になります。それに役立つのが、Azure Kubernetes Service (AKS) です。企業が求める要件に対するマイクロソフトならではの知識と、開発者の皆様を支援してきたこれまでの実績を活かして複雑なさまざまな問題に対処し、クラウドで最も優れた Kubernetes エクスペリエンスを提供するマネージド サービスです。 このブログでは、Azure のお客様が Azure Kubernetes Service を利用して実現した優れたシナリオをいくつかご紹介します。それが終わったら、一緒に Kubernetes の…


Azure Kubernetes Service 用 Dev Spaces を紹介

執筆者: Gabe Monroy (PM Lead, Containers @ Microsoft Azure) このポストは、2018 年 7 月 9 日に投稿された Introducing Dev Spaces for AKS の翻訳です。   本日、Azure Kubernetes Service (AKS) 用 Dev Spaces のプレビューを開始しました。これは Kubernetes 用アプリケーションの構築やデバッグを簡素化する機能で、Azure でのみ使用できます。Microsoft Build では、Scott Hanselman が講演の中で、複雑なマイクロサービス環境にあるアプリケーションを Dev Spaces を使っていかにすばやくデバッグ、修正できるかをお見せしました。この記事では、Build の講演に参加できなかった方やステージ上でのあのハプニング (英語) に気を取られてデモに集中できなかった方のために、Dev Spaces ならではのメリットについて紹介したいと思います。 まず想像していただきたいのは、独自の構成とバックエンド サービスを持つ数十個のコンポーネントで構築された複雑なマイクロサービスのバグ修正を初めて行う場合、さまざまな準備作業を行う必要があるという点です。具体的には、運用環境をシミュレートするローカルの開発環境を構築するために、IDE をセットアップし、ツール チェーン、コンテナー化されたサービスの依存関係、ローカルの Kubernetes 環境を構築し、バックエンド サービスをシミュレートする必要があります。開発環境をセットアップだけでこれだけの手間がかかります。つまり、バグの修正にはもっと日数がかかるということです。 このような場合に便利なのが、Dev Spaces と…