SQL Server 2019 Community Technology Preview 2.2 を発表


執筆者: SQL SERVER TEAM

このポストは、2018 12 10 日に投稿された Announcing SQL Server 2019 community technology preview 2.2 の翻訳です。

 
9 月に発表した SQL Server 2019 プレビュー (英語) では、Apache SparkTM Hadoop Distributed File System (HDFS) SQL Server に単一の統合ソリューションとしてパッケージ化され、SQL Server として初めて統合データ プラットフォームを作成できるようになりました。SQL Server 2019 では、SQL Server ユーザーのビッグ データ分析を簡略化し、データ仮想化によるデータ サイロの障壁を撤廃できるほか、業界最高レベルのパフォーマンスや基幹業務アプリケーションに必要な高度なセキュリティが提供されます。本日マイクロソフトは、SQL Server 2019 Community Technology Preview 2.2 をリリースしました。これは、月次のプレビュー リリース サイクルの 3 回目になります。

今回のプレビューでは、SQL Server 2019 に以下の新機能が追加されました。

  • ビッグ データ クラスター Azure Data Studio から SparkR を使用できるようになりました。
  • SQL Server のレプリケーション UTF-8 文字エンコードを使用できるようになりました。エンコードを UTF-8 に変更すると、ストレージを大幅に節約できる場合があります。

 

使用を開始するには

SQL Server 2019 の使用を開始するにあたっては、以下を参考にされてください。

 

Skip to main content