Azure Data Box ファミリから Managed Disks へのインポートが可能に


執筆者: Sunil Sanjeev (Senior Program Manager, Azure Storage)

このポストは、2019 3 11 日に投稿された Azure Data Box family now enables import to Managed Disks の翻訳です。

 

オフライン ソリューションの Azure Data Box ファミリを使用すると、数百テラバイトのデータを迅速、低コスト、確実な方法で Microsoft Azure に転送できます。このたび、Azure Data Box ファミリの各デバイス (Data BoxData Box DiskData Box Heavy) Managed Disks に対応しました。

これにより、オンプレミスの仮想ハード ディスク (VHD) Azure Managed Disks 1 ステップで簡単に移せるようになりました。移行にかかる時間も大幅に短縮されます。

Data Box ソリューションでの Managed Disks の動作

Data Box ファミリでサポートされる Managed Disks は、Premium SSDStandard SSDStandard HDD 3 タイプです。Azure Portal Data Box データ転送ソリューションを注文する際に、ストレージの移行先として Managed Disks を選択し、取り込み先のリソース グループを指定します。VHD はページ BLOB としてステージングされてから Managed Disks に変換されるため、ステージング ストレージ アカウントを選択する必要があります。

お客様にお届けする Data Box デバイスには、選択したリソース グループに対応する共有やフォルダーが構成されます。この共有やフォルダーは、さらに Managed Disks のストレージの種類 (Premium SSDStandard SSDStandard HDD) に分けられています。移行先の各種の Managed Disks へのデータのコピーは、robocopy やドラッグ アンド ドロップで VHD を対応するフォルダーにコピーするのと同じで簡単です。

Managed Disks への移行の詳細については、以下の資料を参照してください。

今すぐ Data Box を注文して、VHD Managed Disks としてインポートしていただくことができます。マイクロソフトでは皆様の貴重なご意見やコメントをお待ちしております。お気軽に Azure Feedback (英語) までお寄せください。

 

Skip to main content