MS クラウド ニュースまとめ – GitHub Enterprise の販売を開始 他 (2019 年 1 月 9 日)


執筆者: Cloud Platform Team

このポストは、2019 1 9 日に投稿されCloud Platform Release Announcements for January 9, 2018 の翻訳です。
 

GitHub Enterprise の販売を開始

2019 年 1 8 日より、マイクロソフトのお客様は Enterprise Agreements (EAEAS) から GitHub Enterprise (英語) を購入できるようになりました。GitHub を開発環境で利用できる GitHub Enterprise では、柔軟なデプロイメント オプションや数百種類もの統合機能が提供されます。アクセス許可も一元管理され、機能に関して妥協することなく GitHub のメリットを活用できます。

詳細については GitHub Enterprise のページ (英語) をご覧ください。

Azure Database Migration Service | PostgreSQL Azure Database for PostgreSQL へのオンライン移行のサポートを開始

Azure Database Migration Service では、オンプレミス、仮想マシン、または Amazon RDS for PostgreSQL でホストされている PostgreSQL データベースを Azure Database for PostgreSQL に移行できるほか、移行中は移行元データベースをオンラインに保持することができます。

Azure Database Migration Service を使用して最小限のダウンタイムでオンライン移行を実行する方法については、こちらのチュートリアルをご覧ください。

Azure Database Migration Service | MySQL Azure Database for MySQL へのオンライン移行のサポートを開始

Azure Database Migration Service では、オンプレミス、仮想マシン、または Amazon RDS for MySQL でホストされている MySQL データベースを Azure Database for MySQL に移行できるほか、移行中は移行元データベースをオンラインに保持することができます。

Azure Database Migration Service を使用して最小限のダウンタイムでオンライン移行を実行する方法については、こちらのチュートリアルをご覧ください。

Azure Data Box Disk の一般提供と Azure Data Box Blob Storage のプレビューを開始

SSD ベースの Azure へのオフライン データ転送ソリューションである Azure Data Box Disk の一般提供を開始しました。米国、ヨーロッパ、カナダ、オーストラリアでご利用いただけます。その他のリージョンにも今後提供範囲を拡大する予定です。

また、こちらのブログ記事 (英語) で紹介しているとおり、Azure Data Box Blob Storage をプレビューとしてリリースしました。有効化すると、Blob サービス REST API を使用してデータを Data Box Blob Storage にコピーできます。

詳細については、記事の全文 (英語)Azure Data Box のページをご覧ください。

ぜひ今すぐ Data Box Disk をご利用ください。

Azure Database Migration Service | SQL Server Azure SQL Database へのオンライン移行のサポートを開始

Azure Database Migration Service を使用すると、SQL Server データベースを Azure SQL Database に最小限のダウンタイムで移行できます。

Azure Database Migration Service を使用してオンプレミスまたは仮想マシンの SQL Server Azure SQL Database に最小限のダウンタイムで移行する方法については、こちらのチュートリアルをご覧ください。

Azure SQL Database | 仮想コア ベースの Azure SQL Databases Elastic Pool にさらに上位のコンピューティング性能を追加

仮想コア ベース Elastic Pool Single Database で利用できるコンピューティング リソースの範囲が、General PurposeBusiness CriticalHyperscale の各サービス レベルで拡大されました。これにより柔軟性が向上し、DTU ベースのデプロイメントから切り替えて、クラウドに適切なサイズのワークロードを選択できるようになります。

新しいオプションの詳細や、予約容量のお得な料金と Azure ハイブリッド特典を併用して毎月の支払額を抑える方法については、価格ページをご覧ください。

 

Comments (0)

Skip to main content