Azure のアラートがより統一されたものに

執筆者: Ananth Radhakrishnan (Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2019 年 4 月 2 日に投稿された Alerts in Azure are now all the more consistent! の翻訳です。   Azure Monitor のアラートは、メトリック、ログ、アクティビティ ログといった多様なテレメトリに豊富なアラート機能を提供します。マイクロソフトは、この 1 年をかけて UX や API といったアラート関連の利用の共通化を進め、エクスペリエンスの統一を図ってきました。しかし、ペイロードのフォーマットはばらばらのままで、テレメトリに基づくアラートの種類ごとにフォーマットが異なっていました。このため、相互の連携をいくつも構築し、メンテナンスする必要があり、ユーザーの負担となっていました。そこでマイクロソフトは、本日新たに共通アラート スキーマをリリースし、すべての種類のアラートに対応する単一の拡張フォーマットを提供しました。 共通アラート スキーマとは? 共通アラート スキーマにより、Azure Monitor で生成されたすべてのアラートのペイロードが 1 つの統一された構造になります。すべてのアラート インスタンスで、以下のセクションから成る共通のスキーマに従い、問題が生じているリソースとアラートの原因が示されます。 基本情報: 全種類のアラートに共通の標準フィールド。アラートが発行されたリソースと、重大度や内容などの補足的なメタデータが格納されます。 アラート コンテキスト: アラートの原因の詳細情報が格納されるフィールド。アラートの種類によって異なります。たとえば、メトリック アラートでは、アラート コンテキストにメトリック名とメトリック値などのフィールドが含まれ、アクティビティ ログのアラートでは、アラートが生成されたイベントの情報が格納されます。 どんなメリットがあるか? お客様に伺ったところ、IT 運用チームでも…


製造業の未来を担うオープン化の取り組み

執筆者: Sam George (Director, Azure Internet of Things) このポストは、2019 年 4 月 2 日に投稿された The future of manufacturing is open の翻訳です。   あらゆる業界で IoT の普及が進むにつれて、データはイノベーションに不可欠な要素となっています。新しいテクノロジを短期間で導入し、必要なデジタル スキルを習得してより広範なエコシステムに付加価値サービスを提供することは、組織にとってビジネス チャンスであると同時に、ビジネス上の急務でもあります。 製造業は IoT による変革の影響を大きく受けている業界ですが、IoT の効果を十分に発揮するためには、多くの企業による協力が必要になります。製造業のイノベーションを停滞させる要因は複数あり、その 1 つが、旧式の産業用機器の専用データ構造やクローズドソースの産業用ソリューションの存在です。こうしたクローズドソースの構造は、データのサイロ化を助長して生産性を低下させ、生産量と収益性を伸ばすうえで妨げとなります。業界の変革を推し進めるためには、新しいソフトウェアを導入するだけでは不十分であり、オープン標準に対する新たなアプローチやエコシステムという考え方、データのサイロ化を解消する方法や、新たなテクノロジが必要になります。 そこでマイクロソフトは、Azure が OPC Unified Architecture (UA) とシームレスに連携するよう多額の投資を行ってきました。実際、マイクロソフトは、オープンソース ソフトウェアの分野で OPC Foundation に大きく貢献しています。また、このオープン プラットフォームのアプローチをさらに進めるために、世界最大手のメーカー各社と協力してインダストリアル IoT のイノベーションを促進し、価値実現までの時間を短縮しています。しかし、私たちはマイクロソフトとパートナーの間だけでなく、業界全体やパートナーどうしでも同様の取り組みを行う必要があると感じています。目標は、一企業が自社の業務の範疇で何らかのテクノロジを提供することではなく、そのテクノロジを業界内の他の企業と共有し、すべての企業が新しいレベルで成功を収められるようにすることです。もちろん、それは一組織が引き受けるにはあまりにも大規模な任務です。そこで今回は、製造分野のイノベーションを促進するためにマイクロソフトが進めているオープン プラットフォームの取り組みについて詳しくご紹介します。 Open Manufacturing Platform を発表 本日 Hannover Messe…


Visual Studio 2019 for Mac の提供開始

執筆者: Unni Ravindranathan (Principal Group Program Manager, Visual Studio for Mac) このポストは、2019 年 4 月 2 日に投稿された Visual Studio 2019 for Mac is now available の翻訳です。 このたび、マイクロソフトは、Mac における .NET IDE の次のメジャー バージョンである、Visual Studio 2019 for Mac の一般提供を発表します。このリリースは、Visual Studio for Mac の既存ユーザーの場合は、安定チャネルの更新プログラムとして提供され、新規ユーザーの場合も本日、ダウンロードおよびインストールが可能となります。このバージョンの新機能の詳細については、リリース ノートを参照してください。 Visual Studio 2019 for Mac は、IDE のコアを改善し、将来の更新で新機能をより迅速に提供できるようにするための基盤を設定することに重点を置いています。このブログ記事では、皆様からのフィードバックによって形成された、このリリースに含まれるいくつかの新機能を紹介します。ありがとうございます! IDE に対する全般的な改善に加え、Xamarin を使用しているモバイル アプリ、Unity を使用しているゲーム、および .NET Core…


Visual Studio 2019: より迅速なコーディング。よりスマートな作業。未来の創造。

執筆者: John Montgomery (Corporate Vice President , Visual Studio) このポストは、2019 年 4 月 2 日に投稿された Visual Studio 2019: Code faster. Work smarter. Create the future. の翻訳です。   本日、Visual Studio 2019 の一般提供が開始され、ダウンロード可能となりました。Visual Studio 2019 を使用することで、1 つ 1 つのキーストロークに価値がある統合開発環境 (IDE) でイノベーションの恩恵を受けることができ、現在および将来のプロジェクト構築において、ユーザーやチームの生産性が向上します。 これまでにもご紹介しましたように、Visual Studio 2019 はいくつかの領域で Visual Studio 2017 の機能を向上させています。Git Repo をクローンしたり、既存のプロジェクトやフォルダーを開いたりしてコードを簡単に作成できるようになり、コードがより早く身につきます。また、テンプレート選択画面の使いやすさが向上し、新規プロジェクトの開始が容易になります。コードを書いていると、Visual Studio 2019 のコード ナビゲーションが向上し、多数のリファクタリングが追加され、ドキュメント正常性インジケーターやワンクリックでのコード クリーンアップにより、複数のリファクタリング ルールを適用できることに気づくでしょう。また、デバッグ作業も向上し、たとえば、探している値の変更箇所のみで一時停止するのに役立つ、.NET Core…


Azure Premium ブロック Blob Storage の一般提供が開始されました

企業によるクラウドの採用が加速し、パフォーマンス センシティブなクラウドネイティブ アプリケーションがますますデプロイされるようになっていることを踏まえ、Azure Premium Blob Storage の一般提供が開始したことを発表いたします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/azure-premium-block-blob-storage-is-now-generally-available/


より大容量でより強力な Azure Virtual Machines 用マネージド ディスク

本日、より大容量でより強力な Azure マネージド ディスクのサイズが一般提供されたことを発表いたします。サイズは、Premium SSD、Standard SSD、Standard HDD ディスク オファリングでは最大 32 TiB です。また、プレビュー段階の Ultra Disks では最大 64 TiB のディスク サイズをサポートします。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/larger-more-powerful-managed-disks-for-azure-virtual-machines/


Microsoft Game Stack でさらなる成果を上げる

Microsoft は、個人や組織がより多くの成果を上げられるようにするという信念の下に築かれています。それが Microsoft の DNA です。本日は新しいイニシアチブである Microsoft Game Stack を発表します。始めたばかりのインディーズの開発者であろうと最高クラスのスタジオの開発者であろうと、皆さんのようなゲーム開発者を支援する Microsoft ツールとサービスが Microsoft Game Stack にはまとめられています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/achieve-more-with-microsoft-game-stack/


顔認識機能を強化 – Video Indexer

執筆者: Moria Rais (Azure Media Services, Video Indexer) このポストは、2019 年 3 月 29 日に投稿された People Recognition Enhancements – Video Indexer の翻訳です。   自分のアカウントに関連する人物がより正確に認識されるように、Video Indexer をトレーニングできるようになりました。 顔の検出機能と認識機能は、Video Indexer が提供するインサイトの中でとても広く利用されています。顔認識機能では、約 100 万人の著名人を識別できるほか、アカウント レベルでカスタム人物モデルをトレーニングすることで、特定の組織に関連する一般の人物を識別できます。以前よりお客様から、カスタム人物モデルの機能を強化してほしいという声をお寄せいただいていました。それにお応えするために、マイクロソフトは本日、カスタム人物モデルのトレーニングと管理を迅速化および容易化するさまざまな機能強化を発表しました。 これにより、たとえば、カスタム人物モデルの管理ページが一元化され、アカウント内で複数のモデルを作成できるようになりました。各モデルにはそれぞれ最大 100 万人を登録することができます。新しいモデルの作成や既存のモデルへの新しい人物の追加もこの管理ページ内で可能で、モデルの閲覧、名称変更、削除も行えます。さらに、ビデオをアカウントにアップロードする前から、人物の顔画像に基づいてその人物を識別するようトレーニングすることも可能です (現在パブリック プレビュー中)。たとえば、人物の画像が既にアーカイブに保管されていれば、そのアーカイブからモデルを事前にトレーニングできます。


Azure Blob Storage のライフサイクル管理の一般提供を開始

執筆者: Yuan Zheng (Principal Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2019 年 3 月 27 日に投稿された Azure Blob Storage lifecycle management generally available の翻訳です。   データセットにはそれぞれ固有のライフサイクルがあります。データによってはライフサイクルの初期にアクセス頻度が高いものの、年月の経過によってアクセスの必要性が大幅に低下していきます。また、クラウド内で使用されないまま残っていて、ほとんどアクセスされないデータもあります。作成から数日や数か月後に有効期限切れになるデータもあれば、ライフサイクル全体を通じて頻繁に読み取りや変更が行われるデータセットもあります。 本日マイクロソフトは、Blob Storage のライフサイクル管理の一般提供を開始しました。これを使用することで、カスタム ルールを定義して BLOB のアクセス階層移行と保持を自動化できるようになります。この機能は Azure のすべてのパブリック リージョンでご利用いただけます。 ライフサイクル管理 Azure Blob Storage のライフサイクル管理では、種類豊富なルール ベースのポリシーが提供されます。このポリシーを使用すると、データを最適なアクセス階層に移行し、ライフサイクルの終了時点でデータを有効期限切れにすることができます。 ライフサイクル管理ポリシーにより、以下のような処理を実行できます。 アクセス頻度の低いストレージ階層に BLOB を移行して (Hot から Cool、Hot から Archive、Cool から Archive など)、パフォーマンスとコストを最適化する ライフサイクルの終了時点で BLOB を削除する 最大…


Azure Blob Storage の高スループット ブロック BLOB

執筆者: Claus Joergensen (Principal Program Manager, Azure Storage) このポストは、2019 年 3 月 27 日に投稿された High-Throughput with Azure Blob Storage の翻訳です。 このたび、世界中のすべてのリージョンで Azure Blob Storage の高スループット ブロック BLOB (HTBB) をご利用いただけるようになりました。これにより、大規模なブロック BLOB を扱う場合の書き込みスループットが単一 BLOB あたりのストレージ アカウントの上限まで大幅に向上し、ほぼ瞬時に処理が完了するようになります。また、推測に頼らずにオブジェクトの命名ができるようになったため、アプリケーションの拡張性を高めることに力を注げるようになり、クラウド ストレージの予測できない変化についても気にする必要がなくなりました。 Microsoft Ignite での HTBB のデモ: 1 つの BLOB あたり 12.5 GB/秒のスループットを披露 Microsoft Ignite 2018 では、大幅に向上した書き込みパフォーマンスのデモをお見せしました。デモ用アプリでは、32 MiB のブロック BLOB 50,000 個…