Visual Studio 2019: より迅速なコーディング。よりスマートな作業。未来の創造。


執筆者: John Montgomery (Corporate Vice President , Visual Studio)

このポストは、2019 4 2 日に投稿された Visual Studio 2019: Code faster. Work smarter. Create the future. の翻訳です。

 

本日、Visual Studio 2019 の一般提供が開始され、ダウンロード可能となりましたVisual Studio 2019 を使用することで、1 1 つのキーストロークに価値がある統合開発環境 (IDE) でイノベーションの恩恵を受けることができ、現在および将来のプロジェクト構築において、ユーザーやチームの生産性が向上します。

これまでにもご紹介しましたように、Visual Studio 2019 はいくつかの領域で Visual Studio 2017 の機能を向上させています。Git Repo をクローンしたり、既存のプロジェクトやフォルダーを開いたりしてコードを簡単に作成できるようになり、コードがより早く身につきます。また、テンプレート選択画面の使いやすさが向上し、新規プロジェクトの開始が容易になります。コードを書いていると、Visual Studio 2019 のコード ナビゲーションが向上し、多数のリファクタリングが追加され、ドキュメント正常性インジケーターやワンクリックでのコード クリーンアップにより、複数のリファクタリング ルールを適用できることに気づくでしょう。また、デバッグ作業も向上し、たとえば、探している値の変更箇所のみで一時停止するのに役立つ、.NET Core アプリのデータ ブレークポイントなどの機能が含まれています。さらに、Visual Studio IntelliCode には、AI 支援によるコード補完機能もあります。

これらの機能は、クロスプラットフォームの C++ アプリケーションから、Xamarin で記述された Android および iOS 用の .NET モバイル アプリや、Azure サービスを使用するクラウドネイティブ アプリケーションまで、既存のプロジェクトと新規プロジェクトの両方で使用できます。Visual Studio 2019 が目標としているのは、異なるアプリケーション、ポータル、Web サイトを切り替える必要性を最小限に抑えながら、テスト、デバッグ、さらには展開を通じて、こうしたプロジェクトを開発からサポートすることです。

ローンチイベントをチェックしてください

Visual Studio 2019 のローンチ イベントlaunch.visualstudio.com にて、オンデマンドでご覧ください。こうした機能やその他多くの機能について、さらに詳しく説明します。ローンチ イベントでは、Visual Studio 2019 の説明とデモを行いました。また、いずれも本日リリースとなりました、Visual Studio 2019 for Mac Visual Studio Live Share についても紹介しています。ローカル ローンチ イベントが、世界中のほぼ 70 か所で開かれ、これから 6 月末までに 200 か所以上で開催します。マイクロソフトの過去最高のリリースに向けての皆様の熱意に感謝を申し上げます。

Visual Studio 2019 の利用開始を支援するため、マイクロソフトでは Pluralsight LinkedIn Learning と提携して、新しいトレーニング コンテンツをご用意しました。Pluralsight では Visual Studio 2019 の新コースを無料で開催します (2019 4 22 日まで利用可能)。パスとスキルの評価も利用可能なので、すぐに取り組むことができます。LinkedIn Learning では、Visual Studio 2019 のハイライトを扱う新コースをご用意しています (5 2 日まで無料)。もちろん、いつでも VisualStudio.comマイクロソフトのドキュメントにアクセスして、新機能の情報を得たり、リリース ノートで詳細情報を確認したりすることができます。

継続的なフィードバックをありがとうございます

この新製品の提供開始は、皆様なしには成し遂げられませんでした。12 月に Visual Studio 2019 Preview 1 をリリースして以来、気に入ったところ、改善を望むところのどちらについても、信じられないほど多くのフィードバックをいただきました。これまでどおり引き続き、Visual Studio 問題の報告ツールを使用するか、Visual Studio Developer Community (英語版開発者コミュニティ) にアクセスして、問題の追跡や機能の提案を行うことができます。マイクロソフトでは、皆様のフィードバックに対応する過程で多くの調整や改善を行っており、マイナー リリースを進めるにあたっても、これを続けていく所存です。

Visual Studio 2019 を皆様のための最高の開発者環境として形づくるために、お時間を取ってフィードバックを提供していただきましたことを、改めて深く感謝申し上げます。Visual Studio 2019 での皆様の創造の成果を目にするのが待ちきれません。


日本のお客様へのご案内

2019 年 5 月 29 日 (水)、30 日 (木)に開催する de:code 2019で日本のお客様へ Visual Studio 2019をご紹介します。
de:code (デコード) は、開発者をはじめとする、IT に携わるすべてのエンジニアの皆様を対象にした、今年で 6 回目となる年に一度のテクニカル カンファレンスです。Visual Studio 2019のKeynote Sessionと数多くのセッションがありますので、ぜひご参加をお願い致します。
de:codeの申し込みはこちらでお願い致します。

 

Comments (0)

Skip to main content