Visual Studio 2019 for Mac の提供開始


執筆者: Unni Ravindranathan (Principal Group Program Manager, Visual Studio for Mac)

このポストは、2019 4 2 日に投稿された Visual Studio 2019 for Mac is now available の翻訳です。

このたび、マイクロソフトは、Mac における .NET IDE の次のメジャー バージョンである、Visual Studio 2019 for Mac の一般提供を発表します。このリリースは、Visual Studio for Mac の既存ユーザーの場合は、安定チャネルの更新プログラムとして提供され、新規ユーザーの場合も本日、ダウンロードおよびインストールが可能となります。このバージョンの新機能の詳細については、リリース ノートを参照してください。

Visual Studio 2019 for Mac は、IDE のコアを改善し、将来の更新で新機能をより迅速に提供できるようにするための基盤を設定することに重点を置いています。このブログ記事では、皆様からのフィードバックによって形成された、このリリースに含まれるいくつかの新機能を紹介します。ありがとうございます! IDE に対する全般的な改善に加え、Xamarin を使用しているモバイル アプリ、Unity を使用しているゲーム、および .NET Core を使用している Web アプリケーションやサービスを構築している開発者のための改善もいくつか導入されています。それでは始めましょう。

新しい C# エディター

Visual Studio for Mac のコード エディターは、Visual Studio on Windows と共有されるコア上に構築された新しいエディターと、ネイティブの macOS UI で、完全に置き換えられました。スムーズな編集およびナビゲーションによりエクスペリエンスが向上しているだけでなく、新しいエディターには、Visual Studio エディターに期待される強力な IntelliSense コード補完およびクイック修正提案もすべて含まれます。さらに、双方向テキスト、マルチキャレット、ワードラップなどのサポートも追加されています。詳細については、こちらを参照してください。

現在エディターに対して最後の微調整を行っている段階であり、オプトインの際にはプレビュー エディターのみ使用可能となります。新しいエディターを有効にするには、Visual Studio [Preferences] メニュー、[テキスト エディター] [全般] セクションの順に移動し、[C# ファイルを新しいエディターで開く] チェックボックスをオンにします。現在 C# および XAML でこれを使用できるよう取り組んでおり、その後すぐに他の言語も提供する予定ですので、ご期待ください。

Visual Studio for Mac 2019 - editor

スタート ウィンドウ

Visual Studio 2019 for Mac では、プロジェクトを操作し、ユーザーが IDE 内で移動すべき場所を表示する新しい方法を導入しています。スタート ウィンドウでは、新規プロジェクトをすばやく作成するか、以前 IDE で開いた可能性のあるプロジェクトを便利に検索し、これに移動することができます。

start screen Visual Studio for Mac

複数のインスタンスの実行

Visual Studio 2019 for Mac では、macOS ドックから IDE の複数のインスタンスを容易に起動でき、インスタンスごとに 1 つずつ、複数のソリューションを同時に操作できるようになります。

Multiple VS4Mac instances

Xamarin ツール

開発者は、1 日に何度も、「ビルド、デプロイ、デバッグ」のサイクルを実行します。この内部開発ループの短縮に取り組む中で、Android 向けのビルドおよびデプロイに要する時間を大幅に短縮できたため、ユーザーはすばらしいモバイル アプリの作成に集中することができます。ビルド中のコーヒー休憩はもう不要です!

フィードバックにより、マイクロソフトは、増分ビルドおよびデプロイの最適化が、大きな影響を与える改善を達成する優れた方法であることに気付きました。SmartHotel360 アプリでのテストでは、増分ビルドの時間は約 30% 削減され、デプロイ時間は半分以下になっています。

ステップ Visual Studio 2017 Visual Studio 2019
初回ビルド 01:04.20 00:50.13 -21.95%
増分ビルド (XAML の変更) 00:10.62 00:07.47 -29.66%
デプロイ (XAML の変更) 00:09.03 00:04.44 -50.83%

 

ビルド パフォーマンスのプロファイリングのレポート全文と手法については、Xamarin.Android の Wiki を参照してください。

Unity 向けツール

Unity デバッガーを Windows 上の Visual Studio から Mac に移植しました。これにより、マイクロソフトは両方の製品に同時に修正を適用できるだけでなく、この新しいデバッガーは、Unity の旧バージョンとのより優れた互換性と、安全でない C# コードのデバッグ時のエクスペリエンスの向上も提供します。

ASP.NET Core および .NET Core のツール

マイクロソフトは、.NET Core および Web ツールに対して、Razor (.cshtml) ファイル内での JavaScript カラリゼーションのサポートの向上、Azure 機能の自動更新、デバッグ用の複数のスタートアップ プロジェクトの簡単な設定機能、更新された Docker ツールなど、さまざまな改善を行いました。

パフォーマンス、信頼性、およびアクセシビリティの改善

マイクロソフトはこのリリースで、全般的に非常に多くのパフォーマンスおよび信頼性の改善を行いました。特に、C# コード エディター、Git サポート、Xamarin、および .NET Core のデバッグは、このリリースで非常に高速かつ信頼性の高いものになっています。また、このリリースには、200 を超えるアクセシビリティ関連の修正が含まれており、Mac での完全なアクセシビリティという目標に近づいています。

Visual Studio 2019 for Mac の今後の進展

以前にマイクロソフトのロードマップで説明したように、短期的に優先度が高いのは、C# の新しいエディターの実現であり、次にその他のファイル拡張子が続きます。その他、Xamarin Forms XAML 言語サービスを Windows Visual Studio から Mac に持ち込み、複数バージョン対応のサポート、ソリューション レベルのパッケージ管理、および ASP.NET Core のファイルの入れ子のサポートを追加しています。Visual Studio 2019 for Mac の今後の更新にご期待ください。

マイクロソフトは、皆様のフィードバックを 100% 活かすよう取り組んでおり、皆様からのご意見をお待ちしています。フィードバックおよび提案をお聞かせください。Visual Studio for Mac の形成にご協力いただきありがとうございます。皆様がこの新しいリリースをダウンロードし、使用していただけるのを楽しみにしています。

 

Comments (0)

Skip to main content