Azure Premium Blob Storage パブリック プレビュー提供開始


執筆者: Claus Joergensen (Principal Program Manager, Azure Storage)

このポストは、2019 3 5 日に投稿された Azure Premium Blob Storage public preview の翻訳です。

 

本日マイクロソフトは、Azure Premium Blob Storage のパブリック プレビューの提供を開始しました。Premium Blob Storage は、これまでのホット/クール/アーカイブに加えて登場した、新しいパフォーマンス層です。IoT、テレメトリ、AI や、インタラクティブな動画の編集、Web コンテンツ、オンライン トランザクションなどのシナリオを含む高トランザクション、高速アクセスが求められるワークロードにぴったりです。

テストでは、平均値、 99 パーセンタイル値の両方でサーバー レイテンシがホット アクセス層より大幅に低下し、さまざまなオブジェクト サイズの読み書き両方がより速く、より一貫性が高くなっています。エンドツーエンドで低レイテンシ化するには、アプリケーションをストレージ アカウントと同じリージョンのインスタンスでデプロイする必要があります。詳しくは、ブログ記事「Premium Blob Storage – 新たなパフォーマンス レベル (英語)」を参照してください。

Graph of Latency comparison of Premium and Standard Blob Storage

1 - Premium Blob Storage Standard Blob Storage のレイテンシ比較

Premium Blob Storageでは、ローカル冗長ストレージ(LRS)が使え、256 KB以上の取り込みも非常に高速な高スループットブロックBLOB(HTBB)になっています。

ぜひ Premium Blob Storage を使ってみてください

Premium Blob Storage を利用するには、サブスクリプションに新しいブロック BLOB ストレージ アカウントをプロビジョニングして(詳細は下記参照)、既存の BLOB サービス REST API (英語) AzCopyAzure Storage Explorer などでコンテナーと BLOB を作成します。

料金と提供リージョン

Premium Blob Storage は、ホット層と比べてデータ ストレージ料金は高く、トランザクション料金は安くなっています。大量のトランザクション処理があるワークロードでは、コストを低減できます。詳しくは料金ページをご覧ください。

Premium Blob Storage のパブリック プレビューは、米国東部、米国東部 2、米国中部、米国西部、米国西部 2、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、東日本、東南アジアの各リージョンでご利用いただけます。

オブジェクトの階層化

現時点では、Premium に保存したデータは、ホット、クール、アーカイブ層に階層化して保存することはできません。将来的には、オブジェクトの階層化をサポートする予定です。データを移動するには、新たに追加された PutBlockFromURL API (英語) (サンプル コード) や、この API をサポートした AzCopy v10 で BLOB を同期コピーします。PutBlockFromURL はサーバー側のデータを同期コピーするので、呼び出しが完了するとコピーが終了し、Azure Storage 内でデータ移動が完結します。

なお、Storage Analytics Logging静的 Web サイト、および Lifecycle Management(プレビュー)には、Premium Blob Storage は使用できません。

ストレージ アカウントの作成(Azure Portal の場合)

Azure Portal でブロック BLOB ストレージ アカウントを作成するには、[Create storage account] ブレードに移動して、以下のように入力します。

  • [Location] でサポート対象のリージョンを 1 つ選択
  • [Performance] で [Premium] を選択
  • [Account kind] で [BlockBlobStorage (preview)] を選択

入力例:

Screenshot of creating a storage account

これで SAS トークンの生成やメトリックの確認などを含む Premium Blob Storage アカウントの管理ができます。

ストレージ アカウントの作成(PowerShell の場合)

PowerShell でブロック BLOB のアカウントを作成するには、まず PowerShell AzureRm.Storage プレビュー モジュールをインストールする必要があります。

ステップ 1: 最新版の PowerShellGet がインストールされていることを確認

Install-Module PowerShellGet –Repository PSGallery –Force

ステップ 2: PowerShell コンソールを新規に開き、AzureRm.Storage モジュールをインストール

Install-Module Az.Storage –Repository PSGallery -RequiredVersion 1.1.1-preview –AllowPrerelease –AllowClobber –Force

ステップ 3: PowerShell コンソールを新規に開き、Azure アカウントでログイン

Connect-AzAccount

PowerShell プレビュー モジュールの準備ができたら、ブロック BLOB ストレージ アカウントを作成します。

New-AzStorageAccount -ResourceGroupName <resource group> -Name <accountname> -Location <region> -Kind "BlockBlobStorage" -SkuName "Premium_LRS"

ストレージ アカウントの作成(Azure CLI)

Azure CLI でブロック BLOB のアカウントを作成するには、まず Azure CLI v.2.0.46 以降をインストールします。その後、以下の手順を実行します。

ステップ 1: サブスクリプションにログイン

az login

ステップ 2: storage-preview 拡張機能を追加

az extension add -n storage-preview

ステップ 3: ストレージ アカウントを作成

az storage account create --location <location> --name <accountname> --resource-group <resource-group> --kind "BlockBlobStorage" --sku "Premium_LRS"

フィードバックのお願い

皆様からのフィードバックをお気軽に premiumblobfeedback@microsoft.com までお寄せください。

まとめ

 Azure Blob Storage は、Premium Blob Storage によってさらに低レイテンシで一貫性の高いものにななりました。Blob Storage の詳細については、製品ページをご覧ください。最新情報は、私の Twitter をフォローしてください

 

Skip to main content